可憐な野の花だから
飲まないことをはじめたら、いろいろ変わってきたことがあるけれど、
その中でも、私のそばにいてくれる人たちのタイプが、
飲んでいた頃とは微妙に、少しずつ、違ってきたように思います。
不飲主義にたどり着く前は、私のまわりには、なんというか、
見栄っ張りで、アグレッシブで、野望を持ち、自己中で突っ走るタイプの人が
多かったと思います。上昇志向が強くって、でもそれは自尊心を満足させたり、
傍目からみてかっこよく見えたかったりする虚栄心ゆえの上昇志向で。
そして、それはそのまま、私の姿を映す鏡でもあったのです。

それが、自分で不飲主義を選択しよう!という姿勢を決め、
同時に「楽しい断酒」の仲間たちと出会い、不飲生活がどんどん楽しくなって。
今、周りを見渡すと、わたしのそばには、
・心から信用・信頼して話せる友達(ネット上でもリアルでも)
・見栄をはらない人たち。あるいは、見栄を捨てたひとたち。
・素直で、優しい、人の痛みのわかる人たち。
・人生をあきらめない人たち

そんな人たちが、少しずつ増えて、私の心を、折れそうな時もそっと支えてくれている。
だから、私も同じように、お返しをしたいし、ずっと、共通の接点を大切に、
細く長いおつきあいを大切にしていきたいと思っています。
そういう、私のそばに居てくださる人たちの持つ、真の優しさっていうのは、
自分が広いふところを持ち、強いうでで抱きとめることが出来て、
そして両足でバランスをとってしっかりと大地に足を踏みしめてこそのことだと思う。
そうなるためには、それ相当の、長くつらい苦しみを乗り越えてきたはず。
そう、おとといちょうど不飲酒1周年を迎えた可憐な野の花のようなあの方も、
ご自分のブログにすら書かないけれど、相当長くつらく厳しい冬をたえてきたはずなのです。
野に咲く、可憐な美しい花。だけど、花壇の花と違って、固く渇いたつめたい大地に、
一生懸命根をはって、生き延びてきたはず。だからこそ、本当に美しいのです。
見飽きないのです。そして私たちの心を癒してくれる。

一つ自慢できることがあるとしたら何、と聞かれたら、迷わず、
それは、ここで出会えた、素晴らしい仲間の方たちだ、と自慢します。
そして、その輪は、不飲、不飲酒、断酒、っていう一つの共通テーマを核にして、
どんどん広がっているのだということです。

ののなさん、不飲酒一周年、(ちょっと遅れたけど)おめでとうございます!
ほんとにみんな、魔法のよう。それも、楽しいから、ありのままでいれるから、ですね!

お読みいただいてありがとうございました。
寒かったり、強風だったり。
でも、だからこそ、春が待ち遠しいのですね。
どうか素敵な明日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-04-04 20:25
<< ひとりレストラン きっと自分は変われる >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧