<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ドサ回り終了。
長らく更新できずご無沙汰しておりました。
元気です。
やっと、ほぼ一ヶ月に及ぶドサ回り巡業(?)から帰還。
チームで仕事をしつつ、あちこち転々として、やっと家に帰ってきました。
長かったような、あっという間だったような。
今月一杯で引っ越しのため仕事を変わらねばならず、
その前に最後のひと仕事でした。
一仕事というには、あまりにも長かったですが。
毎日、忙しく、もう必死でした。そして、ラップトップを持っていったのですが、
自分の時間がまったくなかったり、ネットアクセスが出来ない環境だったりして、
とてもブログを更新できる状態ではなく、やっと昨日帰ってきて、
今こうして久しぶりに書き込んでいます。
今の感想:うれしい!に尽きます!
またどうぞよろしくお願い致します。

以前だったら、まちがいなく、忙しさ・大変さを理由に毎夜飲んで、
翌日体調不良で、必ず回りに迷惑をかけていたような気がします。
でも、最初の1週間で強力な風邪をもらい、夜は連日、宿で寝込みながらも、
ちゃんと回復でき、そしてその後は体調と予防に気を使いながら、
無事にすごすことができ、本当に不飲主義でよかったなあ、
やっぱり私には不飲酒道しかないなあ、と実感の嵐でした。
ということで、お酒をすすめられても、さらりと
「私、アルコールが合わない体質なので」と言えるようになりました。
実際、その通りですよね。
アルコールが入ったとたん、酔いの極地まで飲みたくなるのでしょうから。
そして、お酒に罪はなく、アルコールが害あり、と思っています。
だから、ノンアルコール飲料であれば、いろいろなバラエティがあって
いいのでは、とだいぶ考え方が丸くなってきました。
これは、以前毛嫌いしていたノンアルコールビールなども含みます。
まあ、まずいので、私は飲みませんけれどね。
(日本で昨年秋に飲んだオー〇フリーだけは味・値段的に許せますが)
ただ、ビールの味が飲酒欲求に結びついてしまうならば、絶対に
やめた方がいいと思っています。

さて、今日、すでに夫は赴任地へ出発して、私は残って、
不動産屋さんと家の売却へ奔走することになります。
幸い、私の留守中、ほとんど夫が手はずを整え、
家もあちこち手をいれてきれいにしてくれたので、
あとは細かいところと、引越し用意と、家を見学に来た人々や
猫のお世話をするのが私の仕事。
今日はこれから、荷物整理を開始します。

ずっと更新してなかったにもかかわらず、今日こうしてお読みくださって感謝です。
この1ヶ月、これを読んでくださる方々はどんな日々を送っていらしたのでしょうか。
それぞれに、いろいろあった4月だったことと思います。
明日もまた、無事で、安全な一日をおくれますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-04-30 22:32
今日の自分が一番若い!
老若男女、わりと平等にぽんぽん物を言い合う国に住んでいると、
そもそも敬語があまりないからそうなのかな?とも思いますが
確かに英語にもある程度の敬語表現はあるわけで、
言葉の表現云々ではなくって、やはり個々人のマインドが
自信とともにストレートにやりとりされる、そんな社会背景があるのでしょうね。
若い子が祖父母の年齢の人に自信たっぷりに意見を言ってるのと同様、
老人、大人も決して若い人たちに臆することなく、自信たっぷりに話をしているのが
いいなあ、と思います。
30代になったら、「ああ、三十路か・・・」などと落ち込むどころか、
ますます人生を楽しみ出し、中年世代はさらに自信をもって輝いてるし、
シニア世代はますます元気に恋もおしゃれもしてるし、
とにかく年を重ねることを負い目にしない世間のあり方というのは、
気持ちのよいものですね。(もちろんどこにもj例外の人はいるでしょうけれども)

日本でちょっと残念に思うのが、男性、女性ともに、年上になると、
「俺ってオヤジ?」「おくれてる?」「私ってもうおばさん?」
って感じで、年をとることにコンプレックスを感じやすい状況が
社会に作られてるような気がすること。
たかがティーン後半の女の子たちが平気で20代後半以上をおばさん呼ばわりしたり、
若作りをがんばってる年上女性を「痛い」っていったり、
電車のなかで中年のサラリーマンの方をみながら「なにあのオヤジ」とか
言ってたりするのを見聞きしますが、逆に「自分たちだって青臭いガキのくせして」
なんていい返せない雰囲気があるような。
そんなに20代前後の若さってうらやましいもの?
そりゃー、御肌はぴちぴちだし、疲れが顔に出づらいし、しわもないのは
掛け値なしにうらやましいけれど。
特に、そういう時代を、お酒飲んですごした自分は、もったいないことしたなあ、
とはすごーく思ってますけどemoticon-0110-tongueout.gif

けどね。そんなこと考えてる前にですね。
何より、年取るってことは、日々、これまでのどの自分よりも、
確実に経験度がまして、賢くなってるってことだ、と思い出すようにしてます。
アルコールの罠に気付いて、そこから歩く道を劇的に変えた経験も含めてです。
そしてね。
よく言われることだけれど、私はやっぱり、この言葉が大好きなのです。
「今の自分が一番若い」
そう、今晩よりも、明日よりも、これからの人生で今が間違いなく一番若いのです!
だから、この、一番若い今の自分の瞬間を、考えてもどうしようもないことで悩んだり、
二日酔いで死にそうに具合悪い状態ですごしたり、自分の人生にいい影響を与えない
いやな人のことをいろいろ考えたり、過ぎたことを後ろ向きにくやんだりするのって、
もったいないですよね!!
一番若い、今の自分にぴったりなのは、やはり笑って楽しくすごすこと。
健康で、さまざまな愛にあふれて、人のぬくもりの輪の中ですごすこと。
旅の空の下だろうと、一人だろうと、同じ道を歩く方々とコメント欄で語らったり、
楽しくお互いのブログをのぞいたり、今頃がんばってるんだなあ、と勝手に
イメージして想像したりできます。
もちろん、リアルの家族や周りのかかわりを持つ人々との時間も大切にして。

そして大きく息を吸い込んで、
今一番若い自分に、満足してにっこりするのです。

多少の悩みや苦しみは、不飲酒道を歩いてる今、時折の嵐や長雨と同様に、
晴れの時を輝かせてくれる生命力のもとであり、スパイスになりつつあります。
ずっとずっと、そうなればいいな、と心から思ってます。

お読みくださってありがとうございました。
桜吹雪とともに桜の花は散るけれど、青葉が茂り、木の幹はまた、
一年分の年輪を重ねていくのですね。
春夏秋冬、この春の季節が素敵な毎日でありますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-04-18 21:20
病をけちらして外に出よう
お久しぶりの更新になりました。
やっと、もうほんと、やーっと、回復です。
御見舞いの言葉、思いやりをいただいて、ノンアルコール生活とあいまって
治りは早まったと思います。
周りで同じ風邪を引いている人たちは、3週間以上なおらない、なんて言ってますから。
それにしても、苦手な人との一週間のすぐあと、
ある程度の気候の違いと時差のある場所での長期出張、
もっと自分の免疫力を過信せず、防御しておくべきでした。
しかーし!
まだ鼻はぐすぐすし、咳もたまに出ますが、
仕事が終わり何もせずホテルで寝続けた結果、もう大丈夫。
今日は久々の休日、そして晴れましたので、外にウォーキングに出かけようと思います。
まだ「病み上がりだ」とか言ってぐずぐずと部屋の中で一日過ごすこともありなのですが
やはり、外の空気を胸いっぱい吸ってこようと思います。
病み上がりの大事にしなければいけないステージを越えて、
病をけちらしてこようと思います。そのくらいパワーが戻ってきました。

アルコールで傷ついた体、そしてそれ以前から何らかのことで深く傷つき
自分でケアしてやることもなく過ぎてきた心。
自己憐憫ではないのです。憐憫とは、度の過ぎた過保護のことだと思います。
あわれみをかけるのではなく、まっとうにケアしてやる。
そんな、自分自身をいたわる力のことを考えていました。
お酒に逃げない不飲だからこそ備わってきた、新しい力です。

孤独で横たわる一人の部屋のベッドの上。
なにかとても物悲しく、むなしい気持ちがしていましたが、
そのうち、それすらなにか天からの贈り物のような気がしてきました。
自分がこの世をいつか去るときも、一人で旅立つわけですし。
(そのあとに、また虹の橋のところで、先に別れていた愛するものと会ったり、
あの世でたくさんの出会いがあるかもわかりませんけれどね)

孤独の時間は自分とのゆっくりした対話の時間。
そんな気持ちで、今月末まで体調を万全にして、
なんとか乗り切りたいと思います。

お読みくださってありがとうございました。
素敵な日曜、そして週初めになりますように!
この機会にこの画面の向こう側の方々のご健康もお祈りしてます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-04-15 10:18
ひとりレストラン
ただいま、ちょっと長めの出張中です。
4月末まで、断続的に続きます。今月一杯で今の仕事は中断して、
引越しを5-6月にすると思うので、最後の追い込みです。

出張すると、夜、ご飯を食べなければなりません。
それで、たまーにレストランに入ります。
女性一人でも大丈夫そうな、ホテルの近くのところ。
席に座ると、以前は、どのお酒をたのもうか、頭の中は一杯。
そして、食事前に頼んだお酒が、あっというまになくなって、
次のお酒を頼もうかどうか、迷ったりして。
迷うのは、女性一人客で、お酒を2杯目、3杯目と頼むことに、
やっぱり抵抗があるからです(飲むくせに!)
料理を楽しむというより、そんなことでこそこそした気分が勝ってまして。

今は、余裕で、その時の気分にあうソフトドリンクあるいはお水を
堂々と(ここ重要!)頼めます。
そして、メインの食事をなににしようか、楽しく迷うのです。
もし飲み物がなくなっても、堂々と、何回でも頼めます。
(でもお酒ほどすぐになくならないんですよね。不思議なことに)

このごろは、とても、一期一会、そして人とのつながりと言う言葉に
愛しさを感じています。
なので、どこに行っても-出先でも、レストランでも、ホテルでも-
その場所場所で、一粒ずつ、いい種をまいてこようかな、なんて
思うようになってます。

レストランで、昨日はスペイン料理だったのですが、
頼んだスペイン風ポトフが本当においしくって。
ごちそうさま、とてもおいしかったです、の一言を言って。
そうすると、レストランの人も、笑顔で話を返してきてくれて、
「ご旅行/ご出張ですか?」「ええそうなんです」、なんて会話になって、
「じゃ、またこの次こちらにきたら来ますね」なんて感じで
お互いいい気持ちでお店を後にして。

以前はお酒を何回も頼んだことが恥ずかしくて、
早くその場をさささっと去りたくって、あまり話したりなんてできなかった。
出先でも、守衛さんに「おはようございます」ときちんと挨拶する。
すると笑顔とあいさつをお互いに交わせて、気持ちいい!
殺伐とした出張に、血が通ってくるような感じです。人のぬくもりっていうか。
コンビニでお買い物をする時も、アルコールを買わないので、
気持ちよく、ほしいものが買える。そして、笑顔で送られながら店を出る。

いままでなんて後ろめたい気持ちで大きな代償を払いながら、
アルコール毒を体に入れてきたのでしょう。
それから、忘れてたんですけど、一つ思い出しました!
日本のアルコールのCMは、飲んでいるところの画像でまくりですが、
アメリカでは確か、飲んでいるシーンはNGのはず。
そのせいか、お酒を手に談笑している場面はあっても、
実際に飲んでいる場面はCMでみたことがありません。

なんだかとりとめなくなりましたけれど、
うまくいえないんですけれど、
まあとにかく、ノンアル生活って、なんて気持ちがよくって、いいものか、
っていうことですemoticon-0157-sun.gif

日本の美しい桜をめでながら、清冽なお水や、自然のジュースで乾杯、
なんて、あこがれますね。いつかやりたいです。

それでは、美しい桜の休日をお楽しみの方も、
就職活動の方も(私も6月からまたこれです・・・ひー)、
忙しすぎる方も、
すてきな春の一日になりますよう。
お読みいただいてありがとうございました。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-04-08 09:10
可憐な野の花だから
飲まないことをはじめたら、いろいろ変わってきたことがあるけれど、
その中でも、私のそばにいてくれる人たちのタイプが、
飲んでいた頃とは微妙に、少しずつ、違ってきたように思います。
不飲主義にたどり着く前は、私のまわりには、なんというか、
見栄っ張りで、アグレッシブで、野望を持ち、自己中で突っ走るタイプの人が
多かったと思います。上昇志向が強くって、でもそれは自尊心を満足させたり、
傍目からみてかっこよく見えたかったりする虚栄心ゆえの上昇志向で。
そして、それはそのまま、私の姿を映す鏡でもあったのです。

それが、自分で不飲主義を選択しよう!という姿勢を決め、
同時に「楽しい断酒」の仲間たちと出会い、不飲生活がどんどん楽しくなって。
今、周りを見渡すと、わたしのそばには、
・心から信用・信頼して話せる友達(ネット上でもリアルでも)
・見栄をはらない人たち。あるいは、見栄を捨てたひとたち。
・素直で、優しい、人の痛みのわかる人たち。
・人生をあきらめない人たち

そんな人たちが、少しずつ増えて、私の心を、折れそうな時もそっと支えてくれている。
だから、私も同じように、お返しをしたいし、ずっと、共通の接点を大切に、
細く長いおつきあいを大切にしていきたいと思っています。
そういう、私のそばに居てくださる人たちの持つ、真の優しさっていうのは、
自分が広いふところを持ち、強いうでで抱きとめることが出来て、
そして両足でバランスをとってしっかりと大地に足を踏みしめてこそのことだと思う。
そうなるためには、それ相当の、長くつらい苦しみを乗り越えてきたはず。
そう、おとといちょうど不飲酒1周年を迎えた可憐な野の花のようなあの方も、
ご自分のブログにすら書かないけれど、相当長くつらく厳しい冬をたえてきたはずなのです。
野に咲く、可憐な美しい花。だけど、花壇の花と違って、固く渇いたつめたい大地に、
一生懸命根をはって、生き延びてきたはず。だからこそ、本当に美しいのです。
見飽きないのです。そして私たちの心を癒してくれる。

一つ自慢できることがあるとしたら何、と聞かれたら、迷わず、
それは、ここで出会えた、素晴らしい仲間の方たちだ、と自慢します。
そして、その輪は、不飲、不飲酒、断酒、っていう一つの共通テーマを核にして、
どんどん広がっているのだということです。

ののなさん、不飲酒一周年、(ちょっと遅れたけど)おめでとうございます!
ほんとにみんな、魔法のよう。それも、楽しいから、ありのままでいれるから、ですね!

お読みいただいてありがとうございました。
寒かったり、強風だったり。
でも、だからこそ、春が待ち遠しいのですね。
どうか素敵な明日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-04-04 20:25
きっと自分は変われる
小さなチャレンジ・・・この1週間ちょっと、私にとっては
本当に本当に大きなチャレンジであり、5年前のリベンジでした。

端的に結果を書きますと、
第一日目が終わってからの夜中に、以前わずらっていたパニック発作が
出そうになりました。
私の場合、胸痛、息苦しさ、大きな不安感、で、体が動かなくなります。
で、そのまま続くと、胃腸のほうに症状が移ったりするのです。
ですが、
その小さな発作が起こった時、私がしたこと。
まず、皆さんにいただいた言葉の数々を思い出しました。
そして、自律神経を整えるべく、鼻から息をすって、ゆっくり吐くことをくりかえしながら、
「私は大丈夫。不飲酒道を歩いてるから大丈夫。」と言い聞かせました。
すると、信じられないことに、最低15分は続くはずの発作が、5分ほどで楽になって
小さくなっていきました。
起きれるようになったので、もう一回、プリントしておいたコメントを読み返しました。

飲酒欲求は最後の一日が終わって、先方が帰国してから電話で煮え切らないお礼を言われた時。
ちょっと不満もはいった言葉に、がっくり。
そして、冷蔵庫にある夫のビールを見たとき、ふと「一杯だけオバケ(命名By まっしーさん)」が・・・。
しかし、そこは日ごろの変化のたまもの、その横に冷やしておいた自分の炭酸水の缶の
リングプルをぷしゅっとあけ、一杯だけオバケにはスカッと成仏してもらいました(笑)。

お礼の言葉もありません!!!
今回ほど、「きっと、私は不飲酒道で変われる!!」って、強くおもったことはありません。
けしてベストではなく、失敗もたくさんありました。
けど、なんかね・・・自分が変わったのです。
相手を、もうすこし暖かい目で見れるようになってきたのかもしれません。
その瞬間瞬間はむかついちゃって言動が乱れるのはまだまだですが・・・。
何より、5年前の後味と今の後味を比べると、2倍くらいはよくなってるみたいです。
心境その他のこと、改めてまた2,3日したらゆっくり書かせていただきます。
みんなのブログへも、はやく遊びにいきたいです。

お読みくださってありがとうございました。
4月です!
桜の便りとともに、素敵な春の木漏れ日に心が癒されますよう。
もう一度、気持ちでそばにいてくださって、ほんとうにありがとうございました!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-04-02 23:53


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧