2011年 04月 21日 ( 1 )
無事帰還
昨日の昔の仲間たちとの会合。
以前でしたらステーキハウスではワインかビールと決まっていました。
けれど、いまやフィンナーのわたくし。
飲まない覚悟を持っていきました。

最初に席につこうとしたら、思いっきり嫌いな人が近くにいたので、
ストレスで飲酒欲求につながってもまずいと思い、
席をなにげ~にずらしました。
そして、昔の部署の仲間たちのそばへ。

最初に目に飛び込んだのは、
女性たちがおいしそうに飲んでいる、大きなマルガリータのグラス。
もう、目が釘付けになってしまいました。
とはいっても、飲酒欲求は不思議といっていいほど起こらず、
ただ「あんな派手なグラスに、はいっているのはエタノールなんだ」
と思ったら、ぜんぜんおいしそうとか思いませんでした。

自分はカクテルといえば、ブラディシーザー(ブラディマリーみたいなもので、
スパイシーなトマトジュースとウォッカのコンビネーション)を、セロリをかじりながら
飲むのが好きでしたし、あと、モスコーミュール(柑橘系ジュースとウォッカ)も
大好きでした。アルコール度数95~97パーセントの、「ショットガン」という、
まさにその名のとおり、のどをショットガンで打たれたような刺激の強いカクテルも
何度も飲んだことがあります。
(全然関係ありませんが、抗酒薬の「ノックビン」って、カクテルの名前みたいですね)

酔っ払いは、みな、共通して、ただのトマトジュースや他のジュースだと
「酔わないので味気ない」って思うと思いますが、でも、考えてみれば、
エタノールにジュースやスパイス、香りを混ぜただけのものなんですね。
エタノールに味や色をつけて、かっこよさげにしただけのもの。
それを高いお金をだして何杯も頼んでいたとは!

要は、酔えればいいってことだったんですね。
アルコールのせいで、トマトジュースや柑橘系のもつ、
本来のおいしさをすっかり忘れていました。

さて、
まっさきにお酒の注文をとりにきたウェイターさんに、お水とレモンを頼んだら、
あっさり持ってきてくれました。
それどころか、よくみると、ほかにも、お水とレモンを頼んでいる人が結構いました。
あと、アイスティーとか、コーラを飲んでる人も結構いました。
いままでお酒ばかりに気をとらわれて、そういうことに気付いていませんでした。
お酒を飲んでいない人もたくさんいるんだ・・・と気付きました。

ステーキとレモン水は、思った以上によく合いました。
お料理の油っぽさを、さわやかなレモンの香りと冷たいお水が、
すーっと洗い流してくれました。
今までは、油っぽいものをたべて、ただでさえ胃腸や肝臓が大変なのに、
そこにとどめをさすかのごとく、アルコールを流し込んでいたんですから、
体はたまったものではなかったでしょうね。
これまでごめんね、自分の体。
世界中に一つしかないのに。

おかげで、会話を楽しめました。
お料理も、お酒といただくより、ずっとおいしく感じました。

断酒という言葉が好きになれず、いまだに不飲不飲言っていますが、
断酒部の楽しい心意気で、
これからも元気に楽しく、フィンナー生活を続けていきたいと思います。

そうそう、ブラディシーザーとセロリの組み合わせ記憶ニューロン。
えいや、えいやっ!と。(やっつける音)

明日がみなさんにとってより楽しい一日でありますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-21 21:31


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧