発想の転換
前回の記事から私は考え方をリセットすることにしました(笑顔)

コメント欄で、飲酒欲求などというものは存在しない(シャナンさん®)、というお話をいただいて。
飲酒欲求、飲酒欲求。うーん。でも、どう考えても、「飲みたいな」だから欲求だよなーと最初は思って。
それに、誰かが「いやー、久々に飲酒欲求がきちゃってさー」「一杯だけオバケ(まっしーさん®)がでたよー」とか言えば、即座にその意味がわかるし。

しかし。しかしですよ。
まず第一に、世間一般で言われる、禁酒とか、断酒という言葉を使わずに、気持ちよく不飲(酒)、というところからスタートした私であるからして、飲酒欲求という、世間一般の概念をそのまま鵜呑みにしているって、どういうこと?
第一、わたしはアルコールなんて飲みたい(=欲求)気持ちはない。だって、生体にとって、毒だもの。ほら、消毒殺菌剤だし。アルコールって、それこそが役目の化学薬品でしょう?
じゃ、あの、「ああ、こんなときはビールでも飲みたいな」って、何??
そして、ああ、ビールにはアルコールが入ってるんだった、と思った瞬間、冷めたあの気持ちは?

昔みたいに、「アルコールで酔って酔いまくって、肝臓壊して早死にしたい」と周囲にも明言していたあの頃(←本当に恐ろしいほどばちあたりな考えですね・・・だから、その後ずーっと、お酒に苦しめられることになったのでしょうけれど。ああ、恥!でも本当だから、正直に認めますが)。それなら、胸をはって飲酒欲求っていえる。アルコールを体に注ぎ込みたかったんだから。

でも、ある時から、「死にたい」とは思わない自分に気付いた。それから、お酒をやめたい、でもやめられない、という戦いが始まったんだった。
長い間、勝てるわけのない戦いに負け続け、とことん体をいじめた挙句、ある時気付いた。「私は毒を体に取り込み続けてるんだ」と。いわば、毒相手に勝てるわけない、と、はじめて負けを潔く認めたんだった。負けるが勝ち、の道をとることにした。そして!時をほぼ同じくして、同じ事に気付いて、お酒をやめることにした人たちにまるで奇跡のように出会った。

そうだ、アルコールを含有するお酒なんて、飲みたいわけないじゃないか!!
たしかに、私たちが感じてるのはきっと、「飲酒」欲求なんかじゃない。

じゃあ、なにが欲しかったの?と思ったら、あきれるほど簡単に答えがかえってきた。
そう、昔、飲酒して得られると思いこんでた、あの幻の効果がほしくなっただけなんだ。
ちょっとした幻の救いを求めただけ。

なぜ?
それは、その時、ちょっと息苦しくなったから。楽になりたかったから。
ほしかったのは、お酒じゃない!少しだけ、楽になりたかっただけ。それが本当にほしかったもの。

だから、飲酒欲求という言葉をわたしは忘れることにします。
あえて使わなければならない時があるとすれば、その時は、「依存性薬物アルコールの後遺症」という言葉でしょうか。

そして、本当にほしいものは、必ずしも必要なものじゃなかったりもします。
息苦しさも、つらさも、本当は幸せにつながるものなのかもしれない。

お読みいただいてありがとうございました。
8月から9月、なぜかこの時期の生まれが多い気がしますね?私もです。
なにか関係あるのかしら?まあ、きっと気のせいであり、偶然かもですね。

誕生月の方も、そうでない方も、素敵な初秋を迎えられますよう。058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-09-10 11:52
<< お疲れ、ご苦労さま たかが条件反射、されど条件反射 >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧