大切な場所
このブログをはじめて、もう1年半ちょっとになる。
いつまで続けて書くのか、と、これまでもちょくちょく考えてきた。
まさか一生書くわけじゃあるまいし、自分自身いろいろやらなければならないことも多い。
自分の不飲生活を確立させるという当初の目的は、今のところ達成してるのだから、またそれが危ういピンチの時に再開すればいいじゃないか・・・などなど。

そんな折、テレビで、妻の介護をする男性たちと、そのサポート組織の特集を目にした。
その中で、一人の男性が言っていた言葉が強く印象にのこる。
「この会を知る前は、自分ほど大変なおもいをしている夫というのは世の中にいないと、本気で思っていた。それが、ここの人たちと色々話すうちに、自分ひとりではないと、本当に勇気付けられました。」
というようなことをおっしゃっていた。

あっ、と思った。

確かに自分はこれから一生飲まないで生きていくつもり。
そのための、根拠も理由も動機もちゃんとあるし。

でも、
もし、このブログとかかわらなかったら。
当然、自分と同じような考えを持っている人は、周りにはいない。
家族や、昔からの親友たちすら、普通にお酒を飲んでいるし。
買い物に行けば、当たり前のように酒類コーナーがあるし、アルコール飲料の広告は世にあふれている。
だから、こうして自分や他のブログを通じて、距離を越えて同じ想いをもつ人たちとつながっていなければ、仲間はいない。間違いなく自分は少数派。しかも、異国で、自助会もない。いや、日本にいたとしても、はたして自分にあうグループがみつかるかどうかはわからない。

だから、きっと、月日がたつにつれ、いつか
「なぜ自分一人だけ頑固にお酒を飲まないでいるの?」
というあたりまえの疑問が頭をもたげ、自分だけお酒をのまないことが当たり前に思えなくなり、迷ってしまう日がくるかもしれない。それは、自分と同じ人が、そばにいないから。世の中でアルコール飲料があふれているから。国も容認しているから。(ご参考までに・・・特に2ページ目

ここにくれば、自分と同じような想いを持ってる人と、たくさん出会えて、話せて、共感できる。
ともに肩をたたきあって、明るい顔で、未来をのぞめる。
そばにそういう存在をのぞめない今、それを失うことがどういうことを意味するんだろう、と思った。

昔、学校の卒業試験を受けた時も、ある国家試験を受けた時も、人と群れるのが性に合わなかった自分は、いつも一人で勉強していた。モチベーションも上がらず、なかなか時間をコントロールできず、ただただ苦しいだけで、結果も自分の目標からは程遠かった。でも、友人たちは、たのしそうにグループを組み、集まって勉強して、素晴らしい成績をおさめていた。きっと、楽しかったのだと思う。そして、励ましあって、強いモチベーションも得ていたのだと思う。

二の舞はくりかえさないことにしようと思った。
また考えが変わることもあるかもしれないけれど、少なくとも今は、自分は、この場所、この仲間を大切にしていこうと思った。

お読みいただいてありがとうございました。
こっちはすっかり秋晴れです。
素敵な週末のはじまりになりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

お知らせ:更新を数日おやすみします。
[PR]
by finnerake | 2012-09-20 22:30
<< 今日のひとことから 時代 >>


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧