自由になろうって言った。
私たちは、自由という名の社会のもとに生きてます。

どんなふうに生活しようと、どんな服をきようと、
どんなものを好きになろうと、自由。
人に迷惑さえかけなければ。

だけど、私たちは本当に自由なのだろうか?とふと思う。
自分がいいたいのは、お酒のことです。

ずっと、お酒(エチルアルコール)にしばられ、自由がきかなかった自分。
しばられていることにすら気付かず、酒は愉しみだ、と、盃を傾ける人々。
「お酒を飲むのも、自分の人生、自由じゃん」と開き直り、アルコールを流し込む。
それが自由?
アルコールは成人したら飲むのは本人の自由。だから大人の権利。
そういいながら、夜の街で、繁華街で、家で、パーティで、ひとりで、みんなで、
盃を重ねる毎日。
いずれ、毎晩、毎時間、どうやって飲もうか、どうやって買おうか、そんな毎日。

毎日飲んで、愉しいですか?仲間とお酒飲んで、愉しいですか?
もちろんさ!だって、お酒は愉快なものだもの。社会の潤滑油さ。
え、あの人、飲まないの?どうかしてるんじゃないの?付き合いわるーい。
あの人、下戸なんだって。かわいそうに、お酒の楽しみを味わえないんだね。

・・・なんて、よく聞くけど。

同じこと、他のものに例えてみたら?
例えるもの探してみたけれど・・・自分にはみつからない。
世間に、人々の意識に、こんなに根深くはびこっているもの。

思い切って、ちょっと違うとは思うけれど、車に例えてみる。
ドライブは愉しいし、運転できると便利。車を趣味とする人もたくさんいる。
18歳になったら、免許がとれる。車を運転するのは大人の自己責任。
けれど、「私運転嫌いなの」「免許持ってないよ」って人がいても、誰も気にしない。
本人の自由だから。

それに、車には自動車保険、っていうのがちゃんとあるのに、お酒にはないし。
アルコール保険なんて、聞いたことない。
アルコールで身体こわしたら、お金が下りる、とか、酒害で人に迷惑かけたら、
お金がおりるとか。調べたけれど、見つからない。
逆に、保険にはいる時、飲酒者だと、保険料が高くなるくらいなのに。

一体、お酒って社会のなんなのだろう???

誰がなんと言おうと、わたしは自由になることを選択した。
誰かのためになるならともかく、
得体の知れない何かに自分の人生を縛られるなんて、まっぴらごめんだ。

自由になろう。って自分に言ったんだ。
だから、飲まない。飲みたくない。

お読みくださってありがとうございました。
寒い中、体調などくずされませんよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-12-12 21:00
<< 寒さに飛び出せ 今週からまたすがすがしく >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧