<   2011年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧
価値観
最近、ユーチューブなど動画で、昔の映像が結構お手軽に
見れるようになってますよね。

昔、きれいだなー、美しいなーと思っていたのは、
都会のネオンだったり、夜景だったり、
ショーウインドウの流行の服だったり、きれいな女優さんだったり。
私は学生時代に短期間、首都圏で過ごしたことがありますが、
あのころは、自分の故郷なんてくだらない、なんて思って、
中央にあるすべてのものが格好良く見えてて・・・。
人間、一旗あげるには、ここしかない!なんて思って。

そんな時代もあったなあ、と。

アルコールを飲んでいた間も、名声やら、出世やら、
そういう価値観に苦しめられていました。
お酒にはまったのが、社会人になってからですから、
そういった「何が美徳か」の価値観と、人の目と、自分とががんじがらめになり、
そこに常にお酒が介在していたことになります。
きっと、私より早熟な人はもっと早くから、世の中のいろいろなことと価値観で
がんじがらめになって、お酒におぼれる人もあったと思います。

この不飲ライフは、私に、それ以前のまっさらな自分を思い出させてくれているようです。

以前、登校途中に感じた、夏の緑の青さ。
鳥の鳴き声のすがすがしさ。
蒸し暑い空気のなかに感じる、生命感。
一つずつ、思い出しています。

それと共に、あたかも人や周りから植えつけられていたような価値観から
卒業しようとしているのかもしれません。
自分の人生からお酒を排除したのも、世間の価値観とはちょっと違う行動。
そして、それがこんなに心地よいものだと、知り始めています。
ですので、他にも、これまで縛られていた価値観から、自分を解き放つことは、
悪いことじゃないと思っています。

d0224773_8213725.jpg


読んでいただいてありがとうございました。
真夏の一日、生き生きとしたいい日になりますように。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-16 08:13
お盆明けに、200日
日本のニュースを見ていると、お盆後帰省ラッシュの映像がでて、
なんとも季節感ありありです。

そんな中、またうれしいことが。
いつもこのコメント欄や、ご本人のブログでお世話になっている
はまっちさんが、不飲酒200日です。

はまっちさんは、一度150日くらいのところで、
不飲酒を止めたご経験があるとのこと。
150日を一度でもするのもすごいなーと思っていました。
今では、自分のために、したくてしている不飲生活なので、すごいなーというより、
同じ考えで歩けてうれしいなあ、という気持ちです。
今回が200日初めてではないかと思いますが、毎日充実しておられる、
料理上手で、スポーツマンのはまっちさん。
これまでもいつも助けてくださいましたし、楽しいやりとりをさせていただいてきました。
これからも、どうぞよろしくお願い致します。

4年以上続いているみかんさんや、この前200日、300日、
500日をお祝いした各先輩方も、その他の不飲酒仲間のみなさんも、
みんなみんな、日数にかかわらず、生き生きと、人生を歩んでらっしゃいます。
これからも、この絆、よろしくお願い申し上げます。

そろそろお酒とさようならしようかな、と愛想をつき始めた方々も、
どんどん加わって、「自分で決めた不飲酒ライフ」歩んでいけたら最高です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-16 07:47
お盆ですね
お盆ですね。
お仕事もお休みのところが多いのではないでしょうか。

こちらは・・・お盆がなく、親戚家族もなくぽつんと私たちだけ、
そろそろ来週から始まる子供たちの学校の準備、Back to School Saleに
あちこちのデパートが沸き立つ中で、
子供もいないのでゆっくりしずかな週末です。

今日はのんぴりウォーキングかな?
体をうごかして、いい汗かいて、良い週末の締めくくりにします。

こうして、素敵な一日一日の積み重ねが、
時折おとづれる人生の谷へも立ち向かう強さを
培ってくれるのでしょうね。

きゅうりが終わって、そろそろナスの収穫がはじまりそうです。
あと1週間くらいかな?楽しみです。

遊びにきてくださってありがとうございました。
お盆明けも、張り切った明るい一週間になりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-15 02:09
海をこえたゴーヤー
この週末、すばらしいことが!

ゴーヤー君が、はるばる海をこえて、やってきました。
あの、ゴーヤー君一号がです。
きっかけは「抽選にあたった人にゴーヤー送ってあげる」の冗談ぽい一言だったのですが。


d0224773_20562631.jpg


一口たべて、感動の嵐!!!
こんなおいしいピックルスがあるとは!!!

そして、かの有名なマリアさんのクッキー(美味最高~~053.gif
d0224773_211469.jpg


みなさんにも、味転送装置があったら、味わっていただきたいです。

このつながりは、バーチャルでも架空でもない、リアルです。
心を正直に伝え合い、誰かのために喜んだり胸を痛めたりする。
たしかにネットにはいろいろあるでしょうが、それはまた別の次元のこと。
この、文明の利器を使わせてもらって、良いものが世界を結んでいってほしい、
そんな明るい世界の将来を、切に願います。

シゲちゃんさんとマリアさんに、大、大、大感謝。

いっただきま~す!!!^0^

お読みいただいてありがとうございました。
ほんとうは不飲酒中、断酒中のみんなで一緒にいただきたいです。
明日からまたナイスな一週間になりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-14 21:22
6年前の記録
昨日は早朝から忙しく、夜遅く帰宅して、
ちょっとだけ隙間時間で片づけをしていたら、
なんと、数年前に試みた節酒の記録がでてきました。
日付は、2005年3月となっていて、6年以上前@@
なんで今このタイミングでこの記録が出てくるのか?と思いました。
ちょうど不飲生活があたりまえになって、ふとした隙に
のど元過ぎれば熱さ忘れるにならないためには、
ちょうどよいタイミングかも。

その記録には、節酒と飲酒をくらべて、自分で一生懸命、
考えられるメリットデメリットがつづられていました。

飲酒のメリットには
「職場や人間関係、家でのいやなことが忘れられる」
「リラックス」「食事がおいしくなる、食欲増進」
飲酒のデメリットには
「お金がかかる」「朝調子が悪いことが多い」「体重増加」
「高血圧」「肝臓に負担がかかる」
などと書いてありました。

次、節酒の項です(断酒・禁酒じゃないところに、
お酒をやめたくなかった気持ちがにじみでてます 苦笑)。
節酒のメリットは
「朝寝覚めが良い。体調が良い」「検査結果を気にしないでいられる」
「体重減少」「お金がかからない」などとあり、
節酒のデメリットには
「毎晩飲めなくなり、家で落ち着かない」
「ストレスがたまっていく」
と書かれてありました。

また、飲みたくなる時についても当時の自分は書いていました。
「家族が横でのんでいる時」「不安感」「気分の落ち込み」
「緊張した後」「けんかした時」「腹の立つことがあった時」

そして、締めくくりに、
いろいろな節酒・健康サイトから印刷したものが添えてあって、
アンダーラインや☆印などがついていましたが、
「お酒を飲むとリラックスできるわけではないのです」
「気楽にお酒をやめましょう」とか「宣言して節酒しましょう」など、
どれももっともなのですが、
やはり今の自分の感想を言えば、
「なんか、根本的なものが違う・・・」という一言に尽きます。

ちなみに、飲酒の良い点に
「職場や人間関係、家でのいやなことが忘れられる」
「リラックス」「食事がおいしくなる、食欲増進」
節酒の欠点に
「毎晩飲めなくなり、家で落ち着かない」
「ストレスがたまっていく」
と書いていた、6年前の私へ。

「お酒を飲んでも、いやなことは忘れられないどころか、
その後の憂鬱な気持ちが手伝って、いやなことが倍になる」
「リラックスしてるつもりでも、実際は単に大切な神経や脳が
痛めつけられてなえているだけ」
「体重減少したいのに、食欲増進じゃ、逆」
「毎晩飲むか飲まないか考えなくてすむから、
どうせならまったく飲まないのがお勧め。趣旨一貫がベスト!」
「ストレスは不飲酒したら、逆になくなっていく。飲むか飲まないかを悩むストレス、
飲んで後悔するストレス、やめたいのにやめられないストレスがなくなる。
現実生活のストレスも、考え方が劇的に変わるので、
まったく当たり前に蹴飛ばせるようになる。信じなさい!」

あのころは、いろいろ理由をこねていても、
実際はすでにどっぷり、アルコールの毒にとらわれていた。
抜け出そうとしても抜け出せなかった、6年前の自分。
今、目の前にある、おいしい水を眺めながら、
「なんで薬品を飲みたかったのか、謎だ・・・」と思う自分を見せたい。
6年間、今の生活をしていたら、もっと違っていたかもしれない。

でも、If は言っても意味がない。
もし~たら、じゃなくて、これから~たら、と、
実現可能な今日以降のことを考えようと思いました。

見つけた記録は読んでからどうしたかですって?
ここに書いて記録をとどめましたので、もちろん☆
紙資源ごみ行きです。すっきり~

お読みいただいてありがとうございました。
明日も、暑さに負けずにを楽しみながら、良い一日を058.gif
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-13 22:03
暑いさなかに
日本もまだまだ暑い日が続きますね。
天気予報の温度発表より、アスファルトの上、
街のじりじり照りつける日のもとでは、まさに燃えるような暑さ。

私の住んでる地域でもそうだったのですが、
昨日からふっと気温が下がり、ひと時の快適さを味わっています。
今朝なんて、10℃台。長袖でちょうどいいほどでした。
しかも、なにかふっと秋の気配すら感じました。

秋かあ~、と、感慨深くなりました。
この夏も、はじめて不飲酒ですごす、夏。
汗がここちよく、体は快調で、夏風邪もあっという間に治りました。

そして、秋がやってくると、これもまたはじめての秋。
食べ物もおいしいでしょうし、景色も存分に楽しめそうです。
しらふで^-^
自分が生まれ持った本来の感覚、感情、心の動き。
それらのひとつひとつが、変な薬物の影響を一切受けず、
はじめてみずみずしく味わえているのです。
幸せ・・・・・・

また残暑になれば、じりじりと暑いのでしょうが、
今年から残りの人生、季節の一つ一つ、毎日の一つ一つを、
五感をもって、心から楽しんで生きたいと思います。
d0224773_21171127.jpg

お読みいただいてありがとうございました。
明日もすてきな一日になりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-11 21:18
後ろめたさにさようなら
思えばこれまでの私の飲酒人生は、
後ろめたさの人生と言い換えてもいいような
毎日、すべての瞬間で後ろめたさと戦いながらの、
そんな日々だったような気がします。

毎日飲むビールを買う時、量が半端じゃないので、
お店にいってもなにか後ろめたくて、
なるべく同じところで買わないように、場所を転々としたり。
朝、資源ごみを出す時も、ビールの空缶で一杯のいれものを
ご近所に見られたくない、と後ろめたく思ったり。
アルコールを買うときはレジで身分証明書をチェックされるのですが、
それが恥ずかしかったり。

夕方、最初の一缶を開けるときも、「まだ早いかな」と後ろめたく、
飲みながら「ちょっとペース速すぎかな」と後ろめたく、
飲み終わった後に「飲みすぎた><」と後ろめたく、
寝る時も「結局、夕御飯食べた後、何もできなかった」
夜中も「ああ、肝臓よ、胃腸よ、苦しいね、ごめんなさい」
朝起きると「ゆうべはのみすぎた」
休日に昼間から飲んで、そのまま夕方までねてしまってから起きて、
これまた後ろめたい気持ちでいっぱいになって。
まあ、それはもう、今思い返してみると、そればっかり。

誰に、何に後ろめたかったのかな?と思うんですが、
わかりません。

そんな後ろめたさとも、もうさようならです。
毎日、前向いて、胸張って元気に生きていけます。

今日も読んでいただいて、ありがとうございました。
今晩、明日と、心安寧な時間でありますように。

ちょっと夏風邪ひきました。
でも、大丈夫!不飲酒パワーで、さっさと直しますね^-^b
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-10 07:49
すぐそばにお酒があっても
ここは公的なネットという場なので、誰とはいいませんが、
私はお酒が好きなひとと一緒に住んでいます。
(ご存知ですよね)
以前お酒好きだった私は、そのひとがお酒好きであることが、
とてもうれしかったわけです。
でも、どちらもお酒好きすぎて、いっしょにお酒をくみかわす、
というよりは、最初の乾杯だけして、後は各自、ぐいぐい飲む、という
そんな感じでした。
一緒に飲むことより、お酒を飲むきっかけを一緒に作っていたんですね。

今まで、私は何度も禁酒に失敗した、と書きましたが
横でだれかがおいしそうにビールのふたを開けると、
最初の数日は、体調も悪いこともあり、
「飲んではだめ、飲まないことにしたんだから」と自分をいましめて
飲まないことに成功しても、
だんだん、日とともに、
「私は飲むことを禁じてるんだから・・・でも、おいしそうだなあ・・・ああ、
なんでわたしだけだめなの?別に悪いことをしたわけじゃあるまいし・・・
逆にがんばってるんだから・・・じゃ、一本だけにしよう」となるのが普通(!)
でした。

この、「だめ」「禁ずる」「断ってる」っていうキーワードの数々が、
「私悪いことをしたわけじゃないのに、なんで?」
って言うほうに解釈されていき、結局、不飲を継続できなかったんです。
「私は飲みたいけど、飲んじゃダメ」
「私は飲みたいけど、禁じてる、断ってる」
という気持ちだったから。

今でも、うちの冷蔵庫には、ビールが箱買いされて入っています。
私がやめたら、向こうもやめるかな?と思ってたけど、甘かった。
酒量が減ってるだけで、やめそうにありません。
私はもうお酒は自分は買わない!と宣言したので、
もっぱら、飲みたい人が自分で買ってきているのですが。
その人は、毎日飲んでいた私と違って、
ある時から平日は飲まなくなったのですが(スポーツのトレーニングのため)、
週末になると、まず夕方にビールが開きます。
(ま、人それぞれだから、いいんですけどね)

それがね。むこうは相変わらずでも、私は変わった。
この、2月のなかばから続けられている不飲生活では、
別に「飲んじゃダメ」でも禁じてるわけでもなくって、楽です。
「私は飲みたくないから、飲まないし」
「私は、飲まないですむようになったから、ありがたいし」
という気持ちでいます。
私は飲みたいのに、っていう気持ちは、ほんとの自分の気持ちじゃないので、
いつか必ず消せるものだと思います。
人によって、私みたいに長いことかかってしまう人もいるでしょうし、
医療の力を借りたほうが楽な場合もおおいでしょうけれど。

「私は飲みたいのに」=「アルコール毒がもっと自分を摂取しろ、と洗脳してる」
自分の頭と心と体ですから、何者にも洗脳されたくありませんものね。

さて、私の身近な人ですが、食後は焼酎をロックで何杯もやっています。
それでも、私が一滴も飲まないので、すこしは酒量が減ったかな?ってくらいです。
「酒飲んだ日はゆっくり、ぐっすり寝れるなあ」
という言葉をよく聞きますが、実際は、
大いびきをかき、歯ぎしりをし、何度も寝返りをうち、
とてもぐっすり寝ているようには見えません。
それに、ものすごい朝寝坊になります!(朝11時くらいまで起きてきません)
「平日はどうも寝れないな」というので、お酒をやめたら毎日良く眠れるけど?
といっても、「いや、酒飲んだ時のほうが、寝れる」と言ってます。
客観的には、お酒を飲んだ時のほうが、眠りが浅いんですけどね・・・
それに、飲酒3日、飲まない日4日のサイクルなので、
全般的に体のリズムが狂っていて、ゆっくり寝れなかったり、
疲労感があるのだと思います。

悪いことしたわけじゃないのに、どうして
アルコールの毒につかまっちゃったのでしょうか。
やっぱり、社会そのもののお酒のありかたなんでしょうね。

私は、悪いことをしたわけでもないので、今こうしてやっと、
お酒というエタノール毒を飲まなくてすむようになって、
とっても幸せで、感謝しています。
だけど、やっぱり、冷蔵庫のビールからは、目をそむけるようにしてます。
まだ日にちが浅いですし、知らない間にイメージが脳に刷り込まれたりしたら
いやですからね。

読んでいただいて、ありがとうございました。
明日も良い一日になりますように!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-08 20:58
また明日^-^
昨日、今日と更新できずにおりますが、
しっかり今日を終えて、明日にはまた更新させていただきたいと思います。
いろいろ、自分の周りで、物事が動き出しています。
明るい明日にむけて・・・

自分も遅れず、でもできるだけしっかりとした足取りで、
ついていきたいと思います。001.gif

それでは、明日(日本では今晩?)また!

遊びに来てくださってありがとうございました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-07 23:15
最強のイネイブラー
「イネイブラー」という言葉がありますね。
飲酒者の飲酒を可能にする存在のこと。

enabler=助けてあげるつもりでやったことがかえって
相手のためにならないようなことをする人。
身近な人が悪癖や犯罪に染まっていくのを黙認ないしは放置
している人。 (Personal Dictionary 英辞郎による)

と、なると、
お酒をやめさせようと一生懸命な家族や周りの人々も、
精神安定剤、眠剤をだしながら、アルコールを黙認している医療機関も、
「あの人、アル中だよね~」とか言いながら、見てみぬふりをする同僚も、
みんなイネイブラーということになりますが・・・。

そんなこと言ってたら、おしまいには、お酒を売っている酒屋さん、
コンビニ、スーパーもそうだし(逆に飲酒をほう助しているとも言えるし)
強いてはお酒を公的に認めて高い税金をとり財源としている政府、社会全体は
どうなるんだ!!??
なんて思っちゃいます。

ただ、実際のところは、どうなのでしょう?

家族が「お酒を飲むな」「お酒をやめろ」と言ってお酒を取り上げられる
  →飲酒している本人、止められればとめられるほど、飲みたくなり、
   「うるせー!」と言って大酒、あるいは隠れ飲み
自助グループの仲間が「一緒にがんばろう!」と励ます
  →飲酒欲求が自力でコントロールできない状況では、それをプレッシャーにおもったり、
   「自分の状況ではお酒なしでは無理」といってスリップしてしまう
医師が「あなたの場合、お酒はやめなければ命があぶないですよ」と言う
  →「ふん自分は飲んでるくせに」などと思い、聞く耳もたない

日本政府、社会全体が飲酒にルーズなところはまた別問題として、
上の3つの例には共通点があるのではないでしょうか?
そうです、結局は、飲酒者本人の受け取り方ひとつで、飲酒に向かってる。
飲酒者本人のためをおもってなんらかの行動を起こしている人たちを
イネイブラーとは呼んでどうこう言うより、
まずは飲酒者本人がどう受け取るかですよね。

確かに、人からお酒を止められるほど、不愉快な感情はありません。
だから、その前に、
「私が」「俺が」「あたしが」「ぼくが」「わてが(あれ?笑)」
先取りして、飲酒をやめることにすれば、この不愉快な感情には無縁です!!!
誰からも指図されることなく、相手がどうこうと関係なく、
「自分が」072.gif
飲酒をやめることにするのなら、いいじゃありませんか!

人から「え、断酒?ドクターストップ?」なんて聞かれても、
「いえ、違いますよ。自分で何だかやめたくなって、やめたんですよ。
自分の体ですから。ハハハハハ」
なんて言えたら、かっこいいじゃないですかー058.gif

・・・・・・・・・このところ、以前の、お酒をやめたくてもやめられなかった頃の私のそばに
もし、今の自分自身がいたとして、どういう風に声をかければいいのか、考えてたら、
こんな結論になりました。

最大にして最強のイネイブラーは自分です、はい。

d0224773_21152744.jpg
d0224773_21155064.jpg

あんなに小さな芽だったきゅうりも、こんなに立派に結実しました。
(きゅうりと三つ葉、たっぷりの夏です)














今日もお読みいただいて、ありがとうございました。
自分の中の小さな不飲酒の芽、大きく伸ばしていけますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-08-05 21:18


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧