<   2011年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧
いびきかいてませんか?
不飲酒生活のご利益シリーズ。

社会人になって、一人暮らしとなり、飲酒が始まってから
ずーっと知らなかったのは自分のいびき。
最近まで、だんな君にずーっと言われていました。
寝ている間だから、コントロールできないのに、ねえ?
すごかったみたいです。
いろいろな女友達と何度も泊まったり、旅行とかしていたときも、
たぶん、ものすごくかいてたんだと思います。
でも、遠慮してだまっててくれたんでしょうね。

特に、寝入りばなは、あたかもナイアガラの滝の轟音のようだったらしいです(恥)
そういうことは男の人って、事細かに説明してくれるんですよね。いらないのに。

それが、最近、ぜんぜんかかなくなったとのこと。
私は鼻アレルギーがあるので、猫と寝ていると、朝方、鼻がつまって
すこしだけかいてしまいますけど、ほんのわずかの時間だとのこと。

何が変わったかというと、
不飲生活をはじめたことだけです。

先日、新婚の友達が、だんなさんにいびきを指摘されて困ってる、という
話をききました。その彼女も、毎日晩酌派です。
アルコールは、末梢血管を拡張して、鼻づまりをおこさせるのですよね。
のどの筋肉も、アルコールの作用で、だらんと弛緩気味になってしまうので、
いびきがひどくなるのも納得です。

ちなみに、これまで、いびき用枕、鼻につけるテープ、
鼻づまり用点鼻薬など試しましたが、どれも効果なしでした。
それが、お酒をやめただけで、その他いろいろに加えて、いびきまで効果あるとは!
ただの治療どころか、お酒代も浮いて、プラスバランスだし。
幸せです001.gif

ところで、彦根に不飲川という川を見つけました。
ご存知でしたか?(「のまずがわ」と読むみたいです)
こんど、是非訪ねる機会があれば行って、不飲生活を続けていられることの感謝と願い事でも紙に書いて、流してみたいです。

d0224773_22581338.jpg

いまいち名前がわからないのですが、キンギョソウ?
今の時期、きれいに咲いています。わたしはこのお花がとても好きです。

今日も読んでくださってありがとうございました。
明日もよき一日となりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-15 23:00
また読めなかったあの本
不飲生活に入ってから、何度かアレン・ー氏の禁酒ラピーを再読しようとしましたが、
今回もまた挫折。
以前、まだがんがん飲んでた頃、二日酔いの頭で手に取った、この本。
(このときは全部読んで、それでも次の日には元のもくあみに戻ってしまって、
これでお酒やめてる人もいっぱいいるのに、お恥ずかしい限り)

お酒を飲まなくなってから読むと、またいろいろ発見がある、ということで、
読みたいのですが、いつも最初でつまずいちゃうんです。
「最後の一杯はまだとっておいてください」、ここでです。

もしこの本が、最後に
「まだ、飲みたいですか?最後の一杯くらい、と思っていませんか?
そんなあなたは、もう一度この本を読み直してください。あるいは、出直してください」
なんてオチになっていたら、読めると思うんですけど。
うーん、あまのじゃく?(苦笑)

もうすこし、お酒との距離が離れに離れて、もう別世界・異次元のものに感じられるようになってから、再チャレンジしてみます。

ところで、これまでの自分の記事を読み返してみると、
けっこう重いのが多いなー。という感想。
まあ、その日その日の正直な想いだから、仕方ないんですけれど。
これから、すこしずつ荷卸しをしていきたいなあ、と思いました。
それでもって、軽快なフットワークで、楽しさ明るさに向かっていきたいです。

今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
週の中盤、楽しくがんばっていきたいですね!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-14 23:38
何度も転んだっていいじゃないか
ひとたび「お酒をやめよう!」と思い立った私たち。
お酒公認の世間、自らが作り上げてきた酒飲み友達、スーパーに並ぶさまざまなお酒、
そんな中で、不飲を持続するのは大変だなあ、いくら楽しくても落とし穴がまだまだ多いなあ、とつくづく思います。

雪国育ちのわたしは、お酒をやめることというのは、なんだか、
スキーやスノボを覚えることみたいだなーと思います。
私はスノボができませんので、スキーに例えて書きますね。

スキー場で華やかにシュプールを描くかっこいい人たちをみて、
「よし、自分もスキーを覚えよう!」って思う。
最初は、スキーをつけて平地を歩くことすら、なんだか不格好で、ばたばた。
何度滑っても転んでしまって、
時には派手に頭からつっこんで転んだりして、ひやっとすること多し。
でも、だんだん、徐々にすこーしずつ、うまくなってきて、
転ばずに滑れる距離が長くなってくる。
斜面にちょっとしたコブやギャップがあっても、うまくスキーを操作できるようになる。
そのうち、よっぽどのことがないと、転ばなくなるのです。
知らず知らずのうちに、転ばないコツを会得したんですね。
どうして転ばなくなったのかと考えても、
「ん・・・っと、どうしてだろうね??でも、なんだか転ばなくなったんだよね」

転ばないと、うまくならないどころか、転んでこその上達ですよね。
そのうち、転びそうになると、うまく体がバランスをとってくれて、
足が雪面にふんばってくれて、転ばないんです。
スキーを一生懸命練習して、ゲレンデに通っている限り、
いつかは必ずうまくなるものです。
「なんだ、転んでばっかりじゃん、やーめた、スキーなんて」とならない限り。
山に通い続けることが、一番大切なことなのだと思います。

だから、不飲や断酒だって、なんども転んだっていいじゃないか。と私は思います。
こんなことを書くと、飲酒者が身近にいて、
酒害をこうむって苦しんでいらっしゃる方の中には
「なんども転んでもいいなんて。何考えてるの!?」
と憤られる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、以下、正直に想いを書きます。
初心者にスキーを教えるとして、転ぶたびに叱って、上達するとは思えません。
転んだ時の痛さは、本人が一番味わっています。
転んだときに、「もうすこしだったね!」と声をかけられ、笑顔で迎えられたら、
よし、またやってみよう!って気持ちになる。
それでも、いまいち本人にやる気がなくなっている場合、山の頂上で
「もう知らない」と突き放すのも手かもしれません。
転ぼうが、スキーを脱いで足で降りてこようが、本人はなんとかして
降りてくることでしょう。
それすらしようとしない人は、スキーをいやいややっているだけ。
スキーがうまくなりたい!っていう本人の心からの気持ちがないと、
なにやっても、だめなのではないか、と思います。

お酒をのまずに、不飲生活を続けていらっしゃる人たちの楽しそうな姿は、
急斜面でも深雪でも、楽しそうにシュプールを描くベテランスキーヤーのよう。
「ああ、スキーうまく滑れるようになりたい」って思った時から、それとも、
「ああ、お酒をやめたい」って思った時から、
もう、すでに明るいすべてがはじまってる!

ちょっとでも、スキー、じゃなかった、不飲生活の楽しさをかじったら、
いつか、めいっぱい飲まない人生の幸せを謳歌する日をめざして、
今日も一緒に練習あるのみ!ですね。
d0224773_21163820.jpg

さすがにユングフラウは滑れないけど、目標は高く058.gif

お読みくださって、ありがとうございました。
明日も最高の一日になりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-13 21:20
お酒より好きなものは?
お酒にきっぱり別れをつげて、飲酒なしの不飲生活をずーっと送っている先輩たちの、
「飲まなくなってから、○○する楽しみを覚えた」
「お酒なんかより、○○の方がずっと楽しい」という話を読んだり聞いたりします。
それは、ウォーキングだったり、つりだったり、山登りだったり、お料理だったり、
読書だったり、自転車だったり、ヨガだったり・・・(以下、略)本当にいろいろ。

さて、しかし。
毎日はおかげさまで楽しくすごしているものの、はて、自分にとって
「飲酒なんかより、○○」なんて胸をはっていえるものって、なんだろう。
答え。まだ見つかっていません。
言ってみれば、頭がいつもクリアだったり、体の調子がよかったり、目覚めが爽快だったり、・・・
といった、毎日のあれこれに支えられています。

飲酒から距離を置き続けるために、
世の中から植えつけられたり自分で作り上げてしまった飲酒の「好」イメージを、
ひとつひとつ、崩しては、否定する。そんな作業も、欠かせません。

だけど。

たとえば恋愛。
「こんな人と一緒にすごしてたら、自分は幸せになれない」
と愛想をつかし、別れることに決める。
別れるのにも、いろいろな想いがあって、すっぱりとは別れられないけど、
結果的に、時間はかかっても、結局別れる。
でも、別れると、孤独がつらくなる。それで、よりをもどしたいな、とか、ちらっと思うたびに
なぜ別れたか、その人の欠点やら、悪い性格などを、あげつらねて思いとどまる。
別れてから毎日思い悩まなくなったから、今のほうが幸せだ、と思いつつも、
時々一人でいることの寂しさに負けそうになる。

そんな時、一番効果的なのが、新しい恋愛!
新しく好きな人ができれば、古い恋人のことなんて、頭から吹っ飛ぶ。
そして、ハッピー。誰でも、そうではないでしょうか?

だから。
やっぱり、飲酒をやめた後、新しい恋愛みたいに、なにか心を躍らせるものが必要!?
と、あせります。

・・・と、ここまで書いて、はたとキーボードを打つ手が止まりました。

恋愛と、飲酒を同等にしてるって、どういうこと~!?

たかがお酒、たかが飲み物、嗜好品という名に正体を隠した、麻薬・毒物です。
そう、たかがエチルアルコール~!
その存在感が自分の中でここまで大きくなってたこと自体が、問題ですね~。
ああ、やれやれ。

私にはやれやれ~とほほ、な週末となりましたが、
みなさまは楽しいナイスな週末を~058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-12 12:45
どんな時も、友達。
昔難破船だった、自分の船(ace丸?)の舵取り方向を変えることにした私。
昨日の記事で決意したとおり、なんでも話せるはずの友を訪ね、顛末を話してきました。

話しながらも、
「やっぱりいいかげんな優柔不断と思われるんじゃ?」
「はやく、今の話の理由をいわなくちゃ」
などと、昔の飲酒時代の自分の影のささやきにおびえたりしましたが、
前もって話を手短にしようとメモ書きしていったのが功を奏し、
なんとか話おえました。

「こんな風で、がっかりさせてしまったら・・・」とわたしがおずおずというと、
それまで真剣な顔でずっと話をきいてくれていた友がいいました。

「がっかりなんてするわけないじゃない。
わたしは、いつでも貴女のこと、理解できるわ。
あなたが下した人生の決断は、すべて支持して、応援するわ。
だって、あなたが一生懸命考えた結論ですもの。
それが変わろうと、うまくいこうと行かなかろうと、関係ないわ。
だって、わたしは、どんな時もあなたの友達だもの。
わたしたち、ほんとの友達だもの!」

つい、涙をみせてしまいました。
うれしくて。
そして、悔しくて悲しくて。
何に悔しかったかというと、これまでの自分のせまさとおびえです。

彼女も涙を流しながら、うなづいていました。

そして、帰り際に、彼女が、
「で、あなたはまだお酒のまないって決めてるの?
そうじゃないなら、今度うちにだんなさんといっしょに来たとき、
なにかいいワインを用意しようと思っているんだけど」
(彼女は機会飲酒者ですが、ワインが好きです)

笑顔で自然に言えました。
「ありがとう、わたしは、健康のため、血圧のためにのまないことに決めてるけど、
あなたたち夫婦とうちのだんなで、遠慮なくどうぞ!
わたしには、お水か炭酸水をおねがいね」

本当は、健康と血圧だけじゃなくて、
今日わたしが彼女からもらったかけがえのないもののためにもね!
人生の酸いも甘いも、すべてをまっとうに謳歌するためにね!
(とは言いませんでしたけど)

人生、やってれば、まだまだ未知のことがたくさんあるものだなあ!
と感動した一日でした。

読んでいただいて、ありがとうございました。
この週末も、みなさまが楽しくすごされますように☆
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-10 21:33
250日。
自分は、不飲生活をはじめてから、まだまだ4ヶ月たらず。
その倍以上も、長く飲まない生活を送っていらっしゃる、
先輩チェリーさんが、今日で、250日目を迎えられました。

1000日断酒が目標とのことで、もうその4分の1です。
すごいです。

一日、一日、ほんとうにほんとうにいろんなことを真摯に考えながら、
歩いてこられた道のり。
その一歩一歩の足跡には、きっと、
重い重い、ひきずるような足跡もあれば、
軽やかな足跡もあったことでしょう。大きなジャンプもあったことでしょう。
決して歩みをとめずに、ここまできたんですね。

これからも、その足跡を見つめながら、私もやっていきます。
今日は陰ながら、私もお祝いさせていただきますね。056.gif
[PR]
by finnerake | 2011-06-10 01:35
これまでお酒に聞いてもらっていた話
当初、新しく目標を定めて、さらにお酒にさよならすることにして、
ずっとエネルギーたっぷりにきましたけれど、
以前書いたようなことで計画を見直さなければいけなくなってから、
周りの人たちにどう伝えるか、ということが課題になっています。
人は、それほど他人のことを気にしてないものですけど、
応援してくれる人たち、というのがいるからです。

まず第一弾は、心から応援してくれていた、今住んでる国にいる親友。
彼女は、私の英語の恩師でもあり、姉のような存在でもあり、
お互い、ほとんどなんでも話せる存在です。
しかしまだ、私が計画を取りやめたことは、知りません。

ほんとだったら、何も臆せず、人に話すことの敷居も高くせず、
正直にそのことを伝えればいいのでしょうが、
私の変な見栄や、
「結局、なにもしない、つまらない、優柔不断な人だと思われたくない」という
変な気持ちも強く働いて、ずっと迷っていました。
それから、私の決心を理解してもらえなかったらどうしよう、という
気持ちもあります。

結局、こんなだから、今までの大人人生ずっと、
お酒が一番の友達になってしまっていたんでしょうね。
人に打ち明けたり、頼ったり、正直になれないから、
毎晩、お酒に聞いてもらっていたのでした。

実際のところ、自分のきょうだいにも、ついでの際に目標取りやめの話をしたのですが、私の価値観は残念ながら理解してもらえなかったようです。
それで、ちょっとずっこけてしまってて。ずっと、悶々としていました。

それでも、昨日今日と、こちらや他の方のブログ上での
みなさんの話を読んでいたら、そろそろ、立ち直れそうです。

少なくとも、自分には、こうして自分の思いを正直に書いたり
読んでいただいたりできる場があることに、感謝しよう。
離れてるけど、同じ目標を胸に、楽しくやってる仲間がたくさんいるじゃないか。

だから、自分の足で歩き、自分が決めた価値観で行こう。
どう思われても、迷惑をかけてなければいい。
これまで自分を支えてくれた人の恩は、いつかきっと、
誰か別の困ってる人に返していくことにしよう。

それと同時に、見えてきたこと。
自分は、否定されたり、大上段から意見を押し付けられることに対して、
非常に(異常なほど)抵抗があり、それを受け流すことができない。という大きな欠点。
これを、なんとかしなければ・・・。

さっき、その友達に電話して、会って話をすることにしました。
思いのほか、友は快く時間を作ってくれました。
(もともと人に絶対借りを作りたくない私、ちょっと気がひけましたが・・・
そんな悪い心の癖は、このさい無視!)

こんな行動、はじめてです。今日会います。
うまく出来るかなあ。
そうそう、防御・好戦的な癖も出ないようにしなくては。
たぶん、ですが、人から否定されることが怖くて、否定される前に打って出る、
というようなことなんだと思うのですが・・・。
ともかく、まずは相手の話を聞こうと思います。

明日、よい報告ができればいいのですが・・・これだけはなんともいえません。
大げさですが、清水の舞台から小ジャンプするくらいの気持ちです(!?)。
今日も、読んでいただいて、ありがとうございました。
皆様が心安らかな一日を送れますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-09 23:48
雰囲気(状況)に流されない
昨日の記事では、いろいろと多岐にわたって、
ためになるご意見ご感想をコメントいただいて、大変参考になりました。
本当にありがとうございました。
(次の目標が決まり、貯金がたまりましたら、是非、日本語の使えるネット端末に
買い変えることに気持ちが決まりました。)

さて・・・今朝ものっけからさんさんと太陽がふりそそいでいます。
予報では34~5度となっていますが、
朝7時半の段階で外のデッキで朝活をしているとすでに、
それはもう自然と汗がわきでてくる蒸し暑さ。
本格的な夏到来ですねー。

そんな暑い外にいると、「ああ、のどが渇いた~」となりますが
次に思い浮かべる飲み物、それが自分はまだ、麦酒、そうビールだったりします。
最近ではかなり、半分くらいの確率に減って、
かわりに、冷たい麦茶だったり、レモン炭酸が出てくるようにはなったのですが・・・。
まだまだ、イメージをアルコール飲料に変換する脳内の神経ニューロンがなくなってないのです。
そのたびに、そのニューロンを一生懸命やっつけようと躍起になってるのですが。
「のど渇いた」→「麦酒のイメージ」(速攻で横線を引き、消去) →「麦
あるいは、
「のど渇いた」→「レモンサワー(チュウハイ)」 →「レモン炭酸水
というふうに。

暑い、夏だ、汗が出る、太陽かんかん照りの夏の日。
夜、寝る前に、家でのゆったりした時間。
家事を忙しくこなし、台所に一人立って、夕食を作る、忙しくあわただしい雰囲気。
仕事場で、誰かをお祝いする時。

頭の中に何が浮かぶか?

周りのテレビCMやネット上の広告が、なにを言っていようと、
職場の人々が、その席でなにを用意し、手にしようと、自分は自分の選択をします。
自分はフィンナーだから。(断酒者という言葉がどうしても苦手な私、
アルコールを飲まない人生を送る人のことをいってます)

自分のたった一つの身体を、これ以上エチルアルコール毒に侵させないために。
せっかく再起不能になる前に、気付けたから。

暑いときには、冷たい水・お茶。スポーツ飲料やジュース。
ゆったりしたいときには、あたたかいお茶・ハーブティやミルク。
夕食の準備をしながら、楽しく音楽やラジオを聴く。
お酒をのむ口実に、お祝いを使わない。
祝いの席なら、お祝いされる人との会話を皆と楽しみ、心からお祝いする。
こういうことで、自分はしっかりと歩いていきたいと思います。

今日の朝活では、きゅうりの苗をすこし大き目のポットに植え替え、
三つ葉の種も蒔き、植物に水をやりました。058.gif

木曜日も、きっとよい一日でありますように。
今日も読んでくださって、本当にありがとうございました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-08 23:00
どんなモバイル使ってますか
今日はぜんぜん不飲生活の話と関係ないんですが。
先日、旅行に出かけた際、わたしたちは小さなノートブックを持っていきました。
ありがたいことに、たいていのホテルにWiFiがあるので、
それでネットで観光情報を仕入れたり、メールチェックしたり、ネットしたり。

ところが、昨日、妊娠中の同僚が
「ちょっと、赤ちゃんの写真みせてあげるね!」
といって取り出したのはスマートフォン。

内心(え、まだ赤ちゃんおなかにいるのに?)って思いましたけど、
あ、超音波(エコー)の写真ね、と。
で、彼女、ぱぱぱっと指先でフォトのフォルダを選び、
たたたっとたくさんの写真を人差し指一本でスクロールして(めくって)選び、
おなかの中の赤ちゃんの写真をみせてくれました。
まあ、胎内の赤ちゃん写真を見せられても、
「ほら、ここが顔よ!」って言われても、残念ながらかわいいね、とも言えず、
ちょっとリアクションに困りましたけど037.gif

こほん。この記事の要旨はそういうことじゃなくって。
みなさん、どんなモバイル使ってますか?と聞きたかったのです。

彼女のスマートフォンの操作を見てると、なるほど、小さくて早くて簡単だし、
いろんなアプリケーションが入ってて、電話もメールもネットも楽勝そう!
とびっくりしました。話にはきいてたんですけど、
実際に見るのと聞くのでは大違いでした。

海外の携帯では、高い日本製のものでないかぎり、
日本語環境で使えるものがなく、これまで不便でした。
ですが、スマートフォンだと、アップル社のにしても、グーグルのアンドロイドにしても、
国際対応。日本語もへっちゃらです。
これなら、日本とメールのやりとりも携帯でできるし、ブログもアップできるし、
ノートブックよりいいじゃないの?!と思ってしまって。

あとは、月々の使用料金でしょうか。
現在は、月々1000円前後で、けっこう古い形式の携帯電話2台分(一人一台)。
これがどれだけオーバーするかですね。
買ったはいいけど、高いんじゃ、主婦としては許せません(笑)。

みなさんはどんな携帯、あるいはスマートフォンやその他のモバイルで活動されてますか?
もしよかったら、機器音痴の私に教えてください。
お散歩途中の景色を携帯で投稿されてたりするのなんて見ると、うらやましい~

今日も飲酒欲求はなく、明るい日差しのなか、まいた種にお水をやりました。
例年より寒すぎたので、1ヶ月遅れくらいですが、収穫、間に合うでしょうか?

きのうのきゅうりの苗、もうこんなに!
ついでに、桃太郎トマトも、プチトマトも、奥のほうでこんにちはです。
  
  朝日に向かって、元気に伸びていく!
       ↓
d0224773_22432973.jpg


今日もありがとうございました。
明日もよい一日でありますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-07 22:44
人の話を聞けない人
以前、よく家族から言われていた欠点の一つに、
「人の話をじっくり聞けない」「聞いている最中に話の腰を折る」
というのがありました。
あと、たいてい、、まず何も考えずに言葉がでる。
話す前に一呼吸がおけない。
自分では、まったくそんな気なかったのですが。
そこからけんかになることもしばしばでした(あちゃー)。

それが、先日、昨日と、だんな君と、
これからのことや、お互いのことを話していて気がついたのですが、
なんだか、相手の目をみながら、ゆっくりと呼吸しながら、
落ち着いて話が出来そうな感覚が。
これはまったく新しい感覚です。
人に自分の欠点を指摘されても、「確かにそうだなあ」と思えるし、
なにせ、いままでのように、相手に対してのあせりがありません。

何が変わったのか?
不飲生活を数ヶ月前にはじめたことだけです。

つくづく思ったのですが、
お酒を習慣的に連日飲んでいる頭では、思考が早まわり、横滑りします。
結果、常に相手に対して防衛・戦闘体制になっていたんですね。
アルコールだけでなく、幻覚剤と呼ばれる薬物・麻薬のなかには
非常に好戦的になるものもあるわけで、
なにも不思議なことではないのかもしれません。

いつも、相手に対して、頭の中には「自分はどう出ようか?」
という構えの体制しかなくて、
それが今までほとんどすべての行動パターンを作っていたのでしょうね。
相手と会話してるときも、誰かと働いているときも、家族といる時も。
変な話ですが、一緒に観ている人にはおかまいなしに、テレビの内容に文句言う。
これもそうです。

子供時代はもともとのんびり、ゆったり派だった自分が、
どうして変わってしまったのか、不思議でたまらなかったけれど、
環境から受けた、心を歪ませるちょっとした力を、アルコール毒は強大にしてしまう。
お酒がなければ、どれだけ、自分の力で直すことのできた歪みだったか。

だから、これから直していきます。
ずっと長い間出来なかった、ゆったりした呼吸をしながら。
「誰も、なにも、自分に向かってくる存在ではないんだ。
自分が生きているのと同じく、ただそこにいる、生きてる。
ただ、キャッチボールをしていけばいいんだ」って。
人だけではありませんね。環境も、すべて。

向かい風が吹いてくれば、それを防ごうと、自然と人は額の上に腕をかざす。
まるでそんな風に、見えない何かにむかって、
ずっと今まで防御・戦闘体制をとっていたのですね。

疲れるはずです。そこを見事にアルコール毒につけこまれていました。

↓今朝みたら、お日様の光を受けて、きゅうりの芽が。
d0224773_22302645.jpg


今日も読んでいただいてありがとうございました。
今週がまた、みなさまにとって気持ちよい一週間でありますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-06-06 21:28


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧