2012年 03月 07日 ( 1 )
ちょっと待った
昨日、コメント欄である新しいCMを教えてもらい、ネットで見ました。
やけ酒ではなく、家族の時間に楽しいお酒を飲もうというようなビールのCMでした。
見ていて演出の巧みさにうっかり笑顔になりそうになりましたが・・・
ちょっと待った!と我に返って、
「本当にお酒で大切な人たちとの時間がよくなるって思ってる?」

ビールをのんで家族・恋人・友人とのよい時間を、ということ自体が、
アルコールの酔いに頼った、まやかしの楽しさの演出のような。
乾杯だけなら、子供と同じ別の飲み物で、十分楽しい気分で、できる。
お酒がなくたって、いや、ないほうが、家族でもっといい時間がもてるはず。
家族一緒の時間に、親だけお酒を飲んでも、子供は楽しくならないし。
親が酔っていつもと違う感じになるのを見る、子供の気持ち。
CMをよく見ると、飲んでる場面に子供はいないところがまた、巧みです。
どう受け取るかは人それぞれなのですけれど。

これが夫婦、恋人間であっても同様。
うちもご他聞にもれず、夫婦で晩酌、という時間が昔は大好きでしたが、
その時に交わしていた会話の希薄さといったら!そして、
どっちかが先に二人の時間から離脱してあっけなく終わってしまう。
しかも、酔っていたので後から覚えていないこともあるし。

今、お酒のない生活を選び、100%素面で生きていると、
そんなものないほうが、ずっと本音で話すことができ、また、家族とも友人とも
仕事関係の人々とも素敵で楽しい時間をすごすことができています。

大昔はお酒はとても貴重なもので、本当に限られた機会に、限られた量しか
飲めなかったといいます。だからこそ文化をつくってきたのだと思います。
化学工学の発達で、大量生産されるようになり、
どれだけたくさんの人たちが、その毒性、依存性で、知らず知らずに身体を壊し、
ぼろぼろになっていくことでしょうか。
その哀しさ、恐ろしさを思う時、「大切な人たちとでおいしく」って、どうなんだろう、と。
まあ、飲む飲まないは人それぞれの選択ですけれど。

自分的にはビールはアルコール飲料以上でも以下でもなにものでもありません。
後押ししてもらったり、勇気や輝きをもらったこともありません。
逆は数え切れないくらいあったけれど。

今、「タバコで気分転換、かっこよく、気持ちよくしよう!」なんていうCMがでてきても、
時代遅れだろうと思いますが、お酒のCMもいずれはこうなるのでしょうか。
「家族、大切な人の時間をお酒と共に!」みたいなCM、欧米ではみたことがありません。
他国にはないすばらしさをたくさん持つ日本だけに、ちょっと複雑な気持ちになりました。

お読みいただいてどうもありがとうございました。
日本が暖かくなっている、というニュースを聞くと、
外の雪をながめつつ、とても嬉しい気分になる今日この頃です。
明日も良い一日を!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-03-07 06:00


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧