行動変容モデル
先日、ひょんなことで、禁煙指導の推進をしている方の講演を聴く機会があり、詳しく話された内容に、行動変容モデルなるものが。
喫煙者がついに禁煙にいたるまでの行動の流れのことらしく。
無関心期 : 禁煙なんて関心なく喫煙している
関心期 : 禁煙について、気になってくる
熟考期 : 禁煙しようかなと考える
準備期 :すぐにでも禁煙したい 
実行期 :禁煙をついに実行
よく病院での問診票などにうまーくかくされて質問されたりして、禁煙への関心度をはかられたりしているのですね。

そこで。もちろん頭に浮かんだのが、タバコをアルコールに入れ替えてみること。
それでね。今更ながら思いましたのが、タバコとお酒じゃ、世間の意識が違いすぎる現状です。
というのも、
無関心期から関心期に移行するきっかけについて、タバコでは「世間の風潮あるいは職場などからの要請」という外からの自然な圧力だったりする。最近のご時世は、禁煙車、全館禁煙当たり前だし。
けれども、お酒の場合は、せいぜい家族から文句を言われるか、あるいはよっぽど体の具合が悪くなったりということにならないと、なかなか訪れないきっかけなのでは、ということでした。
あと、このモデルで不満?なのは、実行期からまた、ループを描くようにぐるぐるしてしまう場合や、私が以前そうだったような、準備期と実行期との間にそびえ立つ、分厚く果てしなく高い壁のことが、あまり考慮されてないような、ってことです。
壁は必ず破れるし、崩せるはずなので、そこの秘密がいちばん興味あるところで。
またこのモデルについては、考えてみたいなあと思いました。
d0224773_23235887.jpg


お読みくださってありがとうございました。
日本での終盤に入り、毎日ホテルの部屋に戻るとバタンキューで、更新が滞っておりますが。
青空がまぶしい今日この頃、明日が良い日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-08-21 23:26
<< 思えば遠くへ 共有 >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧