「やめなければ」と「やめたい」の間には
まだまだ身辺がばたばたしておりますが。
「ああ、これもしなくちゃ」「あれもやらなければならないし」
と考えることの多い中で、ふと反省。
「~ねばならない」英語で言えば、すなわちmustとかhave to、
あるいは「~すべき」should ばかりで行動していると、
次第に息が詰まってきます。
アルコールについてもそうでした。「やめなければならない」と思っても、
依存性があるし、ストレスも永遠に続く中、容易にやめられない。
そして自分を責めたり、他から責められたり。
息が詰まり、苦しい毎日でした。

もともと人間って、古来から、生き物本来の生きようとする力で生きてきたもの。
言い換えれば、自然にそなわった生きるための欲で
命をつないできたのだと思います。
おなかがすいたら「食べたい」、疲れたら「休みたい」「眠りたい」、
うれしかったら喜びたいし、悲しかったら泣きたいものなのです。
「食べたい」と思うから、狩をしたり、畑をたがやしたりして働き、
「ゆっくり休みたい」「眠りたい」と思うから、
外敵・雨風・寒さ・暑さなどをしのぐことのできる住まいを探すのですね。
だから生きてこれたのだと。

底なし沼にはまっていた、お酒と言う名のアルコール。
「やめなければ」と無理にやめても、必ず揺り返しが来ました。
私の場合は3日と続きませんでした。
でもそれがいつしか、「やめたい」と変わったとき、
一筋の光が差し込んだのだと思います。
私にとっての底つきがなんだったのか、次第にぼんやりと
輪郭が見えてきていますが、まだはっきりとはしていません。
けれど、いつか「もうこれ以上はいやだ。やめたい」と心から思った。
やめなくては、から、やめたい、に変わったのです。
そして、しばらくの月日を経てどこからか「そうだ、やめよう!」
という声のようなものが心底から響いたのです。

お酒をやめなければならない、ではなくって、やめたい。
アルコールをやめたい。
そう思い始めたら、それは、自分の中に眠る、
本来の「生きる力」が目を覚ましたサイン。
やめた後の自分の姿に思いをはせて、
「飲んではいけない」ではなくって「飲まない」「飲みたくない」

そう変わっていくきっかけがすぐそばまで訪れつつあるのだと思います。

私の場合、「やめたいんだけど」と言いわけしつつ、実は心の奥底で、
やめたくない、あるいはやめなくちゃいけないんだけどやめられない、
と思っていた日々のなんと長かったことか。
心から「やめたい」と思える日が、遅かったけどやっと来てくれて、
本当によかったと思います。
まだ生きる力が残っていたんだなあ、と思います。
これは人間である以上、誰にも備わった力なのだと思います。

上記のようなことを、つらつら思いながら、引越し作業中です。058.gif
ちなみに、アメリカ北東部への引越しとなります。
引っ越す街すら決まっていなかった2~3ヶ月前を思うと、月日の経つのは早いです。

お読みいただいてどうもありがとうございました。
日本の天気予報によれば、すこしずつ暑い日も出てくるとのこと。
健やかな日々をおくられますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-16 01:41
<< 朝までぐっすり 下見に行ってきます >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧