<   2011年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧
ダイエットもいいけれど
不飲生活になってから本当においしく感じるようになった、
甘いお菓子の数々、そして炭水化物。
お米、パン、ケーキ、お芋。
なんておいしいの!と思う。
(それにくらべて、思い出すお酒の味のなんとまずいことよ!)

でも、それでは太ってしまう、と、控えてるのはいいのですけど、

・・・つまんなーい!!!!!  のです。

だって、教えていただいたおいしいレシピでパンを焼いたり、
ケーキ焼いたり、お店で今日のおやつを探したり、
そういうとっても楽しい、心浮き立つことを全面的に控えているから。

うーん、楽しく明るく不飲酒道を歩くためには、手を打たないと。
運動量を増やして、カロリーを燃焼し、その分食べるか。
それとも、少量ずつ、でもいろいろなものを食べてもいいとするか。
むーーーー。。。
悩み中です。

d0224773_22284888.jpg

(今年うちでとれた赤唐辛子の一部です。きれいなまっかっか。で、ぴりりと辛いです。
冷凍保存で、次の年の収穫まで余裕でもちます。)

ま、時にはこういう楽しい悩みもいいですな。

夕べは雪が降りました。でも、すぐ解けちゃって。
根雪にならない、北米(アラスカ・ロッキー山脈地方以外)の冬です。
雪のように、まっさらな気持ちで、今年を締めくくっていきたいと思います。

日本は暖かいとか!?今のところの暖冬を、お楽しみくださいね。
(一年中あたたかいとこもあるし)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-11-30 22:23
気持ちの変調(追記あり)
どんどん寒くなってきましたね。
しかし!
いつもはなんとなく気持ちが落ち込む冬への季節も、
今年は一味もふた味も違って、新鮮な気持ちでいます。
だって、少女時代以来はじめて、お酒なしで迎える冬なのです。
どんな感動があるか、楽しみで仕方ありません!

気持ちが落ち込むといえば・・・こんなことを考えるようになりました。

私は、時間の許す限り、毎日のように、自分のブログの他に、
いろいろな方々のブログを読みます。
あの人は今日はどうしてるかなあ、調子いいかな、それとも・・・?
そう思いながら、お一人お一人のブログを訪ねるのです。
ちょうど、学校で、友達たち一人ひとりの元気な顔をみて
うれしくなったり安心したりする、そんな感じかもしれません。

そんな生活をつづけてきて、自分的にわかってきたことがあります。
それは、どんなにうまく飲まない生活を続けている人だろうと、
いえ、アルコールをやめるやめないに関係ない人であろうと、
時につけ、折につけ、気分の変調があるってことです。
「あの人はいつも明るく元気だな」「あの人はいつも暗めだな」
なんていう、「この人はこういう人」っていう決め付けで人を見ていた
以前の私の認識は完全に間違ってたってことです。

どんなにエネルギーあふれる人でも、「あれ、最近トーン落ちてる、調子わるい?」
って時があるし、どんなに元気なさそうな、悲観的そうな人でも
「なんだか最近元気そうだな!」っていう時がある。
しかもそれは周期的なんですね。人間って、そういう生き物なんですね。
調子がよくなれば、バリバリやる気も湧いてきて物事を前向きに考えられるようになる。
逆に気分が落ち込んでくれば、なんとなく先行きも見えず、息の詰まる感じになってくる。
そういう周期が、気分の変調が、なんども波のようにやってくる。
それは、きっと、人間だから。

だからこそ、
いったん飲まないと決めたからには、その日から先輩も後輩もないと思うのです。
飲まないってことは、そういう生き方を選択した、っていうことだから、
人の生き方に先輩も後輩もありません。(と私は思います)

誰かが落ち込めば誰か調子のいい人が力になる。そばにいてあげる。
それをブログや実生活を通じて、お互いにやりあっているなあ、と感じるから。

断酒生活、不飲酒生活、呼び方も概念もいろいろあっていいし、違うと思うけれど、
いずれにせよ、それは、自分で決めた、新しい生き方。
新しい生き方を選ぶってことは、エネルギーのいることです。
それだけに、
やめてしばらくたつ人には、やめたばかりの人の悩みが手に取るようによくわかるし、
昨日からお酒をやめた人が、やめて何年もたつ人の背中を支えることもある。
調子のいいサイクルにのってる人が、調子悪い人を応援したり気遣ったりする。
その逆の時は以前応援してもらった人が、今度は気遣う側に回る。

それってきっと、仲間という名の皮をかぶった単なる上下関係(誰が先とか後とか、
期間が長い短い、とか、上から目線のアドバイスだけとか)では
支えきれないものなのだと思います。

自分も、気持ちの高揚してる時、そして逆に停滞してる時を、
やっと素面で受け止めれるようになって来ました。
だからこそ、日々、仲間が必要で、真の心の交流があることで
どんなに自分は救われているかを感じ、感謝のきもちでいっぱいです。

(以下追記)
とはいえ、いつか、それぞれがブログから離れる日もやってくることでしょう。
それでも、人から人へと、こういう場がなくなることなく、心の交流が手渡されていく。
そんな場にネットが使われるなら、素晴らしいと思います。

お読みいただいてありがとうございました。
明日がすごしやすい心躍る一日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
サファイアさん、1000日おめでとうございます。
[PR]
by finnerake | 2011-11-29 22:44
ゆで卵とシクラメン
無事、出張から帰ってきた夫と感謝祭の休日を
いろいろばたばた過ごしています。
とはいえ、彼が出張先から持ち帰ってきた手ごわそうな風邪にも
かからずに済んでいます。
免疫力はお酒を飲まなくなってからホント、アップしました。

今日は、賞味期限の迫っていた卵を、ゆで卵にしました。
そうそう、不飲生活にはいってからいろいろと
素面で生活の知識をキャッチできるようになって、
そのうちのお勧めの一つが、ゆでてから皮がつるっと
数秒でむけるゆで卵のゆで方です。
これは、試してガッテンという番組の再放送をみたのですけど、
ご存知の方も多いかな?
本当にこれを知ってから、ゆで卵作るのがおっくうにならなくなりました。
ちなみに、やり方は、卵をたてにして、ずんぐりしている方を下にして、
そこを軽くキッチンの台、テーブル上に打ちつけて、軽ーくひびをいれる。
これだけです。
ずんぐりしてる側には膜がはってる下に空洞があって、
ひびが入っても中身はもれません。
そして、あとは普通にゆでるだけ。
そうすると、なんとまあ、不思議なことに、皮がとっても楽にむけるのです。
なんでも、むけづらくなる理由が、卵の中の二酸化炭素のせいで、
中身がもれない側にひびを軽くいれることで、そこからCO2がもれ出てくれる。
それで皮がむきやすくなるそうです。
ご存知ない方は、ぜひお試しあれ♪です。

さて、これからお花を見に行く気分なので、シクラメンの鉢でも買ってこようと思います。
私はまだまだフルで働いてないので収入もいまいちで、
贅沢や無駄遣いができる身分ではありませんが、
それでも気持ちが浮き立つこと、心が豊かになるような家作りのために、
ささやかな出費はしようと思っています。

問題は、こちらにシクラメンの鉢をあまり見かけないこと!
見つかるかなあ?

今日も読んでいただいてありがとうございました。
素敵な一週間がはじまりますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
にゃんこさん、250日おめでと!
[PR]
by finnerake | 2011-11-27 23:59
不飲酒道
断酒とか禁酒と言う言葉に、おかしな拒否反応を持ってた自分のことは、
これまでにもなんどか書いてきました。
そんなわけで、ここでは不飲(生活)とかフインナーとか、独特な言葉を使ってますが
それからもっとわかりやすく、不飲酒、と呼び合うようになり、
さらにこちらの方がなんと不飲酒と言う言葉が「ふおんじゅ」として、
あの有名な五戒の中にあると教えてくださって、
古来に、そのようなことが教え・行動指針として説かれていたことに
新鮮な驚きと偶然を感じてました。

さらにさらに!
「不飲酒道」って言葉を聞き、今はこれがとても気に入っています。
これは、この前、あるブログでコメントか何かの中で口にされてた言葉なんです。
これが私の生きる道、という感じで、「これが私の不飲酒道です」と使える。

飲めない。のではなく、飲んだらいけない。でもなく、
飲まない。自分の選択。
自分の人生、自分の生き方、自分で決めようよ。って思います。
やっと、そういう道を歩き出したから。いえ、歩き出せたから。
意志の強さでも、なんでもない。
ただ、「酒」に対する間違ったイメージ、憧憬、幻、まやかしから目が覚めて、
はじめて選択できた道。

そのブログの主、はまっちさんは、今日で初300日です!
(前の記事のコスモさんの100日目に続いて!)
私もまた、彼の数十日後、その背中を見つつ、
同じ不飲酒道を歩いてるのです。

この先も、節目節目で、「よかったね、ここまで無事に歩いてこれて」と、
肩をたたきあい、労をねぎらいあい、幸せを分かち合いながら、
歩いていくのです。

のぞいてくださってありがとうございます。
11月もあと一週間、はりきっていけますように。
ご安全に~!(←これまたはまっちさんより。)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-11-24 00:53
想いはかなう
二日酔いの朝、
あまりの辛さ、情けなさに
「もう、お酒はやめよう。」と決心して、
しかしまた、気がつくと二日酔いの朝を迎え、
「今度こそ、お酒はやめるぞ」と再決心して、
・・・
しかしまた、気がつくと、辛い情けない二日酔いの朝。
「今度こそ、今度こそ!!!」

これを何度も続けた経験があるのは、
自分だけじゃないと思います。

それが、あるとき、どこからか差し込んできた光を
わずかに残っていた自分の一筋の命の感覚が感じ取り、
あるとき、唐突にはじめた、何十回目かのお酒なしの一日。

それが、次の日。そして、また次の日。
なぜだかわからないけれど、つらいけど、
でも、今回は飲まないぞ、と言って、また一日。
あれ、これってもしかして自分の最後に残ってた生命力?なんて思って。

それが、3日になり、
1週間になり、
3週間になり、
1ヶ月、3ヶ月、そして100日。
またさらに、一日一日、大切に味わいながらすごして、
自分の中にずっと閉ざされていた、生きよう!!!という力を感じ始めて。

楽しいことも、大変なことも、びっくりすることも、苦労も幸せも、
ラッキーもアンラッキーも、いつしか一人でなくいろいろな人たちと分かち合いながら、
気付けば、この道をとても気持ちよく歩いている。

そんなふうにして、2月から今日まできました。
きっと、この方も、楽しく同じ道を連れ立ってるな、とうれしくなる。

みんな、気付けば記念日が増えてきました。
すごくないですか!?
想いはかなう。きっと、かなうのですね。

日本は急に寒くなったと聞きました。
お風邪など召しませんよう、また愉しい一日を向かえますように。
読んでくださってありがとうございました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-11-22 23:58
シリーズ隠れ酒 4(終) 隠れ続けて
今回の一連の隠れ酒に関する記憶の記事ですが・・・

自分は楽しいこと、明るいことだけを考えようとしてこれまできました。
けれど、
今はいいとして、この先何があっても飲まないでいられるか、というと
自信があるような、でも根拠がないような、不安定な感じが時にゼロではないので、
(特に機会飲酒の可能性)
ゆるぎない不飲酒道を歩きたくって、こういう苦行をしてみました。
ほんの少し前、夏ごろまでは、思い出したら心がどうしようもなく不安定になって、
自己否定みたいな苦しい感じになっていたのですが、
秋へと入り、おそらくもう、思い出して書き出しても大丈夫なんじゃないか、
そして、人それぞれではあるけど、
今の私自身の不飲生活には必要なんじゃないか、と思い、書きました。


こうして、隠れて飲んでいた記憶を、
恥ずかしかったり苦しかったりする心にあらがって
必死に書いてみると、
一つ新たに思い当たることがあります。

思えば自分は、幼少時代から、
常に、強く、明るく、正しくいなければならない、
という呪縛みたいなものにしばられたまま、ずっと生きてきていました。
親のまえで悩みを言うと、それはあんたが弱いからだ、と言われ、
仕方なく学校で必死に戦うと、お前の強さは人を傷つける、
と先生に叱られました。
ここまでは、子供じみた子供なりの悩みでした。

しかし、この呪縛めいたものが、時を越え、形をかえて、
ずっと私を縛り続けてきたことを、感じています。
「自分はこうだ」じゃなくて「自分はこうあるべきだ」というふうに。
飲まなくなってはじめて、やっと、
自分のことが客観的に見えてきたものですから。
本当は、もっと若いうちに気付くべきことなのでしょうけれど。

当然、100%、そんな強いまっすぐな自分でいられなかったから、
どこかでバランスとらなくちゃいけなかった。
どこかで、がんじがらめの自分を解放してやれる状況が必要だったんでしょう。
だけど、表立って弱音をはいたり、開放したりすることはすべきではない。

だからこその、隠れ酒だったのかもしれない、と。

最初は先輩たちとの飲み会から覚えた社会人1年生の飲酒でしたが、
その後次第に、お酒の罠にはまり、
一人隠れて飲むのは気がとがめながらも、
飲んでいると、その時だけほっとできたのです。
きっと、私にとっての「弱音」、「開放」だったのでしょうか。

そうやって、自分にもつき続けてきた、嘘のあかし。
それこそが隠れ酒だったのかもしれません。
今とても感じます、いったい何から隠れ続けて私は飲んでいたのかと。

しかし、それは単なるはじまりでした。
お酒にはまっていった最初の理由は、人それぞれ違うと思います。
結局その後、さらにどっぷりとアルコールの罠にはまっていったことは、
言うまでもありません。(そこは皆、毒物ですから共通だと思います)

読んでいただいてありがとうございました。
あー、お口直し(?)したい気分です。(笑)
明日からは明るく行きますねー。よい週末になりますように!
d0224773_1424213.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-11-20 01:42
シリーズ隠れ酒 3. ろれつと匂い
おそらく、これを読んでくださってる多くの方がそうであるように、
私もまた、飲んでもまったく顔にでない体質。
だから、どんなに飲んでても、つらっとしていられました。
ですが、ろれつが怪しくなってくるのだけは、どうしようもありませんでした。

なにかをしゃべろうとしても、言葉がすべる。
ちゃんと発音できない。そうしていると、酔ってるのがばれます。
だから、必死で、ゆっくり、はっきり、ろれつの回りやすい単語を選んで。
飲み会の席でも、ものすごく酔ってるって思われたくなかったのです。
なぜかはわかりませんが。

そして、今、飲まなくなってわかるのですが、
自分ではにおわないと思っていても、結構、お酒って、匂うものかと・・・。
特に、同じ車内、同じ部屋の中では特段におうものだと思います。
それなのに、その当時は一生懸命、ガム、ブレスケア、のど飴、うがい薬、等々、
必死ににおいを隠そうとしていました。
あと、酔っ払いすぎて、お酒を床の上にこぼしてしまった時など、
それは大慌てでした。

そうそう、お酒の隠し場所ですが。
以前、篠原涼子さんが主役を熱演されていた、
「溺れる人」という映画を見た際、映画の中では脚色なのか、
結構極端なところ(トイレのタンクの中とか、天井のあたりとか)に
お酒を隠してました。
でも私は実際は、そんな極端なところではなく、
洋服ダンスの奥、とか、普段空けない収納とか。
いえ、それより、買ってきた分全部飲んでたので、あまり隠しておく、
ってことはなかったです。

他にも、いろいろと思い浮かんできます・・・
どんどん、思い出してきます・・・
でも、このくらいにしておきます。
まったく・・・まるで全然知らない誰かの話をしているみたいな気分です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-11-19 09:07
シリーズ隠れ酒 2.隠れ気分でお酒を買う
えいやっ!と一気に恥の上塗りをしています。
もう二度とそこへ戻らない、同じことを繰り返さないつもりですので。

お酒を飲むようになったのは社会人になってからですから、
お酒を自分のお金で買う分には、だれにも遠慮はいらないのでしょうけれど、
私が危惧していたのは、「お店の人にどう見られるか」ということ。
もちろん、同居している家族に秘密にしたい時は、
犬の散歩をしがてら、酒屋さんの自販機で買ったり、
買い物にいってお酒だけバッグに隠して帰っていましたが。
(ああ、これだけでもうがっくり・・・)
結婚してからは、冷蔵庫に常にビールがある状態でしたので、
自分が大量にのんだことを悟られないように、そっと後から同じビールを買って、
足しておいたくらいですけど。(これまた、うう・・・なんとも)

同じコンビニだと、同じ店員さんにレジしてもらうわけで。
毎日ですから、毎回、あちこちコンビニを変えていました。
さらに、スーパーでは、レジの人を、なるべくうるさそうな中年の方をさけ、
若い、気にしてなさそうな、しかも女性より男性を選んでいました。
つねに、女性がお酒を飲む、しかもたくさんお酒を買う、ってことに、
抵抗があったわけです。

逆に、出張先では、そういう苦労は少なかった。
なぜなら、ビジネスホテルにはたいてい、ビールの自販機が
充実しているのが日本だからです。

そして、飲んだお酒の空き缶の処理。
宿泊先では、自分の身元がわかっているので、部屋のゴミ箱は避け、
わざわざ駅のゴミ箱に捨てていました。
また、資源ごみが透明なビニール袋で出されるようになってしまってからは、
ごみステーションに出しに行く時、近所の人に会わないか、ひやひやでした。
うまくゴミ出しできない時は、車であちこち、捨てられる場所を探したこともあります。

はあーあ。(ため息)

読んでくださって、ほんとにありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-11-18 09:07
シリーズ隠れ酒 1.隠れてお酒を飲む
不飲生活がかなり確固たるものとなってきて、
以前あれだけ抵抗のあった
「一生お酒なし」
という人生の決定が、
「やっと縁が切れた、よかった。一生飲まないで済む」
に替わった今。

今年2月の、お酒とさよならするという決心は、
これまでにも何度もしてきた決心。そして、
今まで一度もうまくいかなかった決心。

現在も、お酒をやめたくてもやめられず、苦しんでいる人は多いと思います。
だから、今回うまくいった背景を、昔と今を両方思い出す形で、
掘り下げていきたいと思うのです。

そんなことを思っていた昨今、こちらのブログの記事を読ませていただいて、
また以前ののことがありありとよみがえってきました。
だから、ちょっとまた書きとめてみたいと思います。

シリーズ隠れ酒(苦笑) 1.隠れてお酒を飲む。

あくまでも私の場合ですが・・・。
ともかく、とんでもない時間にお酒を飲みたくなるわけです。
例えば、休日の朝一番から、とか。
仕事が終わって移動の最中とか。
また、酒量が多いので、家で飲むときも、夕方早くから。
あるいは、「まだ飲むんか!」と思われるくらい飲んだりする時。

そんな時、公衆の中、そして、家族に隠れて飲まなくてはなりません。
だって、不自然な飲酒には違いないってわかってましたから。
それでも止められないわけで。

結果、家では、
・冷蔵庫からエプロンなどに隠してそうっとお酒を持ち出し、自室で飲む。
その際、膨らんでるポケットがみつからないように、体をうまく横にむけながら
家族の目の前を通り過ぎるのに気をすりへらしながら。
・飲む場所は、トイレ、自室、車庫、など。
その際、ビールのリングプルがぷしゅっと音を立ててしまうので、
音がもれないように、タオルや服で覆って、細心の注意を払ってあけたり、
同時にトイレの水を流したりして、消音を工夫する。
・缶を開けるおとが気になる時は、ワインなど。その時は、紙コップを用意したり。
・休日の朝、お天気のいい時に、ガレージの戸を空けて、奥から外をながめながら
一人ひっそりビールを飲むのが好きでした・・・。
・「絶対お酒はやめる!」と決心して、全部お酒を処分してしまったのに、
またどうしても飲みたくなると、料理用にかっておいた日本酒やワインを、料理中に
透明でないコップにいれて、他のものを飲んでるみたいな雰囲気で飲む。
・入浴する際に、脱衣所で飲む。飲んだ空き缶は、脱いだ衣服に包んで、自室へ。

そして、家の外では、
・コンビニや売店で、ビールや缶チューハイ(氷結が好きでした・・・)を買い、
空港や駅の待合室では女性がお酒をのむのはみっともないと思い、
トイレの中で。(今考えると信じられない・・・)
しかも、長い時間入っていると他の人に迷惑なので、一気飲みで2、3本。
その後、いつも缶の処理に困っていましたが・・・
(たいていはかばんに隠して持って出て、リサイクルゴミ箱にささっと捨てる)
・列車の中では、缶のデザインを隠すようにして、あたかもジュースを飲んでいるようにして飲む。
・空き缶の捨て場所がないとき、仕事かばんの中に、空き缶からお酒がもれたり、
においが外にしないように、ティッシュを飲み口につめる。

なんだか書いていて、本当に顔から火がでそうです・・・
でも、ここからどうやって変わることができたのか、考えるためにも、
書きつづることとします。

のぞいてくださってありがとうございました。
北海道は雪のたより♪ですね。
今日も素敵な一日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2011-11-17 11:45
不飲酒パワーにびっくり
これまでの人生の中で、必死で机に向かって勉強または仕事した歴史といえば・・・

学生の時の試験勉強の追い込み:たいてい一夜漬け。015.gif
卒業試験など:あんまり勉強せずあせりまくり。泥縄。008.gif
仕事関連の資格勉強、プレゼンなどの準備、等々:
夜にちょっとやっては、疲れたといってビール。お酒。そして、寝てしまう。014.gif
飲むとどうでもよくなる。
そして終わらぬまま、悪循環。能率、質、量ともに悪い。

・・・ああ・・・・なんてだめな私。
なんて、思ってたんですけど。

今回、大量の仕事を、短期間でしかも正確にこなすことを要求され、
引き受けたはいいものの、不安でした。
が!!!
まず、どんなに仕事していても、お酒がまったく入らないので、
仕事を途中にして寝てしまうことがない。
その日の分を切り上げて寝ても、睡眠の質が良いので、短時間の睡眠で十分。
しかも、頭が起きぬけからスッキリ。
不飲生活を楽しんでるクセ(?)がついたのか、仕事を楽しんでがんばれるような気すらする。
別に頭が良くなったわけではないのでしょうけど、集中力はアップしてる。
しかも、本当に疲れた時には、それは体が正直に休憩を要求しているんだと割り切れる。

予定より一日早く終えられたため、仕事内容の確かめもバッチリできました。
日本時間の火曜には終わる予定でしたが、思いがけず、
早く終わった分、次の仕事が入ってしまい、やっと先ほど終了~~♪

今、思うのは、もしこの頭で、社会人になってからずっと過ごしていたら、
もっといい仕事をして来れただろうなあ・・・っていうことです。
いや、本当にそうなのかなあ?
深酒を繰りかえすようになったのは、仕事や日常が本当にストレスだったからなのかも。
それらのストレスを、お酒という間違った方法で解消しようとして、どんどんその罠にはまっていった私。
だから、お酒を飲まなかった過去っていうのはありえなかった。
私の人生にとっては、消せない過去であり、消えない刺青(いれずみ)?みたいなものかも。

今は、お酒にさよならして、初めて見えてきた様々な物事を全身で感じていて、
だからこそ、今、与えられた仕事に心から感謝して、楽しんでできるようになってる。
お酒でごまかせないから、楽しみややりがいを人生に見つけようとして、生きてる。
だから、仕事にも何らかの面白さを感じて、集中できたのかな?
そんなアンテナが、自分の中に育ちつつあるのかな?とうれしくなりました。

お読みいただいてありがとうございました。
そして、励ましてくださって、感謝です!ほんと、励みになりました。
寒くなってきましたが、心は暖かい一日になりますよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

またまた写真アップできなかったけど!
[PR]
by finnerake | 2011-11-16 14:19


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
その他のジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧