2011年 03月 07日 ( 2 )
不飲一日目
不飲一日目を振り返って By ace

前の日、ビールを飲みすぎて、具合悪い夜が明けた、翌日。
ガッピー(=肝臓)ちゃんにあやまる気持ちと共に、
「飲まないとどんな感じになるのか、試してみたい」という思いと、
「でも、まただめだろうな・・・一生お酒飲めないなんて、なんか、みじめだし」
という気持ちとが混在しつつ、ネットでいろいろと、お酒をやめようと戦っている人々のブログや、情報サイトをチェック。(そういえば、こうやってネットで他の人たちにつながることができるようになったのは、最近のことですねー。以前との大きな違いです。)

「だいたい、あなただけはお酒をのんではいけません、断酒です、っていう、その感じがいやなんだよな・・・。なんだか、普通の、お酒のある楽しい生活や普通の人々から、隔絶されるって感じで。暗いんだよなー」
などと、ぶつぶつ。

そのうち、「いや、待てよ!」と思った。

「ほんとうに、世の中の他の、当たり前にお酒を楽しんでる人たちって、普通のひとたちなんだろうか?そりゃ、世の中にあたりまえにお酒はあふれてるけど、実際、神経マヒ毒で、楽しんでる、癒されてる、っていう感覚を、勘違いさせられてるんじゃあ?」とふと、本当にふと、気づいた。

さらに思うに、「体を壊さなければ、ほどほどにお酒はいい、っていう考え方って、どうなの?真実なんだろうか?実際、自分は、ほどほどに、癒しのためビールを飲んでるけど、最近、どうも記憶が飛んだりしやすくなってるけど?胃腸の調子も悪いし、血圧も高くて、薬もらってるけど?まさか、これって、お酒のせい?」

実際、去年の今頃、病院では、主治医に、けっこう毎日ビール飲んでることは報告したし、肝臓の検査も自主的にしてもらって、「問題ありません」って言われたのに、ですよ?
でも自分の体を知ってるのは、やっぱり自分だと思う。
ことに、ガッピーちゃん(肝臓)!毎日酷使されてるわけだし。

「もし、お酒から卒業して、不飲生活を送ることで、血圧まで下がったら、すごいよなー」とも思った。
そして、前向きに、明るく、楽しく、「飲まない」選択ができたら、どんなにいいだろう、と思った。

そんなことを考えていたら、ネットで、楽しくお酒を飲まない生活を送っている人々が、すごーく少数だけれど、存在していることを知ったわけで。
そうか、そういう先輩、仲間がいるんだったら(会ったことないけど)、一緒にこのまま、突っ走っちゃおうか?と、即断。
そのすがすがしい思いは、いつもビールをぷしゅっといく夜になっても変わらず、ビールのナイスイメージを打ち消しながら、そのまま就寝まで。
というわけで、1日目、成功!!

んーーー、この時の気付きを、どう説明したらうまく表せるんだか。表せてるかしら?
なんで、そう思うかというと、たとえば、世に言う、断酒本、禁酒のすすめ本の類は、ある程度、お酒を飲まない人生を完成した人が、完成した立場から書いてるわけで、ちょっと、実際に「今日からお酒をやめよう。うまくいくかどうかはわからんけど」って思ってる人とは、ギャップがあると思う。というのが率直な感想だからです。

だから、わたしはこのブログで、じぶんの揺らぎも、気づきも、最初から、はじめの一歩から、記録していこう、って思ったんです。それが、ブログはじめたきっかけです。
こうしてこのブログで、自分の不飲主義が確固とした信念・ライフスタイルにいつかなることを、そして、少しでも、お酒にさよならしようと思ってる人の仲間になれることを、願ってます。016.gif(exciteブログ、使いやすいですが、絵文字が少なすぎ・・・もう少し増やしてください、お願い~)

さって、今日も新人フィンナー、ace、楽しく充実した一日にします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

[PR]
by finnerake | 2011-03-07 06:41
思い出
こんにちは、今日も明るく、すっきりと、ノンアルコール毒生活のaceです。
これから、お酒なしの生活1日目からの経緯を振り返っていこうと思ってるのですが、
その前に、今日の心境など。

こう、うまく楽しくアルコールフリーの生活が継続し、真実味を帯びてくると、
なんだか、昔、お酒をやめようとして一生懸命読んだ本やら、映画やらが気になるこの頃です。

まずは、みなさんもよくあげられている、アレン・カー氏の「禁酒セラピー」。
読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー (ムックセレクト)

これをどうして「断酒セラピー」という題にしなかったのか、という話はおいといて・・・。
ともかく、断酒という言葉にアレルギーのある私は、「禁酒」という題名も気に入って、購入して一気に読みました。(読みやすいですよね、この本)
んが。しかーし。
読んだその日は、「そうかー、お酒を飲んでる人は、程度の差に関係なく、同じ道をいずれはたどっているんだ・・・」と納得でき、お酒はたんなる薬品、毒、っていう感じの文章も気に入ったんですが、その時はお酒をやめるまでにはいきませんでした。
たしか、禁酒2日でドロップアウトしたっけ・・・
でも、他の方も書いておられましたが、たぶん、今のわたしが読んだら、「そうそう!そうだ!」と共感できる内容であふれているような気がします。読んだとたんにお酒を飲みたくなくなる人もたくさんいるといわれる本ですが、私の場合、自分の中のハードルが高すぎたのかな?と思います。
もう少したってから再読して、この不飲生活の後押しにしようかな、と思ってます。
まあ、わたしにとっては、ちょっぴり恥ずかしい思い出の本ですな。041.gif

そして次は、私が10年ほど前に出会った映画です。
わたしは女優のSandra Bullockさんが大好きで、メグ・ライアンさんの映画と共に、彼女が主演の映画なら何でも観ていた頃。
最初は、題名からはなんの映画かわからなかったんですが、見てびっくり。
なんと、アルコール依存から卒業するプロセスを描いた映画だったんです。
とっても心を打たれたものです。残念なことに、日本では封切されなかったとか。(わたしは現在海外なものですから) でも、私もビデオではなくDVDがほしいと思って調べますと、現在下記のサイトでだけですが、購入できます。

28 DAYS コレクターズ・エディション [DVD]

実は、わたしも映画を見た後にVHSを購入して何度か見つつ、いつかは私もこの主人公のような心境になりたいものだ、と思っていたものの、ここ10年近くみてなかったので、今度改めて観直してみたいと思います。
きっと、涙が出るかもしれませんね・・・。

それでは、1日目のようすから。(あらかじめ日記につけておいたものです)
と思ったら、長いので、次の記事に分けますね045.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

[PR]
by finnerake | 2011-03-07 06:20


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧