<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
今日は酒席へ
昨日、思い切って休みをとろう!と思って
とりあえず、片付けなければいけない仕事と勉強をしていたら、
思いがけずさくさくと片付き、夜はゆっくりお風呂に入って、
新しいシーツをひいたベッドで、ゆっくりと眠れました。
ですので、今日は心なしか、少し元気です。

憂鬱だったことの一つに、今晩の会合(酒席)があります。
前の職場の友人たちとの集まりなのですが、1-2ヶ月に一回あります。
前回は仕事が重なっていたのと、お酒に自信がなく、休みました。
前々回は、思いっきり飲んでました!おかわりして。(ノω`*)アチャー

今日の場所はステーキハウスです。
みんな、よく飲み、食べます。
しかし、日本と違って、飲まない人もたくさんいます。
その辺は楽かもです。

かねてより、飲酒の誘惑が多く大変だなーと思うファクターに、
「飲酒誘惑の3設定」(By ace ん?)というのがあります。
1.日本にいること
2.男性であること
3.飲み会という設定

しかし、女性であっても、日本にいなくても、飲み会がなくても、
飲みたい人は飲みます。
逆に言えば、そういう誘惑の設定があっても、飲みたくない人は飲みません!

今晩は、夜6時にゴングが鳴るわけですが、
私はもう大丈夫!と言い聞かせています。
さわやか~にペリエを「生レモンつきで」とオーダーしたいところですが、
そういう気のきいたものは、今日のお店にはないとおもうので、
仕方ないので、レモネードかアイスティー、あるいは水にレモンを頼もうと思います。

以下、言い聞かせ
「私の頭の中には、おいしいフィレステーキに赤ワインなどという組み合わせは
存在しません。赤ワインはおいしくありません。あれはエタノールにぶどうをまぜた
飲み物です。味覚がエタノール毒で麻痺して、味がわからなくなるだけです。
ですから、水で十分です。いえ、お水との方がおいしくいただけます。」

ワインセラーの人、すみません><(読んでないと思うけど)。
しばらくはこういう言い聞かせで行かせてもらいます。
自分のQOL、人生の質を守るためですから~

今後のために、ステーキにあう飲み物も、探しておかなければですね。
私の頭の中の、「おいしいステーキ」と「赤ワイン」を結び付けてる、大間違いの
古びたニューロン、えいっ、えいっ!!(←やっつけてる音)

それでは、明日、笑顔でお会いできますよう。
明日がみなさまにとってますますよい一日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-20 23:53
落ち込んだときの対処方法
きのうは、いろいろバラエティに富んでためになるコメントの数々をいただき、
ありがとうございました。
ひとつひとつ、PCの向こうのお顔が思い浮かぶようで、
わたくし、大変に元気をいただきました。

海外にいると、日本語で友達とばか話をしたくても、素敵なカフェで
女友達と楽しくすごしたくても、姉妹できゃぴきゃぴ(古語?)買い物にいきたくても、
すべて夢のまた夢。
周りは、気の強そうな、英語をしゃべる人ばっかりです。
仲のよい友達はいるけど、こういう弱みをみせるような話は、あまり歓迎されないみたい。
だいたい、日本語じゃない時点で、もう疲れます・・・。
テレビをつけても、なんか違うドラマばかりだし。
・・・というように、愚痴をいう。というような解決策もあるでしょうが、
それじゃあ、愚痴を聞かされる人がたまったもんではありません。
ですので、今日は、どうしたら落ち込みを回避できるかについて、
私なりに考えてみたことと、みなさまのお知恵をミックスしてお届けしたいと思います。

最初に・・・調べるたびにでてきたのが、「お酒を飲んで楽しくすごす」
「お酒を飲んで、寝る」
これは、使えませんね!即、却下!
お酒は神経を麻痺させるだけの、神経毒を使ったその場しのぎですから。
また、処方薬などはまた次元の違う話ですから、ここでは、それ以外で
考えてみたいと思います。
参考にしたのは、昨日~今日と、春田さん、みかんさん、junnaさん、ののなさんから
いただいた、珠玉の方法たちと、自分の方法・考えと、あとは本やネットです。
ネットではこのページが一番お世話になりました。

A.重症のとき(何もしたくない、出かけたくない、・・・)
とにかく、寝る。
寝るときに一工夫。よい眠りのため、昼間日光を浴びておく。2時間前にゆっくり入浴。
温かいミルクをゆっくりと飲む。枕を低めにする。シーツは洗濯したてのものに変えておく。心の病気だと思って、ひどければ一日くらい仕事を休んでもよい。

B.ふつうに落ち込んでいるとき
・外出
ウォーキング、ジム、ダンスなど、軽めの運動をする。
おしゃれして、カフェや買い物、好きな場所に出かける(自分の自由時間)。
美容院に行く。
新しい服を買う。
友達や姉妹とおいしいお店で会う。
かっこいい人や美しい人を見て、自分の気分もひきたたせる。
きれいな景色を見に行く(お花見とか)
図書館に行って読書や勉強をして、充実感を味わう。
ファストフードでもお菓子でもいいので、好きなものを買ってきて食べる。
映画館に行って、映画をみる。

・家で
お風呂に入って、顔のお手入れ、クリームでマッサージ、爪のお手入れ。
(私は、落ち込んでたり、うまくいっていないときは、不思議と爪が荒れています)
お気に入りの音楽を流しておく。
ヨガ。瞑想。
お香をたいて、ぼーっとする。
どうでもいいテレビをみて、ぼーっとする。
映画のDVDレンタルをして、観る。
あったかい抹茶、好きなお茶をゆっくり飲む。
ペットをかまう。
窓を開け放して掃除をする。
洗濯。アイロンがけを楽しむ。
携帯の傷を数える(これも効きそうです)。
おなべを磨く。
おいしいお料理を作ってみる。
ネットショッピングで何か一つ、ほしいものを買う。
買っておいて読んでいない本を、読む。
自分の趣味に没頭する。

C.落ち込みの予防
・普段から、ウォーキング、腕立て伏せ、ジョギング、ヨガなど、
体を動かす習慣をつけておく
(今の私にかけていること。週末しか歩いていない)

・食べ物に気をつける。バランスよく。旬のものを意識して食べること。
追:食べ物については、junnaさんのこの記事がよくまとまっててとても参考になります。

D.全体を通して

案外と、「自分はやることがたまっていて忙しいので、ゆっくりできない」
という状況に縛られて、何もできずに、ずるずると
つらい落ち込み気分を引きずっていることが多い。
そうすると、かえっていつまでたっても何も手がつかない(=今の私)。
だから、思い切って、予定を全部キャンセルして、落ち込み解消に当ててみる。
そのほうが「急がば回れ」で、早く回復して、通常生活に戻れることが多い。


今のところは、以上です。
これだけいろいろチョイスがあると、どれかは選べそうです。

ここ何日も、忙しいのを理由に対して対処をせず、だらだらして、
結局もっと仕事や勉強がたまってしまっていました。それでまた憂鬱に。
というわけで、今日はこれから少し勉強したら、思い切って勉強をやめ、
上のリストのうち、自分が今回チョイスしたことをやりたいと思います。
すなわち、
今回いただいたコメントである程度の元気がでましたので、
勉強が一区切りついたら、スーパーに買い物にいって、今晩の食材を仕入れ、
なにかおいしいものを作りたいと思います。
家の掃除も洗濯も30分ほど、ゆっくりできる範囲でしようと思います。
そして、ゆっくり睡眠2時間前に入浴して、クリームで体のマッサージをし、
暖かい抹茶ミルクをのみながら爪のお手入れもゆーっくりして、
新しいシーツにかえたふかふかのベッドで、ゆっくり眠りたいと思います

ああ、考えていたら、楽しみになってきました!
もっと元気がでてきたら、図書館にも行って、美容室にもいきたいと思います001.gif
もう一度、みなさまありがとうございました!
明日が私たちにとって、もっとよい一日でありますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-19 23:57
ここ最近
ここ2,3日、いや4,5日かな、
風邪のあとの体調もだらだらとはっきりせず、
体も動かせず、なんだかどんどん気持ちが落ち込んでました。
こんな能天気なわたしでも、やっぱり落ち込むことがあるんですね。
今までは、落ち込んできたら即、えいや!ぷしゅ!って、
缶ビールが開いてましたから・・・ァハハ・・(´▽`)苦笑

最初はどうしていいかわからず、
一体この落ち込みが、体調からくるのか、それとも
はっきりしない曇りの寒い日々からくるのか、それとも
日本のつらいニュースを毎日見続けてるせいか、いろいろと
考えたのですが、考えても仕方ない。って思いました。

昔、子供のときだって、なにか学校や家であれば、
普通に落ち込んだ気持ちになっていたしなー。

だけど、みなさんは、落ち込んだときはどう対処されてますか?
(お薬はもちろんのことですが、それ以外)

今日はこれから仕事なので、
明日、「落ち込みに対する対処法(お酒、薬抜きでの)」を
改めて書いてみようと思います。資料集めも今晩しようと思います。
でも、なにか「私はこうしてるよ」みたいなのがあったら、教えていただけると
とてもうれしいです。

ですが、今、こうやって明るい気持ちで前向きに対処法、って思えたのって、
いただいたコメントのおかげです。
仲間のありがたみ。これは本当に何者にも変えがたいです。
本当にありがとうございました(涙)。

では、また、明日!(19日)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-18 23:30
ある迷惑な人の話
お酒を飲まなくなってから考えられるようになった、実にいろんなこと。
そんなこんなを、こうやって、思いつくままに書いたり、コメントいただいたり、
逆に他の方が書いたのを読んだり、感想を書いたり。
こういうことで、より楽に楽しく、お酒なしでも元気に生活できてる。
ありがたいことです。

あまりに大げさな、思い出したくないことは、
プラス思考でとらえられないことだから書くことはありませんが、
ごくたまに、ただ淡々と、
昔のことを自戒の念をこめて書きたくなることがあります。

--------------------キリトリ---------------------------------------

あるところに30代になったばかりの、仕事に忙しい女性がいました。
彼女は、とても仕事熱心だったんですが、
夜になるとお酒を飲みすぎるのが悪い癖でした。
ある時、所用で急遽、2泊3日で香*に飛ぶことになった彼女。
しかし、段取りが悪かったため、片付けたかった用件は失敗し、
そのことが原因で、彼女はひどく傷ついた気分になりました。
次の日の朝11時には帰国便が飛ぶというのに、その晩、まず食事で大量に飲酒。
さらに部屋に帰って荷作りのあと、ホテルの部屋のミニバーの小瓶たちを、
かたっぱしから飲み始めた彼女。
「こんなに小さいビンなら、たいしたことないわね」そう思いながら、
お勘定のことも時間も全部忘れて、冷蔵庫が空になる頃には、
彼女は酔いつぶれてベッドの上で眠ってしまいました。
次の日。朝10時にチェックアウトをうながす電話が部屋に鳴り響き、
彼女はやっと目を覚ましました。
「大変!飛行機が」
しかし、あわてて用意をしようにも、目は周り、足元はおぼつかず、
さらに頭痛と吐き気でものすごい具合の悪さ。
それでも、なんとか必死でチェックアウトを済ませ、ものすごい勢いで
ホテルの前に停車していたタクシーに飛び乗って行き先を告げた後、
また意識を失ってしまいました。

次に目があくと、そこは*港の国際空港の入り口。
もう搭乗機の出発まであとわずか。
親切なタクシーの運転手は、「これはいかん」と、彼女の登場するエアラインの地上係員の若い女性を呼んできてくれたらしいのですが、彼女はもちろん覚えてません。
(乗る車をあやまれば、命の危険もあったでしょうに)
そのまま、お金を朦朧としながら運転手に支払い、係員女性にもたれかかるようにして
やっとよろよろ歩いて空港内に入り、係員の誘導のまま必死で足を動かしたものの、
その後どうやってパスポート・コントロールを通ったかも、セキュリティ・ゲートを通ったかも、まったく覚えていない彼女。
ただ、飛行機の搭乗口に出発時刻とほぼ同時にたどり着いた時、
その若い係員女性がたどたどしい日本語で言った、とても
悲しそうな一言だけはなぜか覚えていました。
「もう、おさけはのまないでくださいね。」

そして、今度は機内で待っていた乗務員の女性が、その地上係員から
彼女の身柄をあずかり、そのままビジネスの座席に座らせました。
チケットはエコノミーだったのですが、目の届く場所に泥酔した彼女を置いておくために。みな外国人でしたが、本当に親切でした、と、なんとなくぼんやり覚えているような、いないような感じの彼女でした。
座席に座ると、そのまままた、一切食事もとらず、トイレにもいかず、
朦朧とした意識のまま眠り続けた彼女。
日本の空港につくと、入国(帰国)手続きもすべて、なにも覚えてないまま、
あれよあれよという間に、到着ロビーにつきました。
そこには、航空会社から知らせを受けて迎えにきた心配そうな家族の顔がありました。
しかし、その後のことも、まったく、断片的にしか覚えていないのでした。

-----------------------------------------------------------------------
こういうのを、日本の恥というのかも。
後から読み返して嫌になったら不飲生活に悪影響なので、
とりあえずは、このくらいにしておこうと思います。
彼女の話はこれ一つではないのですけれどね。
病院に来た人には病名はつくけれど、
巷には病名のついていない「病める人」はいくらでもいる、という話でもあります。
「お酒でやらかした大失敗談」で済ませる人も、多いわけですから。

ここまで読んでくださって、感謝です^^
明日はさわやかな話題でいきたいと思います。
では、よい週末を!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-17 12:20
つい飲んでしまわないために
うちの配管が突然つまってしまい、いろいろとやってました。
今日は、夫にやってもらう予定です。

そんなこんなでばたばたした週末を送っていますが、
相変わらず飲酒欲求はなく、とても快調です。
かといって、油断はできませんね。
別れた彼(=ビール)がまたどんな顔をしてやってくるかわかりません。
しっかりと、「もう彼とは会わない(飲まない)」と心に刻んでおかなければ。

こんなふうに不飲生活をおくるようになって、
(まあ、まだ2ヶ月ほどですから、まだまだですけど)
長いこと飲酒してなかったのに、突然スリップしてしまう人の気持ちや状況が
ほんのすこし分かるようになってきました。
これだけ「お酒なしの生活」が当たり前になってくると、
意識せずに飲まずにいられる反面、
周りの人が普通の生活の一環としてお酒を口にすることにも
アレルギー反応が起こりづらくなってくる。
それに、「なんだ、自分も普通の人と同じだ」と思って、つい口にしてしまう、
ってことがありうるのだな、という感じです。

じゃあ、自分は普通の人じゃないのか?と思うとつらくなりますよね。

いえ、普通の人。いや、それどころか、飲酒をなんとも思わない普通の人より、
もっと賢くなった普通の人。
それがフィンナー(飲まない人、飲みたくない人)だと思うことにしています。

だけど、のどもと過ぎるとなんとやら、で、ついつい、
なぜ自分がお酒を飲まなくなったのか、を忘れてしまうと、
いかん、ってことではないかと。
だけど、人間です。
また、自分が決めて歩いてきた元の道に、戻ればいいことです。

でも、やっぱり飲酒夢で見たとおり、飲んだ後のあのなんともいえない後味の悪さ、
浮かんできた仲間たちへのすまない気持ちは、
たぶん現実にアルコールに手を出したときに起こる気持ちと一緒でしょうね。
せっかく共通した価値観で励ましあってるのに。
ですから、
こうして毎日、「飲まない選択がわたしの人生の選択」としっかり心に刻んでいます。

それでは、楽しい週末をおすごしください♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-16 23:45
ルーチンワークで心の安寧を
今まで考えなければいけないことも、
ビールをがーっと飲んで適当にやってきたような自分だったので、
急に飲まなくなって家の中を見渡してみると、
片づけが気になったり、あれもこれもしたいと思ったり。
おかげでえいやっ!とはじめた片付けのおかげで、
だいぶ居住空間がスッキリしてきました。気分もO。
これからも折につけやりたいと思います。
飲まない分、時間も余分にできたわけだし。

それと同時に、頭がすっきりしている時間ができたことで、
急に不安になっちゃったりすることがあったり。
たぶん、それも後遺症かな?

どうしたら不安をやっつけられるか考えてみました。
すると、やっぱり、規則的な生活、毎日のルーチンをつくることですかね?
毎日、きちんきちんと何かしていると、ほっとするっていいますよね。
わたしは血液型Bなんで、けっこうそういうの、これまで苦手だと思ってた。
だけど、血液型だからじゃなくって、たぶん、お酒のせいで苦手だったのかな、と。

というわけで、毎日のルーチンワークを考えてみました~001.gif

朝、夫のお弁当作りとか、食事のしたくとか、これまでに飲酒中も
ずっとやってきたものとは別に、フレッシュに作ってみたいと思います。

・勉強 毎日計画をたてて、こつこつと。
これって、なんか、達成感ありますよね!自分は資格の勉強なんですが、
いぜん、アルコールと無縁だった、少女時代の自分戻れるような感覚もありますね。

・晴れの日に、家庭菜園とウォーキング
家庭菜園は、毎日、なにかしら、20~30分外に出て、ごそごそやり始めることにします。この週末から。
ウォーキングは、食後の夫と猫との散歩。休日には1万歩以上歩く。

・雨の日には、30分の片付け。
普段の掃除とは別に、余分な家の中のものを、断捨離していこうと思います。
執着を断つ!という不飲の極意?にもつながっていきそうですし。

とりあえず、まずはこれだけ。笑顔で、やったるでー!(私は関西人じゃないけど)

ともかく、揺らがない心の安寧がほしいです。
d0224773_6331096.jpg
うちの花壇にまた春がやってきました。
でも今年の春は特別です♪ 皆さんの春のように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-15 06:30
一山こえた感覚
こんにちは。
ゆうべはさすがに39度近い熱が出て、咳もひどく、
今日は仕事を休みました。
不飲で体力回復とはいえ、まだまだ2ヶ月たってないので、
これからもっと丈夫になっていくんでしょうね。

それでも、いつもだったら確実に2,3日は寝込むところが、
一日ですみそうです。明日は仕事に行きます。
ほっ。

久しぶりに一日寝ていると、いろいろなことを考えました。
「前にこうやって昼間から臥せっていたのは、飲みすぎた翌日に
風邪をこじらせたからだなー」とか、
「日本が大変なときに、気持ちだけでも明るくいなきゃいけないな」
とか、「日本人なのに、今のわたしじゃなにもできないな」
とか。

それでも、この大変な状況のなか、スリップもせずに、または
スリップしてもまた新たにがんばってらっしゃる、
お酒なしの新生活を楽しんでる仲間の方々のことを考えると、
なんとも心強い気持ちになりますね。
会ったことはないんだけど、お一人お一人、
今日はどうされているかなー、元気に楽しく過ごしてるかな?などと
毎日思います。
お酒は楽しい、というお門違いのすりこみとアル中・アル依への
偏見の強さとが解離しているおかしな世間の状況だからこそ、
こういうネットを通しての「つながる」感覚は、大切にしていきたいと思います。
お酒のない生活は楽しい!アルコール毒なんかにはだまされない!
そんな思いを供にしてるんですものね。

そういう自分は、根拠はないのですが、なにか
「一山こえたな~」という気分です。
ベッドの上で横になりながら、フィンナーになってからのこれまでが、
2ヶ月たらずなのに、とてもとてーも長く感じました。
それもそのはず、こんなに充実して、実りある毎日をすごしたことは、
たぶん今までなかったです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-13 07:36
失ったかどうかはわからない
風邪の状態は思ったより悪くならず、
体力がついてきていることを実感してます。

それでも、体調の悪いときは、なにかと考えが良くないほうに行きますので、
思い切って頭を切り替えることが必要だと言い聞かせています。

たとえば、失ったものを振り返ること。

これだけ睡眠も、内臓の調子もよく、血圧も下がり、
さらにブログや資格の勉強など、「頭をつかうこと」がはかどりはじめると、
これまで毎日ビールやお酒を飲み続けてきたことで、
一体どれだけのものを失ってきたのか、気になってしまう。
はっきりした頭ですごす時間のみならず、
健康や、若さ、それから今の生活を20年前からしていたら
仕事面でも社会的にも、さぞかし違っただろう、と思ってしまいます。
毎日、飲みに行かないで、仕事のあと、しっかりとキャリアのための勉強をし、
栄養価の高い、安定した食事をとり、感情的にならず・・・。

そうだったら、今頃、どんな風になってただろう?
と、ないものねだりをしてしまいそうになります。

さらに、そういう「持てたであろうもの」だけでなく、
明らかに自分が失ってきた人間関係や、社会的地位など、
いろいろと目の前にぶらさがってきて、苦しくなることも。

ですが、
本当に失ったのでしょうか?
不飲生活をはじめて、たかが2ヶ月たらずです。
少なくとも、そういうことは、年単位で考えたほうがいいのでは、
と・・・・・・。
自分に言い聞かせています。
飲酒を続けていた期間が長ければ長いほど、
困難になるのではない。
飲まなくなって、よりよい人生を歩み始めたこの毎日毎日を
どう生きるかのほうが、ずっと大事だ。
やっと得られた心の安寧を、お酒にけがされない生き方を地道に続けていれば、
信じられないくらい早く、笑顔で振り返れる日がやってくると思います。

失ったもの、そして、今もっていないものを、あれこれを考えるのは、
時期尚早!!
そんなこと、数ヶ月や数年じゃわからない。
本当に失ったかどうか、手に入れられなかったかどうかは、わからない。
もっともっと、大きな恵みを受けられる序章かもしれない。

自分の人生を振り返ってどうこう思うのは、
傲慢だと思うことにしました。
だいたい、お酒というものに姿を変えて自分にしがみついて離れなかったものが
一体なんだったのかも、まだわからないのです。
それこそが、本当の敵なのでしょうか?
それとも、やはりアルコールという薬物毒のなせる恐ろしさなのでしょうか。

今は考えないことにします。
それより、これからの今日の時間を、楽しく有効に、過ごすこととします。
明るい気持ちで!!!

いつか、わかるときがくるでしょう。

読んでいただいて、ありがとうございました。
それでは、今日も明日も、すがすがしい一日になりますように。001.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-12 03:56
この道はいつか先輩がきた道
こんばんは。
こちらは大嵐がきてます。けど心は飲酒欲求もなく、
とても明るいです。
しかーし、体調が・・・。><
昨日のどが痛かったのですが、お昼からあまりにお天気がよくなったので、
夫婦二人で散歩に出て、また1万歩以上歩いてきました。
そしたら、今朝おきたら、さすがに頭痛と微熱が・・・
というわけで、今日はおとなしくしてます^^

このブログは、この2月にお酒と永遠にさよならしてフィンナーになってから、
日々わたしが思うことを、散漫に、でも自分の大切な記録として
書き綴ってるものです。

しかし!
現在、時間の許す限りちまちまと読みすすめている
他の方たち(みな先輩!)のブログで、
思い切り同じような内容にぶつかり、
「ひー!こんなにずーっと前に、書いてらっしゃるじゃないの!
ずっと前に思いついたり、工夫したり・・・私が今考えに考えてたどりついたことは、
決して新しいことじゃないんだわー」
ってあせったり、不思議なシンクロにうれしくなったりしています。

なんか、まねしてるみたいなくらい、一致してることがあります。
というよりは、自分は、先輩たちが一生懸命通った道を、
また歩んでいってるんだなー。と思います。
ここは、自分が、不飲生活を続けるために、一生懸命考えたことを
いきあたりばったりに、つづってるだけ。
この生活を確固たる信念で生きるために出てきた解決策やら、
想いやらを、うそのないように、書き綴ってるだけなんです。
それなのに、
たとえば、昨日の記事とこの記事
どうです?ずっと前に先輩は気付いてらっしゃるわけなんですな。

私自身、ちょっと偏屈?なところがあって、
いわゆる「教えて君・教えてちゃん」には絶対なりたくないな、と。
なんでも人に聞きまくって、こっちが一生懸命大切な内容を教えても、
大して感謝もせず、けろっと忘れちゃう人のことです。
他の方がやっとみつけたことを、苦労なく大して考えることも悩むこともせず
入手したくないってことです。
それに、やっぱり、自分で苦しみ、考えたことじゃないと、
己に対して説得力はないのではないか、と思っています。
本にしても、ブログにしても、読んで「!」って思って
いわゆる目からウロコが落ちるときって、
知らぬ間に、ずっとどこかで自分も探し求めていた、
長い過程があったからこそだと思うんです。

ですから、これからも、素直に、まっすぐに、
毎日思ったことを書いていきます。
それは、とっくの昔に、本や先輩のブログで著されていることかもしれません。
私が無知で、これまで知らなかっただけのことかもしれません。
でも、それでいいんです。いいとします。
だって、それは自分が、
ずっと前に大切なことに気付いて幸せを手に入れていらっしゃる先輩の後を、
間違いなくついていけてる、ってことだから!!

うれしいのは、お酒をやめて、不幸になったっていう人のことを
きいたことがないことです!
逆はあふれてるっていうのに。
だから、やっぱり、先輩の後をついていくんです。

と・こ・ろ・で
チーズの話ですが、私はコーヒー、お茶、ミルクティー、何も入れてない紅茶、と
試してみました。
自分では、ミルクティーとカマンベールが最高でした。
ワインとよりも、ずっとおいしかったですわ♪

では、明日がみなさまにとって、よりよい一日でありますよう。
私の風邪が早くなおりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-11 20:33
たぶん、再飲酒=別れた人への執着のようなもの
ゆうべはこちらは大雨でした。
まるでバケツをひっくり返したかのような雷雨。
そして、今日は空気が澄み切ってます。

最近、すっかり頭痛も鼻詰まりもなくなり、助かっています。
やはり、先輩たちが教えてくださったとおり、
徐々に楽になっていくのですね。

さて・・・しかしです、今でも時々頭をよぎる、
「これだけきっぱり1ヶ月半以上も飲まずにいられたのだから、
お祝い事にちょっと乾杯しても、大丈夫じゃないの、私?」
という考え。

034.gifぴーーーーっ!(ひさしぶり、出ましたね)
違ーう!

まず第一に、「大丈夫」とか「大丈夫じゃない」の問題じゃないでしょ!
自分がきらいで別れた相手なのに。
また、別れた後しばらくの、つらい気持ちを味わいたいの?

・・・とここまで考えて思ったのですが、
まるで、再飲酒って、以前に散々嫌な思いをして別れた恋人(あるいは友達)から
未練たっぷりの電話がかかってきて(あるいはメールがきて)
あれだけ嫌な思いしたのに、「もしかしたら、今回はうまくいくかも」って思ってる
自分みたい。

そんなのいやだわ。
そうやって、過去になんどかよりを戻そうとして、結局前よりもっと傷ついて、
嫌な思いして、別れることになるんだから。

・・・なんて、想像してしまいました。

結局、お酒を飲み続けたい自分って、「執着を手放せない」自分なんでしょうね。
私の愛読書(思い切り女性向き)に、こんな感じの記述がありました。
「(今の彼と)うまくいかなかったのなら、さあ、次!です。
海は広くて、たくさんのお魚がいるのです。彼にこだわり続けるのは、時間の無駄」

考えてみれば、世の中の楽しみって、お酒だけじゃないものなあ。
それどころか、お酒やタバコは毒で、合法ドラックみたいなものだし。
今まではお酒(=前の恋人)しか見えてなかったけど、
この広い世の中、本当はもっと素敵な楽しみ(=もっと素敵な人)が
待ってるんだわ!

そう考えて、「再飲酒」が頭に浮かんだときには
昔の彼にこだわる、惨めな、自己評価の低い自分を想像するのもいいかも。
と思いました。
しかし、それじゃ暗すぎると思うので、自分的には、
「あんなサイテーの奴、二度と顔もみたくないわ。
こだわるのも、思い出すのもよそうっと。
せっかく新しい、楽しい生活を送ってるのに、時間の無駄だものね」
と楽しく考えることに落ち着きました。(ほっ)

しみじみ、自分にとって「飲酒」とは、「手放せなかった執着」だったのだな、と
初めて感じました・・・。なんでかわかりませんけど。

ゆうべは、夕食後おなかが一杯で、
めずらしくなにか食べる気持ちが起きませんでした(いい兆候?)
なので、チーズと試飲は今日の午後にすることとしました。

みなさまにとって、来週がもっといい一週間でありますよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-10 22:37


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧