二週間の大きさ
旅から戻り、また普通の生活が始まりました。
今、横で安心して眠る猫の寝息を聞きながら書いています。

長旅でしたが、旅先での一つ一つのエピソードすべてを通して
感じたことがいくつかあります。
おそらく、ほんの3ヶ月以上前の私だったら、
新しい土地を訪れるたびに、どんなお酒を飲もうとか、いつお酒を飲もうとか、
そんなことで頭が一杯で、その他はおまけだったかもしれません(苦笑)。
だいたい、この旅行の計画自体、まだがんがん毎日飲んでたときだったので、
お酒好きの夫婦の計画よろしく、すべての来訪地が有名なお酒の産地という
ことだったわけです…。
最初はほんとうに「これは大変な苦しい旅になるのでは?」と
不飲をはじめてから懸念する毎日でしたが、
いやー、仲間の力って大きいですね!ほんと、感謝の言葉もありません。

さて、

まず一番に、嫌な思いやトラブルがなかった所ほど、
土地の人々が幸せに暮らしているような、そんな気がしました。
幸せといっても、お金があるとか、娯楽が多いとか、そういうことではありません。
地産の作物、水、そして自然とともに、国自体がしっかりとしている。
そして、それゆえに、人々もそれぞれ、
地に足をつけて生きているような所だということです。
幸せとは、等身大の自分で、家族とともに、生きていることに幸せを感じて生活できる
ということなのかもしれません。

逆に、旅先でのトラブルや、嫌な思いが多かった国では、
人々がぎすぎすしており、たくさんの人が歩きタバコで、食事先ではワインをあおり、
街も汚くてびっくりでした。
人は、自分が不幸だと感じるとき、そこから目をそむける術を、おそらく
本能的に求めるのかもしれません。

これからも、今回の長旅で気付いたこと、感じたことを
折につけふりかえりたいと思いますが最後にもう一つ!
この2週間、あまりネットに接続できず、
ホテルの一室で私だけネットするわけにもいかなかったのですが、
帰ってきて、びっくり!
なにがって?
そうです、この2週間に、私が不飲酒を通じてほとんど運命的につながることできた皆さんに起こったいろいろな出来事や変化の大きさにです。
新しくブログを立ち上げた方や、そのことを考え始めた方もいらっしゃれば、
ご家族が入院されたり、マラソン大会に出場されたり、長期出張に出られたり、
お子さんとたくさん話ができたり、不飲のための自助グループの活動に意欲的に参加されたり。
ブログやコメントの中で文字になってなくても、
心境がまた変わってブログやコメントをやめていたりされてても、
おそらく、それぞれ、新しい気付きを体験されたり、ご自分を深く振り返ったり、
楽しくて味のある生活をされてると思います。

アルコールという毒でで惑わされていた自分の古い殻を脱ぎ捨てたときから、
不飲仲間たちの毎日がどんなに充実して、輝きはじめていることか!

それが私が一番感動したことかもしれません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-05-25 08:07
<< 雨続きでも気持ちが滅入ることなく 世界遺産のブドウ畑にて >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧