<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
食後のチーズと一緒に・・・ん?
土曜日、いかがお過ごしですか?
私は大掃除の成果が出始めてます001.gif

今日は待ちに待っていた本が届く予定です。
まだまだ外で活動するには寒いのと、小雨なので、
今日は勉強と読書、そして家事をしてすごそうと思います。
つい2ヶ月ほど前までは、家事をしたところで、
一日が終わってましたなあー・・・お酒のせいで。

さて、週末といえば!
そう、夫君の晩酌日です。
でも、多数決では勝ってますよ。
飲む人=夫 対 飲まない人たち=自分+猫2匹、3:1です。

先週末までは、だんなが嬉しげに和食で一杯やっている間、
ワンパターンで甘いものを食べてました。
でも、カロリーが気になります。
というわけで、今日から私も、いろいろとバリエーションを
繰り出すことといたしました!

それで、今日は少量のチーズです。
こちらでは比較的、チーズが安く手にはいりやすいので、
Brieかカマンベールを買ってくる予定です。
それでなんですが、
チーズといえば、もっぱらワインかビール・・・でしたけど、
なにかもっと良いものはないか?
とネットを探し回ったところ、いろいろありました!


まず、驚いたのは、濃い目のミルクティーをあげている人が多かったこと。
あと、深煎りのコーヒー。なるほど・・・。
そのほか、モッツアレラチーズと、アップルタイザーまたはりんご酢の
ペリエ割、なんていうものも。
りんご酢、身体によさそうですね。
果物酢と炭酸水、これは、チーズとではなくても、
是非試してみます!(弱アルカリ友の会会員)
そのほかにも、濃厚なチーズと、ほうじ茶(!)とか、トマトジュースとか、
昆布茶、お味噌汁なんていうのもありました。
一番参考になったサイトはここですよー。
(本当はチーズの会社のサイトもいいんですけど、お酒のことが一杯のってて、
目に毒><)

というわけで、こんばんは、フランスチーズと、試飲会です049.gif
エタノールドリンク(お酒)君、私の心に君の入る余地はないのだよ。
むはははは!(何者?)

というわけで、今日も読んでいただきありがとうございました。
休日の方は、みなさんゆったりとお過ごしください。
あしたももっとよい一日になりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
今苦しんでいらっしゃる方々が、少しでも楽にすごせますように。
[PR]
by finnerake | 2011-04-09 21:29
旅行中の飲酒回避作戦
1ヶ月ほど先に、2週間の旅行の予定が入っています。
もうだいぶ前、お酒をやめるまえに決まってたことなんですけど、
やっぱり気になるのは旅行中の食事に伴うお酒のこと。
はたして、誘惑に勝てるのだろうか・・・って。

このごろは、レモンをしぼった炭酸水も、一日500mlくらいで足りてて、
不飲を始めたときのように2リットルくらい飲まなきゃいられないことも
なくなりました。
(2リットルって、考えてみると、飲んでたビールの量まんまなんですな 笑)
ですが、旅行中ともなると!

これまでは、旅行というと、仕事だろうが休暇だろうが、
訪れた先の名産ワイン、地ビール、地酒をがんがん、
その土地のお料理と一緒に楽しむ、というスタイルでしたし、
夫はまだそのスタイルだし021.gif

というわけで、これまでいろいろ対策を考えていたんですが、
このたび、作戦が決定いたしましたのでお知らせいたしまーす!

ヒントになったのは、このブログや他の方のブログでいただいたコメントや、
断酒部活動(自分的には断酒部フィンナー部門063.gif)です。
すなわち、名産ワイン、地酒を超えるものとして、
「名産水、ご当地コーヒー・紅茶・ハーブ茶」でいこうかと!

行く先々の土地での、名産のコーヒーや、お水、お茶の類を前もって調べて、
楽しみにして行こうと考えてます。
おいしければ、お土産に買って帰れますしね。

これでやっと旅行先の飲み食いが憂鬱じゃなく、楽しみになってきました。
みなさま、ありがとうございました!!
まだ先の話になりますが、その際には、しっかり成果をご報告したいと思います。

今夜、そして明日がみなさまにとって、心休まるよい一日でありますよう。
そして、Have a good weekend!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-08 20:55
不飲生活の助けに
こんばんは。
といっても、私の住んでる地域では朝です。
だんだん春の陽気が目に見えてきて、気分がとてもよいです。

今日は、とってもすてきな音楽を見つけたのでお教えします。
わたしはたまたま、ネットで、なにか勉強作業中のいい音楽がないかな、
と探していた時にみつけました。
とくにジャンル的なものはなく、
サブリミナル(聴覚の?)で不思議な効果があるそうです。
日本音楽療法学会会員の方のCDです。

心にきく薬奏 サブリミナル効果による 精神安定

心にきく薬奏 サブリミナル効果による 禁煙
(わたしはタバコを吸いませんが、これはアルコールにも
効きそうな気がしてのせました)

心にきく薬奏 サブリミナル効果による不安解消

他にもいろいろ、でているみたいです。
検索キーワード(サブリミナル 薬奏など)でググれば、
試聴できるサイトがあるようです。

実際、入手して聞いてみると、イライラした時、悲しいとき、不安なとき、
眠れないとき、それぞれとっても効果があってびっくりしています。
集中用のものは集中できますしね。(別になにももらってませんが笑)
プラス思考のやつも、好きです。
大体が、最初は静かにはじまり、中半~後半からが
ダイナミックな曲が多いという印象です。
いつの間にか、前向きな落ち着いた気分になれますので、
最近は飲酒欲求がどっかにいっちゃいました。
(また揺り返しがこないといいですが)

このアーティストのほかにも、いろいろあるのでは、と思います。
そういうのを探すのも、楽しいですね♪

では、明日がみなさまにとって、よい一日でありますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-07 22:34
不飲の恩恵つけたし
こんにちは。
きのうから強風でしたが、南風が暖かさを運んできてくれたのか、
急にあたたかくなり、花壇の花たちもうれしそうです。
いかがおすごしでしょうか。

この前の不飲の恩恵、だいじなことを3つ忘れてました。

1.血圧が劇的に下がってます

まずは、前にも書きましたが、血圧。
(これは他の人々もおっしゃってますよね)
一回ものすごく高くなって、はげしい頭痛で病院にいき、
すぐに寝かされて点滴につながれ、緊急頭部CTを取ってからというもの、
一日一回のお薬を飲みつつも、大体上が140~150、下が90~110の高さでした。
おまけに、頻脈、いつも脈拍80以上ありました。
それでも毎日のビールは、しっかりたくさんリットル単位で飲んでて、懲りてなかった。

それが、今じゃ、まだ飲まなくなってから2ヶ月たってないのに、
なんと上が110未満、下も70台と、脈拍もだいたい70程度。
次回病院で医師に薬(利尿薬)をやめれるか聞いてみるつもりです。
まあ、やめられなくても、うれしいですけど。

2.料理の味付けが上手になったかも?

今まで飲みながら作ってたので、味がおかしくなってたと思います。
あと、適当になってたり。
今は、しっかりとした頭と味覚で作っているためか、
「最近、料理の腕があがったんちゃう?」と夫に言われました。

3.風邪をひきづらくなったようです。

いつもは私が一番に風邪をひいていましたが、
先日、普段丈夫な夫が、一年に一回のひどい風邪を引いて
高熱で2日仕事を休み、2週間も調子悪かったのに、
わたしはまったくぴんぴんしてうつりさえしなかったんです。
こんなこと、初めてです。

これからも、自分の一つしかない身体のその後を
見守って生きたいと思います。

今日も読んでいただいてありがとうございました。
明日もみなさんにとって、素敵な一日でありますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-06 10:34
禁酒法時代を考える
こんにちは、今日はいかがお過ごしですか?

最近、アメリカが禁酒を法律としていた時代のことを調べてました。
(よくまとまっており読みやすかったものをリンクさせていただきます)
国を挙げてお酒を追放しようとした背景に、
私自身がアルコールを一切飲まない生活を続けていく上でプラスになるような、
なにかヒントがあるかなーと思ったことがきっかけです。

ですが、米国が1920年から13年の間、禁酒法を実施しようとしたその理由は、
あまりヒントにはなってくれませんでした。
むしろ、ヒントどころか、反面教師というか・・・
以前、飲酒主義者(?依存症とも言う?笑)だった自分が、
飲酒を否定することに対して持っていた反感が、ありありと思い出されました。

だいたい、私は人に指図されるのもするのも好きではないのです。
だから、「お酒は悪」とか「酒飲みはだめ」とかいう決め付けもいやだったのです。
いまでも誰かに「飲むな」といわれようものなら、逆に、
飲むほうに反動がでるかもしれません。
(まあ、私もいい大人ですから、今になってそれはないと思いますけれど)

今、不飲生活を気持ちよく続けられているのは、間違いなく、
「自分で決めたことだから」です。
人に言われたのではなく、自分が望んだことだからです。

・・・話がそれました。

一部の有力者・政治家たちに指示されて実現された禁酒法、
それは押さえつけの法律でした。
だからこそ、お酒の闇ルートができ、マフィアがお酒をさばいて、
世の中からお酒はなくなるどころか、法の目をかいくぐっての飲酒が横行したわけです。
民衆の納得からでた決定だったら、こうはならなかったかと思います。

「隠れ飲み」という言葉がありますね。
本人がお酒を飲みたいと思っている以上、どんなに隠そうが、
断酒の自助グループや病院にひっぱっていこうが、
飲みたい人はなんとしてでも飲む、それがお酒ですものね。
結局は、いくら、「健康にいいよ」といわれても、お酒はやめられない。
たばこをやめた人にしてもそうですが、
やはり自分で決めた何か、が必要なんですね。

人は、喜んで自分で決めたことしか、実行しない。
もし、無理強いして実行できたとしても、いつかは別の形で破綻する。

禁酒法の歴史を知ることで、ますます、
「喜んで不飲生活をおくる」ことの大切さを学びました。

読んでくださってありがとうございました。
明日がみなさんにとって、心安らかなよい一日でありますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-06 09:48
体が喜びそうな不飲
こんにちは。

今日は、大雨です。
すべてを洗い流すかのように、雨が激しくふって、雷鳴もとどろいています。
春雷・・・でしょうか。
うちの2にゃんは、どこ吹く風で、寝てます^^。

不飲生活の恩恵について、考えて見ました。
これは、フィンナーになったことで、訪れるかもしれない、
恩恵のオンパレードです072.gif

・肌がきれいになった
・顔の浅じわが消えた
・目が疲れづらくなった
・唇が荒れなくなった
・手の甲が若返った
・最近出てきていた白髪がなくなった
・やせた。体脂肪率も落ちた。
・ぐっすり眠れるようになった
・運動しても疲れづらくなった
・資格の勉強がはかどるようになった
・仕事に意欲的に取り組めるようになった
・ごはんがおいしくなった(味に敏感になった)
・気分の揺れ幅が少なくなった

それぞれ、不飲生活をはじめてからどのくらいで効果が現れるのか、楽しみにしながら毎日をすごそうと思います。

ちなみに、肌と、顔の浅じわ(お化粧で隠れる程度のもの)、手の甲の効果が、
先週あたりから出始めています!!
今、データ採取中です(被験者数n=1ですが)。
他にも効果があったら教えていただければうれしいです。

昔の人は、「健全な肉体に健全な精神が宿る」という名言を残しました。
それを信じています。

それでは、また明日がよい一日になりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-05 02:40
この数十日に得たもの
こんにちは。
今日は、飲酒に一生別れをつげ、フィンナーになってから、
得たものを思い出してます。まだ2ヶ月になってませんが、いろいろ。

なによりも、自分を幸せにすべく、自分の心に問いかける時間。
今まで「まあ、いいや」となっていたことが、一つ一つ、ていねいに
解決されていく喜び。
新たに沸いてくる疑問の数々。
そして、そこから、さらに、自分の家族の幸せを考える時間も。

いままで、酔っていた時間が長く、表面的にしてしまっていたすべてのことに、
ていねいに時間をかけれるようになりました。
お掃除も、料理も、勉強も、仕事も、考える時間も、そして
このごろは睡眠もすこしづつ。

それでも、一日24時間、時間が足りないほどです。
今まで、夕方以降、あるいは仕事が終わってからの、
まさに一日の半分ほどの時間を
アルコールが入った状態ですごしていたわけですから、
とてもちゃんと生活していたとはいえないですね~。
朝までに一応アルコールが抜けて、昼間が過ぎたらまた夜に飲酒。
(実際抜けていたんでしょうか?これも疑問)

そして、ここで知り合った、不飲生活の仲間の方たち。
心強い!そして、みんな気持ちのよい方々。
これも、フィンナーになってなかったら、一生知り合わなかった人々です。

昨年、ついにWHOが、お酒の制限に対する声明を出したということで、
日本もすこしずつ、お酒中心の世界からシフトしてくれればいいなと思います。
去年のわたしだったら、「えー?なにそれ」といいそうなものですが(苦笑)
原文はこちらから。

お酒を飲む人も、飲まない選択をした人も、双方が気持ちよく過ごせる社会なら、
わたしは今はそれで十分です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-04 13:21
飲酒の理由は人それぞれ
今日は私のいる地域は、春一番が強く吹いています。
この勢いで、飲酒欲求もふっとばせ!と意気込んでおります(笑)
週末は、夫がおいしそうにビール&焼酎を飲みますので、
ある意味、毎週末が私にとっての試練であり、一番イラつきやすい時です。
ちらとでも「ビールおいしそう・・・」なんて思わないために、
これから週末は、お酒を徹底的にきらいになるための作戦を繰り広げたい、
とそう思っております!006.gif

まず、手始めに、今週は、お酒好きのタイプ分類!?です。
あなたはなぜお酒を飲んでいたのですか?という問いに、
みなさんならどう答えるでしょうか?

1.お酒の味が好きだから。
2.つらいこと、大変なことをお酒でまぎらわしたいから。
3.がんばった自分にごほうびをあげるために飲む。
4.自分をいじめたいから。自分なんてぼろぼろになってもいいから。

んー、夫なら絶対に1&3と答えるでしょうね。
でも、わたしは、2&3でしたね。
それに20代のころは、4って思ったこともありますね。

なんでこういう質問をしているかというと、
自分の答えた「飲酒の理由」をまず知り、
それを打ち消す方法をみつけようか、と・・・ ハハハハ・・(´▽`)
まあ、わたしも早く楽になりたいと、必死なわけですよ!

まずは、楽しいことだけ考えるようにしてますけど。
脳のどこかで、「お酒=楽しい・リラックス」っていう間違った回路が
まだくすぶってますのでね。

というわけで。
それぞれの理由について、どういう対策で臨もうか?
毎週末、対策本部を設置することとします(笑)。

あんまり、考えてばかりだと、頭でっかちなっても困りますしね。
もう不飲生活が当たり前のものとなってきてるわけですから、
すこし気楽に頭を切り替える時期かと思っています。

今日はサファイアさんシゲさんにならって、夫と1万200歩きました058.gif

みなさんにとって明日が良い一週間のスタートでありますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-03 18:45
揺らがず立ちたい
こんにちは。
週末をいかがおすごしでしょうか?
今日は寒かったですが、少し散歩をしました。
その後、去年植えた芝桜の株をみながら、夫がぽつり。
「こんなに雪が降るほど寒くても、少しずつ緑が濃くなって、元気になってるな。
春が近いってわかってるんだな」
植物は、寒暖に一喜一憂することなく、すこしずつ、すこしずつ
春に向かって今年一年の準備をしているんですね~。

「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根をのばせ、やがて大きな花が咲く。」
山梨学園大学の陸上部監督から、さまざまなアスリートへと受け継がれている言葉だそうです。

お酒に別れを告げ、飲まない・飲まれない生活の確立を目指している誰もが、
下へ下へと根をのばして強く明日に向かって育つ野花のような気がしました。
がんばっても日の目を見ない思い、苦しい冬の思いがあるとしても、
「いや、今自分は、しっかりと根をのばしているところなんだ」、と思えば、
なんだか明るい気持ちになれるような気がしました。
とかく暗い苦しいイメージが、さらにお酒のない不飲生活を難しくする
一因のようにも感じます。
でも、いろいろな方々に知り合っていくうちに、
「いやいや、もう飲まないようにしようと思いながらもずるずるとやめられず、
毎朝後悔することのほうが、ずっと暗くて苦しいイメージだ」
と今なら思えます。
一生懸命、自分をどうにかしてより良くしていこう、もっと幸せになろう、と
がんばる人の姿は、多少の行きつ戻りつがあっても、美しいものだと感じている、
今日この頃です。

冬の芝桜のけなげな姿に、そんなことを思った一日でした。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-02 11:47
ア・ブ・ナ・イ季節
こんにちは。
花粉症とは逆行して、フィンナーになってからの鼻づまりと頭痛が、
ほとんどなくなって調子の良い今日この頃です。
この3月は、まったく不飲生活をまっとうしました。
大学卒業と同時にお酒を飲むようになってから、はじめてのことです。
そのせいか、季節の移り変わりにとても敏感になってるような・・・。

日本では、お花見も間近いですが、それより以前に
歓送迎会まっさかりでしょうね。
わたしはこの1月に職場が大改編になった際、
古い職場の仲間と集まるお酒の席があったのですが、
その時はもちろん!
マルガリータをおかわりして飲んでました。(遠い目で苦笑)

みなさんのブログとかコメント欄では、今は危ない季節との印象を受けます。
つまり、再飲酒の機会ですね。

とはいえ、考えてみました。
一年の中に、危ない季節がどのくらいあるのか、と。

1月 お正月
3月、4月 送別会・歓迎会 お花見
5月、6月 5月病 梅雨
7月、8月、9月 ビアガーデン
9月10月 観楓会
12月 忘年会

ひい~。ほとんど一年中じゃないですか!

と、いうことは、
やっぱりお酒を好きなままでは、春夏秋冬、
誘惑たっぷりの危ない季節ってことですね。
日本の場合、飲んでないと、なんとなーく
疎外感を味わってしまうような職場もあると思いますし。

では、そこを、まったくどこ吹く風で行きすごすためには?
と考えて見ましたら、
んん~~~~~

やっぱり、お酒を嫌いになるしかないかな、と思いましたけれど。
だって、そうじゃないと、1年中、つらいことだらけじゃないでしょうか!
お酒を「毒」だと心底嫌っていれば、それをうれしそうに飲む人々が、
こっけいに見えたり、かわいそうに見えたりするかもしれません。
私の場合、毎週末(今も)、夫がそばでおいしそうにビール飲んでるんですけれど、それをこっけいがったり、かわいそうに思ったりするのも人が悪いので、
ただ、「彼は週末だけ飲めば足りる体、でもわたしはそれができない」
と、思うことで、やりすごしています、今のところ。
夫にもそう言っています。
子供のいない私たちにとって、週末、
「今週もお疲れさま~!」と言ってするささやかな乾杯が、
楽しみの一つでもありました。

だけど、わたしはもう、気付いてしまったので。
お酒の毒。恐ろしさ。
だんなにも、心の中では、正直、
「いつまで週末だけですむかしらね?」と思ってます。
まあ、度がすぎてくれば、賢い彼のこと、きっと、
私がしている不飲生活を一緒に始めることでしょう。
いえ、そうあってほしいものです。

長い一年、春夏秋冬を、
苦しみなく飲酒せずにいられるためにはどうすればよいか。
みなさんはどうお考えでしょうか?
まだ自分の考えだけでは足りないような気もまた、していますので。

今日も読んでいただいてありがとうございました。
それでは、楽しい週末をお過ごしください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-04-01 22:56


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧