<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧
握手
一度書いた記事なんですが、後から思うところがあって、
一部書き直しました。
---------------------キリトリ-----------------------

きょうはちょっと自分に対して覚え書きしたいことがあって、
書き記してます。

1.
「何かのために」「誰かのために」それは結果。
自分が心のままに、一生懸命になにかをして、
それが結果として、誰かやなにかのためになる。
そんなものだと思う。
到底想像もできないプレッシャーや期待があったとしても、
そこを忘れないでいこう。
じゃないと、私のような弱い人間は、ぶれて自分にうそをついてしまう。
もし、誰かのために命を投げ出して守りたいと思ったとしたら、
それはきっと、自分の心が望んでること。
誰かのため、じゃなく、自分の望みなんだろう。
いつも、自分の気持ちと心に正直に向き合うクセをつけなくては、
ぶれてしまう。時間をかけていこう。

2.
握手っていうのは、こちらからだけでなく、
あちらからもお互いに手を差し伸べなければ、できない。
一方的にじゃ、本当の握手じゃない。
お互い自然に手がでて、しっかりと握手する。
そこで心が通い合うんだなあ、と思う。
これもまた、結構深いテーマだな、と思ったりしています。

今日はとりとめのない記事を読んでくださって、感謝です。
今日も、晴れています。
明日も生き生きした一日でありますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-28 00:41
春を探して
今日はひさびさに晴れて、うっすら積もっていた雪も溶け、
気温も10度近かったので、
あったかくしてゆっくりウォーキングに出ました。

というわけで、アメリカ中部の早春の景色を送ります。
d0224773_7503773.jpg
d0224773_7505476.jpg
d0224773_751822.jpg


真ん中の写真の鳥は、ジョギングしたりウォーキングしている最中、
いつも同じ場所で見かける同じ鳥。いまや会うのが楽しみです。
きっと、場所取りをしながら、新しい家族を待ってるのかな?

2時間半かけて、1万7千歩以上歩きました。
やはり、外の空気を吸うのはいいですね。すっかり気持ちが明るくなりました。
木々のつぼみはまだ固いけれど、ゆっくりと春への準備がみてとれました。

のぞいてくださってありがとうございました。
今週も佳い一週間になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-27 07:59
意志の力に勝るもの
2月もあと1週間をきりました。
梅の開花が今年はいまいち遅いそうですが、
やはり春のたよりというのはうれしいものですね~。
そして春といえば、恋の予感。
今でも日本では、春の新色、新しい口紅の軽やかなCMが
街をにぎわせているのでしょうか。

恋をすると、いままで億劫だった早起きも、通勤通学も、
不思議と心浮き立って、楽しくできるようになるから不思議。
今日もあの人と会える!あの人と話せる!メールできる!
って思うと、なんだか寝ているのがもったいなくなるみたい。
そんな不思議な効力がありました。(・・・と私の場合、過去形なのが残念^0^)
今、恋している人、これから恋をする人がうらやましい!!
気持ち自体がまったく新しくなっていて、
あの身体が苦もなくうごく感じ、ときめく感じは、特別。

気持ちがまったく新しくなってるという点では、
この不飲酒生活も、ある意味、同様だと思います。
「やめなければ」「やめたい」とどんなに切実に思っても、
アルコールに破壊され、依存性を植えつけてきたこの身体と頭。
意志の力だけではまずもって、お酒をやめることは無理でした。
長いこと悩み、苦しみ、周りに知らず知らず迷惑もかけてきました。
どんな意志をもってしても、お酒をやめようという固い決心が、
なんともろくはかなく崩れ去ってしまうことか。
それもそのはず、それがエチルアルコールのおそろしい毒性の一つですものね。
病院に行っても、アルコールを遠ざけるため、その場その場の方法は与えてくれるでしょうし、その助けなしでは身体が危ない状態、というのは間違いなくあるけれど、
最後の最後、自分の心がお酒からどうしたら離れられるかは、自分自身で道を探すしかないと思っています。

ですが、自分や、仲間をみて、私は確信に至ろうとしています。
よっぽど軽症じゃない限り、意志でお酒をやめることはまずもって無理だけれど、
気持ちや考え方そのものの転換が、劇的に救いを与えてくれることがあることを。
ちょうど、どんなに力をいれて開けようとしても開かなかったビンのふたが、
ちょっと加熱するだけで、うそのように簡単に開くような、
どんなに押してもびくともしなかったドアを、ちょっと引いただけで開けれたような、
どうしてもはずれなかった知恵の輪が、ひねり方を変えただけで、
難なくはずれてくれたような、そんな感じで。
そして、この確信を、「やっぱりそうだった!」と、いつの日か、
笑顔で語り合う日を楽しみにしています。

春は別れと新しい出会いの季節。
新しい気持ちと考え方を手に入れて、
恐ろしい破壊力と依存性をもつしょうもない毒にはきれいさっぱりお別れして、
楽しくて、楽で、明るくって、おしゃれで、心身ともに輝くような、最高の不飲酒生活に
こんにちは!ですね。

お読みくださってありがとうございました。
2月最後の週末を、心穏やかにおくれますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
日付変わって25日、MARICOさん300日おめでとうございます!

[PR]
by finnerake | 2012-02-24 23:48
人への文句=自分の不幸度
まだまだ理想には及ばないけれど、
すこしずつ自分を好きになってきています。
思いおこせば、
「もうこんな自分どうなったっていい。早くいなくなってしまえばいい。」
という気分でとことんまで泥酔していた昔の私。
それでも、年がたつにつれ、自分ひとりで生きていく術を身につけ、
愛する人もでき、すこしずつ、そんな投げやりな考えはなくなっていきましたが
今でも「自分を大事に」とは思っても、「本当に自分が好きか?」と問われると、
まだまだ自信をもって「はい」とは言えない。

そんな自分でも、ちょっと好きになってきたのは、
「人も周りも変わらないし、人は人、人それぞれ」、という大前提に
やっと立てるようになってきたこと。
ここのところずいぶん、人や周りへの不満、文句が少なくなり、
他人の考え方を認め、尊重できるようになってきています。
それでももちろん完全ではありませんが(^-^)

なんだか、人に不満をいだき文句が生まれること自体、
幸せ感が激減なような気がして。
一見、周りへの不満をつのらせることで、
自分の思い通りにしようとしているようですが、どう考えても真逆。
かえって、不幸感にとらわれていくような気がします。
アルコールが脳から抜けるにつけ、考え方が変化してきて、
やっと、こんな感じです。

だから、逆に、人に文句や不満ばっかり言ってる人をみると、
「ああ、この人はきっと、文句の分だけ不幸な人なのだな」
と、気の毒に感じるようになってきたから不思議です。

それでも、面と向かって感じ悪いことされると、
反射的にむかっときますが。
以前のように”超過剰防衛反応”(笑)は出なくなりました。

これも、不飲生活がもたらした、いい変化の一つです。

お読みいただいて、どうもありがとうございました。
さて、あと1週間で2月も終わり。
今年はうるう年、4年後も笑顔で。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-21 22:35
一年塚-はじめてのMilestone
とりあえず、今日から飲まない!
と、何度目、いえ、何十回目かの挑戦を始めたあの日は、
まさかまさか、自分が一年間、
まったくお酒のない日々をおくる事ができようとは
夢にも思っていませんでした。
そして、一生飲まないことを確信してるとも思いませんでした。

振り返ってみれば、
なんとすがすがしく、そして充実した、涙あり笑いありの、
最高の一年であったことか!!
こんな想いをもって、日々を振り返ることができるなんて、
人生初めての経験です。

私は、飲むか飲まないか、選択するかしないか、の2択だと思ってるので、
あまり日数を数えることに重きをおいてきませんでした。
それに、なんだか、日数を数えることで、いつか意思の弱い自分が
「ああ、こんなに長いこと飲まずにきたんだから、ちょっと休んでもいいだろう」
と思うのが心配でした。
ちょうど、楽しい遠足なんだけど、歩いて歩いて、ああ、疲れたな、一休み、
って思うのが恐かったのです。
だから、歩いてきた日数にはなるべく目をつぶって、
必死にこの先の明るい未来だけを見つめようとしていました。
いわば、みなの記念日を祝いながらも、自分については
アンチ記念日、的な、屈折した?気持ちでした。

そんな私の気持ちが、不飲酒の心の仲間たちのおかげで
「大変化」したことをしみじみと感じさせていただいてます。
というのも、
あるいてきた日数を、一年目にして振り返ると、
「ああ、疲れてきたな」なんて気持ちは微塵も浮かんできません。
そのかわり、これまでのリアルな実生活の一日一日が、
いろいろなブログ・コメントの思い出とともに、
色鮮やかに、にぎやかに、よろこびをもってよみがえってくるのです。
その日数の重さは、疲れを感じさせるのとは逆に、
これからの不飲酒道を歩き続ける自分への大きな後押しになって
力強く私を押し上げてくれているかのよう。

これは、ちょうど、誕生日を祝うようなものなのですね。
一年前生まれた、新しい私。はじめての素晴らしき人生。

ご自分のブログでお祝いしてくださった方々。
コメントでお祝いしてくださった皆様方。心の中でお祝いしてくださった方々。
もう、現実の名前と住所を交換しあった、ネット仲間を越えた友も複数います。
そして、これから新たに同じ道を楽しく肩を並べて歩くだろう人々。
私は幸せ者だと、心の底から、初めてそう言えるようになりました。

大切な家族。友。仲間。
社会が生きやすくなるのも、生きづらくなるのも、
すべてはここが原点だと実感しています。

うまくお礼がいえないのですけれど、
わたしは幸せだ~~~!!!!!不飲酒主義最高!!!!!
みんな愛してるわ~~~!!!

お読みいただいて、ありがとうございました。
皆様に、多くの幸せとラッキーがもたらされますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-19 08:19
私が私にした演説
お酒を取り上げられ、飲酒欲求に苦しみながらも、以前自分が引き起こした酒害を恥じ、
悔やみ、許しを請い、償っていくという、暗く厳しい受刑者のようなお酒断ちの日々。
かたや、楽しく明るい、新しい人生を大切に謳歌する不飲酒・断酒道。
とても対象的です。

考えてみました。
もし、まったくアルコールと人生の認識を変え、生まれ変わった気持ちで、
明るく希望をもって、胸を張って不飲酒道を歩きはじめた人がいたとして、
その人を心から大切に思い愛してくれる人が
「お前がかけた迷惑を忘れるな!」と言うでしょうか。
本当にあなたのことを思ってくれる家族・人なら、
生まれ変わって明るい人生の扉を開き歩き出したことを喜びはすれど、
そんな風には言わないと思います。一緒に新しい道を歩いていくと思います。
私たちの周りの事実がそう語っています。

いつまでも、罪人のように、うつむいて生きていかなければならない、
という考え方は危険です。
本当に生まれ変わることができなくなるからです。

自分がひきおこした酒害を、どういう風に償うのか、ではなく、
どうやって二度と起こさないようにするかのほうが、まずはずっと大事だと思います。

全部、アルコール毒のせいにして、逃げるということではないのです。
それは、自分が完全に変わり、しっかりとした足取りが乱れなくなって初めて、
考えればいいことです。
アルコールという毒薬が悪いのか。
そこから逃れられずに暴れてきた自分が悪いのか。
その答えを、今出す必要がどこにあるのでしょうか。
専門家である医師や薬剤師ですら、その答えは持っていないのではないでしょうか。
もしかしたら、将来、アルコール依存症も、もっと一般的に、
インフルエンザみたいに片付けられるかもしれない。
風邪を引いた時、周りにうつしたりして迷惑をかけても、
インフルエンザにかかってしまったこと自体を責める人はいないでしょう。
「あの時暖かくして外に出なかったからだ」「マスクをかけてなかったからだ」
というのは、また別の議論であるのと一緒です。
この辺の、疾病概念が、将来、あきらかになるであろう学問的事実や
世間の認識とともに、どのように変貌していくのかは
まだ誰にもわかりません。

たしかに酒害は醜い。酒害を受ける側の傷も苦しみも恨みも深い。
だからこそ、まずは過去と、新しい人生を歩みだす今との間に、
本人も、そして酒害を受けた側も、長い空白の時間が必要なのだと痛感します。
そして、その空白の時間を埋めるものこそ、希望であり、明るさであり、
うれしさ、楽しさだと信じています。
まずは当事者すべてが、傷をいやし、強くならなければなりません。
そのために必要なのが、胸を張って大きく新鮮な空気を吸い込んで生きる、
明るい今日一日なのだと思います。

事実は事実。酒害は酒害。毒は毒。
そして、明日は明日なのです。

読んでくださって、本当にありがとうございました。
人として。
この言葉を思う時、胸を張り、希望に満ちた人生を生きることを、
この道の誓いとしたいと心から思います。
素敵な週末になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-17 11:42
いつかみた風景
ここ北米ではこれから始まる2月14日。

年末に何時間もかけて大都市に出かけ、日系の大スーパーで買ってきた
青々とした葉つきのだいこん。
大根菜も使ったのですが、それでも残りの緑があって、
それから大事に育ててきました。
d0224773_22425095.jpg

つぼみがついて、もうすぐ開花です。

この大根、どこかで見た風景の主の今日の特別な日を思って、育てたのでした。

これで1年目。
ここから、ナアナアで新鮮味を欠いて歩くことなんて考えられない。
どんどんよくなる、よくなる、と続けて、
新しい景色を探してこの道を幸せに歩き続けるのでしょう。

同じ大根のつぼみに見えても、
去年これを写真で一緒に眺めていた自分と、
今年、ここで眺めている自分が、まったく違うことに驚く。
そして、なんとうれしいことでしょうか。

それもそのはず、何もせず変わった訳じゃない。
あのオキナワの大根の花が咲いて、
この北米の大根がつぼみをつけるまでの間に、
どれだけのことが、ご夫妻に、自分に、皆に起こったことか。
「泣きなさい~笑いなさい~」という沖縄の歌があるけれど、
泣き、笑い、苦しみ、がんばって、楽しくやってきた。
でも、一度も、がまんしたり、卑屈な気分にはならなかった。
だって、自分で選んだ道だもの。

不飲酒道を歩き始めたら、自分がよくなり、周りがよくなり、
愛する人がより幸せになる。
お二人の第二の新婚生活、1周年おめでとう!
これからもお幸せにね。
そして、これからも末永くよろしく。

のぞいてくださってありがとうございました。
明日から2月後半!はりきっていけますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-14 22:45
なぜか泣きました。
自分がやっとアルコールの毒性に気付いて選択した不飲生活。
長年のアルコール摂取の後遺症ともいえる強い飲酒欲求に打ち勝つため、
なんでも飲酒で解決しようとしてきた過去の自分の中の、
意味のない、狂った回路をやっつけることに集中してきました。

楽しく楽な、明るい不飲酒道ですから、精神的につらくはないんです。
でも、やはり、身体がその狂った回路でお酒を求める時があって、
そんな時、ブログをつけ、そしてそこから出来た仲間に助けられてたきたことで、
他の方々同様、わたしも不飲生活がゆるぎないものになってきています。
だから、このブログを書き続けている限り、
時間が許す時にいろいろな不飲酒・断酒ブログを読ませていただき
ときに楽しく、ときに苦しさに共感して、心の糧にしています。
もうほとんど飲酒欲求は顔をだすことは稀なのですけれどね。

昨日。
いつも楽しく読ませていただいてるブログに、
ごく普通に、いつものように立ち寄ったところ、
そのブログでは珍しく、ご自分の自助グループ参加の経験が書かれていました。
読み進んでいきましたら、

”いままで「酒」と「自分自身」だけを頼って生きてきたんだから。そしてこうなったわけでしょ。

人の輪や、もっと大きなもの、に委ねてみてもいいんじゃないでしょうか。”

・・・・・・・・・。

釘付けになりました。

”いままで「酒」と「自分自身」だけを頼って生きてきたんだから。”

という一節に、涙腺がゆるみ、胸がしめつけられました。
そうだった。自分はなんと孤独だったことか。(周りに人はいたけど。)
酒と自分自身だけにしか頼ることができず、苦しみもがいていた
以前の徹底的に孤独な自分。

そして、その後の
「人の輪やもっと大きなものにゆだねてみても・・・」の一文。
今、ネットを介してだけど(リアルも少しずつ入ってるけど)
自分の周りに確かにある大きなあったかいものを思い、
さらに泣けました。
そして、不思議なことに、その夜(ゆうべ)、とてもリアルな夢をみました。
まるで、私の苦しみの始まりをそのまま再現したような夢。
ですが、夢の中で、私は諦観し、胸をはり、明るい顔をしていました。
驚きました。(具体的でなくてごめんなさい!)

書いたご本人は、以前参加していた自助グループの受け売りと
おっしゃいますが、
彼の想いでもあったからこその一文であり、
そこに涙した人間がいたわけです。
今、これを書いている間にも、また胸がいっぱいになり、
涙がわきあがってきています。


お読みくださって、ありがとうございました。
あしたがよい一日でありますよう。
そして、ありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-12 22:55
静と動 めりはりのある生き方
今は冬。
なかなか外で太陽の光を浴びて活動、とはいかない季節。
そのせいか、気分も滅入りがち。
以前は「ああ、やっぱりがんばっていても気分が滅入るわ、気晴らしに飲もう」
理由が簡単にできたのをいいことに、毎日だらだら、お酒。
アルコールに恐ろしい下向き作用(というかダウン系の薬物作用)があるとも知らず、
アルコールがたっぷり入っているお酒を飲む毎日。

でも気晴らしになんてなるわけなくて、結局、
滅入り気分がどんどん大きくなって、酒量も増大。でした。
あれまあ~~という、めりはりのない、同じ灰色の日々。

思えば、不飲生活に入ってから、新鮮な発見・気付きがたくさんなのですが、
このごろの新しい発見といえば、
自分の気分・体調に、実は静と動があるってこと。
気分を変調させるホルモンが
バランスをとってあれこれと出ていることを思えば当然かもしれないですけれど、
不飲酒する前はほとんどなかった。
あっても、なにか不自然で極端な気分の上下でした。
ポジティブというんじゃなくて、変な意味でaggressive、攻撃的・好戦的というか。
あと落ち込む時は、単なるネガティブじゃなくて、思い切りdepression、うつ。
今にして思えば、そうとう変でした。

ここしばらく静かな時が続いていたら、自然に気持ちが動のほうに動いて、
この2日間、情熱的に春からの計画を立てていました。
待ってても、なにもこないから、自分で動ける分だけは動こう、と。
おかげで気分も気持ちいいです。

人間、静の時、ちょっぴりネガティブの時は、きっとエネルギーを蓄えているんですね。
そして自然な身体のバランスでエネルギーがいいところまでたまれば、
気持ちも身体も自然に動き始めるというものです。
気持ちが上向いている時、動のときばかりが良い状態と誤解されやすいですが、
気持ちが下向きだったり動きがなかったりする状態があってこそ、
疲れすぎずやりすぎず、いいペースを楽しめるのですね。

いままでアルコールのせいでバランスをとれなくなっていたこの身体と心、
これからは、ちゃんと本来誰にでも備わっているはずの生きる力のおかげで、
静と動の間をうまく行き来しながらやっていけそうです。

お読みいただいてありがとうございました。
自分的にはこの一週間は長かったですが、
短く感じた方も、長く感じた方も、お忙しい方も、楽しい週末になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-02-10 22:24
時の流れは絶えずして
日本ブログ村の禁酒・断酒村というのは、
ほんとうに入れ替わりが激しいと思います。
閉鎖・更新どまりのブログも、たくさんありますし。
たいていは、アルコールに対して問題意識をもって、
それと毎日向き合い、飲まない自分をつらぬくために、ひんぱんに更新する。
けれど、人生に永遠がないのは常で、
それはいつまでも続くわけではありませんものね。

不飲酒(断酒)している人のブログが止まってしまう原因っていうのは、
きっと、いくつもあって、

・飲酒しないと誓ったことが、あたりまえになり、のどもと過ぎて熱さを忘れた。
・自分がアルコール依存に関係したとは考えたくなくなった。
・再飲酒してしまい、もとのもくあみになっている。
・何を書いていいのか思い浮かばなくなった。
・・・・・・
なんていう理由もあるかもしれませんが、
きっと更新されていない多くのブログが
「お酒と縁がきれたために生活が充実して、忙しくなって、
いつしかお酒との葛藤が最優先事項ではなくなった」ってことだったら
いいなあ~~と思っています。emoticon-0157-sun.gif
そんな中でも、やり取りし続けていける人たちが
いてくれるなら、いいのだ、と。
それに、一度でも真摯に言葉を交わした方は、
自分の中では永遠のお仲間です。大事に思っていますし、
また将来、交流できるかもしれないですし。

そして、今日も、そしてたぶん明日も、
「お酒をやめたい!」「お酒が苦しいけどやめられない!」
っていう人が、一人、また一人、生まれているはず。
そうやって、仲間の道はこれからも続いていくのだと思います。

私?
酒害の苦しみ・地獄の地から、楽で明るくすばらしい不飲酒道へ
とうやったら無理なく進むことができるか、そのかけ橋が何なのか、
見つけていきたいので、
これからも出来る限り書き続けたいと今は思っています。
きっと、コロンバスの卵みたいに、わかれば「なあんだ!」
ってことなのかも知れないけれど。
d0224773_22561581.jpg


お読みいただいてありがとうございました。
コメントもいつも本当にありがとうございます。
日本は急に暖かくなったそうですね。
春よこい、早く来い。昔から人の心は変わらず、ほっとします。
明日もよい一日を。(明日あさっては更新お休みします)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

追記:私が他の方のコメント欄で書いたことを、ここにも残しておきたいと思います。
わたしも、もともと、仲間って言葉を安易に使うのは苦手です。
なんか、仲間とか安易に使ってるのをみると、むずがゆくなって居心地悪くて、
なんかちゃんちゃらおかしいじゃん、それ?みたいに思ってしまうのです。
ところが・・・その方同様、不飲酒は仲間なしでは考えられませんでした。
それと、こと断酒・不飲酒に関しては、ネットでは考えられないくらい、
皆が真摯に意見しあい、記事を書き、コメントしあっているので、
ことお酒の問題に関しては、私は仲間という言葉を惜しげもなく使いたいと思います。
[PR]
by finnerake | 2012-02-07 00:00


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧