2011年 04月 01日 ( 1 )
ア・ブ・ナ・イ季節
こんにちは。
花粉症とは逆行して、フィンナーになってからの鼻づまりと頭痛が、
ほとんどなくなって調子の良い今日この頃です。
この3月は、まったく不飲生活をまっとうしました。
大学卒業と同時にお酒を飲むようになってから、はじめてのことです。
そのせいか、季節の移り変わりにとても敏感になってるような・・・。

日本では、お花見も間近いですが、それより以前に
歓送迎会まっさかりでしょうね。
わたしはこの1月に職場が大改編になった際、
古い職場の仲間と集まるお酒の席があったのですが、
その時はもちろん!
マルガリータをおかわりして飲んでました。(遠い目で苦笑)

みなさんのブログとかコメント欄では、今は危ない季節との印象を受けます。
つまり、再飲酒の機会ですね。

とはいえ、考えてみました。
一年の中に、危ない季節がどのくらいあるのか、と。

1月 お正月
3月、4月 送別会・歓迎会 お花見
5月、6月 5月病 梅雨
7月、8月、9月 ビアガーデン
9月10月 観楓会
12月 忘年会

ひい~。ほとんど一年中じゃないですか!

と、いうことは、
やっぱりお酒を好きなままでは、春夏秋冬、
誘惑たっぷりの危ない季節ってことですね。
日本の場合、飲んでないと、なんとなーく
疎外感を味わってしまうような職場もあると思いますし。

では、そこを、まったくどこ吹く風で行きすごすためには?
と考えて見ましたら、
んん~~~~~

やっぱり、お酒を嫌いになるしかないかな、と思いましたけれど。
だって、そうじゃないと、1年中、つらいことだらけじゃないでしょうか!
お酒を「毒」だと心底嫌っていれば、それをうれしそうに飲む人々が、
こっけいに見えたり、かわいそうに見えたりするかもしれません。
私の場合、毎週末(今も)、夫がそばでおいしそうにビール飲んでるんですけれど、それをこっけいがったり、かわいそうに思ったりするのも人が悪いので、
ただ、「彼は週末だけ飲めば足りる体、でもわたしはそれができない」
と、思うことで、やりすごしています、今のところ。
夫にもそう言っています。
子供のいない私たちにとって、週末、
「今週もお疲れさま~!」と言ってするささやかな乾杯が、
楽しみの一つでもありました。

だけど、わたしはもう、気付いてしまったので。
お酒の毒。恐ろしさ。
だんなにも、心の中では、正直、
「いつまで週末だけですむかしらね?」と思ってます。
まあ、度がすぎてくれば、賢い彼のこと、きっと、
私がしている不飲生活を一緒に始めることでしょう。
いえ、そうあってほしいものです。

長い一年、春夏秋冬を、
苦しみなく飲酒せずにいられるためにはどうすればよいか。
みなさんはどうお考えでしょうか?
まだ自分の考えだけでは足りないような気もまた、していますので。

今日も読んでいただいてありがとうございました。
それでは、楽しい週末をお過ごしください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-01 22:56


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧