愛しのおじいちゃんズとクレイジーウォーター
私は祖父にあったことがありません。
父方の祖父も、母方の祖父も。
だから、「おじいちゃん」っていうのは、永遠のあこがれです^-^

どちらも40代でなくなったというのだから、早死にです。
きのう、朝の連続テレビ小説をみていて、主人公のお父さんが59歳でなくなって、
はやいなあ、って思ってたんですけれどね。
そのテレビの中で、ずっとやけどのあと病弱だったお父さんが、久々に
仲間と温泉にいくというので、かくしてあったお酒をもたせてやる主人公。
見ていて「あーあー、そんなもの渡したら、体に悪い!」って突っ込みいれてた私。
でも、普通でいえば、好きな仲間と、好きな温泉にいって、
好きなお酒をのんで亡くなったのだから、本望でしょう、よかったね、
っていう話なのでしょうけれどね。
好きなお酒、っていうイメージ、これもまた世間の認識のなんとやらでしょうか。

というわけで、そのドラマのお父さん同様、私の”おじいちゃん”たちは、
二人ともお酒が大好きだったそうです。
それで、どちらも、仕事が終わると、毎日飲んで、飲んだくれていたとか。
私の母方祖母の口癖は、「酒はきちがい水だ」だったそう。
そりゃそうですよね、仕事先からまっすぐ毎日飲み屋にいって、
仲間とべろんべろんになるまで酔っ払っていたのですから。
いっつも一升瓶かかえてたらしいです。
そういうおじさんたちが多かったらしい、当時のこと、
別に珍しくはなかったと言っていました。

結局、父方祖父は、お酒から食道がん、あるいは食道静脈瘤の破裂
(当時、どちらかはっきりしなかったらしいです)で亡くなり、
母方祖父にいたっては、例によって飲み屋で大酒飲んでる最中に、
脳の血管がぼん!と切れてそのまま居酒屋でなくなったそうです。
なんか、すごいですね。

母も、祖母も、お酒を受け付けない体質。
ワイン一口で、手の甲まで真っ赤になり、そのまま眠ってしまいます。
だから、彼女たちにしてみれば、どうしてお酒なんてきちがい水があるのか、
わからないでしょうね。
うらやましい体質だなーと、私も飲まなくなってから思います。

たぶん、私の血のなかにたくさん流れているのは、両方のおじいちゃんの血なのかも。
けれど今、世の中にこれだけ多くの価値観があり、そのおかげで、
「私は不飲主義です!」って胸を張って言えることを
とてもありがたいと思っています。

私のあこがれのおじいちゃんたち、あの世で会えた時には、
おいしい自然炭酸水のことや、お酒よりも楽しくって癒されるいろいろなあれこれを
孫のわたしがおしえてあげるからね!
私、今年の2月からお酒やめて、すごく健康になりそうだから、
かなり先に伸びたと思うけれど、
楽しみにまっててね!!

お読みいただいてありがとうございました。
楽しい冬の一日をおすごしください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

クリスマスのイルミネーションの飾り付けが、どこのお宅でも今年はいっそう華やかです。
写真か動画にしたいんだけれど、なかなか夜景がうまく取れない私です。
[PR]
by finnerake | 2011-12-19 04:20
<< いい顔してますか? 大音響 >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧