「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧
また一つ学ばせてもらいました
前の記事の一件、ほんとうにおせわになりました。
こちらのコメント欄などで、かっかと頭に血の上っている感情的な怒りと、
実際取るべき行動を切り離して冷静に考えることを教えていただきました。
怒りの部分には、やさしく寄り添っていただいたことで、
自分の怒りという感情に罪悪感を感じずにすみました。
飲んでいた頃は、ここでアルコールに逃げていたのですが。
(なぜだかわからないのですが、「自分が悪い」って考えるクセがずっとあって。
これは、だいぶよくなってきたとは思いますが・・・なんというか、こう、
自分を卑下して解決したつもりになる意識というか。)

怒るのはよくないことだから、泣き寝入りしかない、
という方面に行こうとしていたところを、冷静な励ましをいただいて、
自分がとるべきビジネスライクな対応を考えられた。
その結果、だめだめな担当者への問い合わせを今一度、することにし、
今回の問い合わせに対する返答も得られなければ、こちらの都合もあるので、
全キャンセルさせていただく旨を書きました。
その際、その部署の責任者の方へもcc(カーボンコピー)する形でメールしたところ、
なんと~~!!3時間も経たないうちに返事が来て、
さらに丸3日たつかたたないうちに、スピード解決しました!!
本当にありがとうございました!!(涙) これで引越しに間に合います!

まだ、最終書類が届いていないので、最後まで気は抜けませんが、
物事が解決に向かっただけでなく、ともかく大きなことをまた一つ、
学ばせていただきました。
ここに書いて、助けをいただいて、心から感謝しております。

d0224773_9134722.jpg

取り急ぎお礼をと思って記事をアップしました。
明日から業者がきて引越し本番。ネットもなくなりますので、
新天地でネット開通して落ち着くまで、お休みしますが、
毎日毎日、海の向こうの素敵な方々の幸せな日常を、
お祈りしております。
明日が私たち一人ひとりにとって、もっと素敵な一日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-29 09:14
怒りを飲み込まず消したいのに
ここ数日、引越しの傍ら、今後のことで、とある業者とやりとりをしています。
この業者(日本)、ここ数年のおつきあいですが、会社の職員教育が徹底し
ているのか、有能な方が多いのか、いつもてきぱきと気持ちよくやりとりでき、
大変ありがたかったのですが・・・。

あれは昨年のこと。
スタッフの一人からの連絡がひどくとどこおって、連絡が遅れたことに謝意もない。
そして、結果も悪く、こんなのはじめて!とその時はプチむかついたのですが、
それっきりでその担当スタッフとはやり取りが終わり、その後、すっかり忘れていました。

ところが・・・、
(以下、愚痴が入るので、点線内は飛ばしてお読みくださって結構です)
----------------------------------------------------------------
今回のやりとりで、どうもレスポンスが悪く、あれー、珍しいな、
いつもはお互い、さくさく阿吽の呼吸でいくのに、おかしいわ・・・と思っていたら、
なんと例の困ったスタッフが担当であることが判明して、どよーん。

早急な案件なのに、こちらが確認をお願いするメールを送っても、まったく返信なし。
(他のスタッフの方たちは、すべてさくさくと迅速に返信してくれるのですが)
わたしも不飲酒効果で、ちゃんとがまんしていたのですが、
さらに2日間返信がなく放置され、支障がでてはと、さすがに不安になり、
直接こちらから長距離電話しました。(ちなみに、私の方が顧客の立場なんですが・・・苦笑)
そうしたら、返信しなかったことを謝るどころか、「遠方のせいであれかと思って・・・」
(あれかって、なんだ~!!怒 メールに海外も国内も関係ないし)
しかも依頼書にしっかりと銘記してあるにもかかわらず、勝手に勘違いしたらしく、
3つある案件のうち、1つしか着手していなかったことが判明。
しかもまだあやふやな状況。

もー、どうしようか、と思いましたが、わたしも大人だ、不飲酒で精神安定だ、
と思い直し、愛をもって丁寧に、電話のお礼と共に、
仕事しやすいように、案件をまとめてわかりやすく表にしてメールしたのですが、
・・・・・・
今日中にご連絡しますと電話で言っていたのに、結局メールすらなし!!!
また放置されて、さすがに私もどっカーン~!!です!!!

以前なら、間違いなく、本社の責任者にクレームつけてたでしょうね。
でも、それは今の私のポリシーに反します。
案件が3つとも終わるまでは、穏便にするしかありません。
だから、もう一日待ってみます。
待ってみますが、、、
------------------------------------------(愚痴パート終わり。)

この怒り、どうすればいい!?って思っちゃって。

ちなみにわたしは、仕事に関しては、きっちり型で、こまめ、早めの連絡と確認をおこたらないタイプです。しかも、常に人当たりのよさ・低姿勢を心がけています。
だから、こういう、だらしない仕事の仕方をして、さらにそれをぐちぐち言い訳する、さらに謝るということをしらないタイプがどうしても許せません。
(こういう許容力のないところも直したい自分の性格だけれど・・・)

飲み込んだら多分、だめ。後から爆発するから。
その時自分をコントロールする自信は、まだありません。

だからまずは、自分に言い聞かす。世の中、いろいろな人がいる、と。
そして、「幸せのホームページ」を読んでみて、「これは今後のためのレッスンだ」と思い直す。
そうすると、変な行動は起こさないところまで、冷静になれる。
お酒をやめてからは、わりと楽に。

でも、この、怒りという感情だけは、どうすればいいの?
飲み込んだらダメだから、爆発させるか。
でも、爆発させるには相手がいるし。それに経験上、爆発の後には、後味の悪さが待ってるし。

結論。忘れること?
そう思って、昨日今日と、みなさんのブログやそこへのコメントをあちこち読んで、
かなり救われてます。気がまぎれるだけでなく、人生にはもっと、
真剣に考えるべきことや、笑顔で分かち合うことや、
感動する美しきものがあふれてることを、思い出して。
一つの事に固執し、クレームをつけ、不満をふくらませ、怒りをたくわえるなんて、
そんな時間は、人生に一瞬たりとも入り込む隙間のないことを、思い出すのです。

愛ですね、愛すること。
ストレッサー(自分にストレスを与えるもの)への愛は、私はまだ、到底無理。
だから、せめて、人生と愛すべき仲間たちへの愛を、思い出します。
そういうもので、怒りを上書きして、消してしまおう。
もっといい答えがあればいいのだけれど、今はこれしか出来ない私。

お読みいただいて、ありがとうございました。
今日のは本当にしょうもない記事!!でも、今の私の姿。
お礼といってはなんですが、お口直しに、
先日、新天地視察の帰りに機上からとった航空写真を。
d0224773_1330458.jpg

五大湖の一つの上に沈もうとする、美しい夕日です。
明日が今日より良い一日になりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-25 13:35
人生のパートナー
何か打ちひしがれるようなことがあった時。
人生に疲れを感じ、前に進めないとき。
そんな時、ただ、そばにパートナーがいてくれるだけでいいのに。
そんな、大切な存在がほしいのに。

最初は仕事を人生のパートナーに選んで、没頭して。
しかし、そのうちに気付いてしまうのです。
しょせんは仕事も人ありき。自分が愛しても、愛を返してくれるとは限らない。
次第に胸を蝕む孤独感、むなしさ。

結局、自分のパートナーはお酒だ、と決める。
いつも自分によりそってくれる、唯一無二の存在。酒は自分を決してうらぎらない。
そう信じてきたのに、ある日、最初の一滴から裏切られてきたことを知り、愕然とする。
・・・しばし呆然とした後、ふと我に返ったような気がした。

あなたにとって、大切な存在。ソレハ、ナンデスカ?
そう問いかけてみる。

それが、自分の愛する親だという人もいるだろう。
そばにいるかけがえのないペットがパートナーだったりもする。
長年つれそったパートナーを、みつめなおしたりする。

初めてシラフに帰って、生命力をとりもどした時、
想像もできないような、輝く出会いをすることがあるんだろう。
同じ相手に、信じられない気持ちの変化を刻むこともあるのだし。

大切な存在、それはなんですか?
かけがえのない人生のパートナー。
そんなすばらしい相手との出会いが、これからいくつも、きっときっと待っている。
生まれ変わった、光あふれる世界のそこかしこで。

d0224773_1115886.jpg

(この薔薇、今月の花嫁さんに似合いそう^-^)

d0224773_113924.jpg

お読みいただいて、ありがとうございました。
素敵な五月雨月をお過ごしくださいますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-23 11:06
朝までぐっすり
あと2週間ほどで、今の家ともさようならです。
思えば10年近く、本当に素敵な趣きで、毎日癒してくれました。
その中でも、不飲生活してからの昨年の早春からは、
毎日が宝石のようにきらめきながら、ここの家で生活したような、
いい思い出だけが残っています。
もちろん、そうじゃないこともたくさんあったんですけど。
でも、毎日100%逃げないで、大切に生きてきた気がします(大げさかなあ?)
前年までの9年近くがもったいない!けど、
10年全部を無駄にしなかった分、よしとします(^-^)

一晩、一晩、引越しに近づいてるわけなんですが、
毎晩、寝つきもよく、寝覚めもよく、わりとすっきり。
昼間ばかりでなく、夜間も癒されています。
思えば、夜中にトイレに目が覚めなくなったんです!!

飲酒してたころって、毎晩、1時頃に一回、3時頃に一回、
かならず御手洗いに目がさめてしまって。
で、さらに、毎日夜中には、具合が悪くて、胃の辺りをさすりながら、
つらい思いをしていたんですね。
それがまったくないんです。
夜中の具合悪さがなくなってからも、しばらくトイレには起きていて、
「これって加齢!?」などと悲しく思ったものでしたが、
いえいえ。それは違いました。
今は、にゃんずに起こされない限り、朝までぐっすりです。
睡眠の質、深さ、長さ、全て、とても改善されました。

今になって思い当たる、もう一つの不飲酒の効果を書きました。
新しい家でも、またきっと、ぐっすり眠れることだと思います。

お読みくださってありがとうございました。
素敵な5月中旬の週末、日本もこれから花がきれいに咲き誇る頃でしょうね。
気持ちのよい週末をお過ごしになりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-19 08:38
「やめなければ」と「やめたい」の間には
まだまだ身辺がばたばたしておりますが。
「ああ、これもしなくちゃ」「あれもやらなければならないし」
と考えることの多い中で、ふと反省。
「~ねばならない」英語で言えば、すなわちmustとかhave to、
あるいは「~すべき」should ばかりで行動していると、
次第に息が詰まってきます。
アルコールについてもそうでした。「やめなければならない」と思っても、
依存性があるし、ストレスも永遠に続く中、容易にやめられない。
そして自分を責めたり、他から責められたり。
息が詰まり、苦しい毎日でした。

もともと人間って、古来から、生き物本来の生きようとする力で生きてきたもの。
言い換えれば、自然にそなわった生きるための欲で
命をつないできたのだと思います。
おなかがすいたら「食べたい」、疲れたら「休みたい」「眠りたい」、
うれしかったら喜びたいし、悲しかったら泣きたいものなのです。
「食べたい」と思うから、狩をしたり、畑をたがやしたりして働き、
「ゆっくり休みたい」「眠りたい」と思うから、
外敵・雨風・寒さ・暑さなどをしのぐことのできる住まいを探すのですね。
だから生きてこれたのだと。

底なし沼にはまっていた、お酒と言う名のアルコール。
「やめなければ」と無理にやめても、必ず揺り返しが来ました。
私の場合は3日と続きませんでした。
でもそれがいつしか、「やめたい」と変わったとき、
一筋の光が差し込んだのだと思います。
私にとっての底つきがなんだったのか、次第にぼんやりと
輪郭が見えてきていますが、まだはっきりとはしていません。
けれど、いつか「もうこれ以上はいやだ。やめたい」と心から思った。
やめなくては、から、やめたい、に変わったのです。
そして、しばらくの月日を経てどこからか「そうだ、やめよう!」
という声のようなものが心底から響いたのです。

お酒をやめなければならない、ではなくって、やめたい。
アルコールをやめたい。
そう思い始めたら、それは、自分の中に眠る、
本来の「生きる力」が目を覚ましたサイン。
やめた後の自分の姿に思いをはせて、
「飲んではいけない」ではなくって「飲まない」「飲みたくない」

そう変わっていくきっかけがすぐそばまで訪れつつあるのだと思います。

私の場合、「やめたいんだけど」と言いわけしつつ、実は心の奥底で、
やめたくない、あるいはやめなくちゃいけないんだけどやめられない、
と思っていた日々のなんと長かったことか。
心から「やめたい」と思える日が、遅かったけどやっと来てくれて、
本当によかったと思います。
まだ生きる力が残っていたんだなあ、と思います。
これは人間である以上、誰にも備わった力なのだと思います。

上記のようなことを、つらつら思いながら、引越し作業中です。emoticon-0157-sun.gif
ちなみに、アメリカ北東部への引越しとなります。
引っ越す街すら決まっていなかった2~3ヶ月前を思うと、月日の経つのは早いです。

お読みいただいてどうもありがとうございました。
日本の天気予報によれば、すこしずつ暑い日も出てくるとのこと。
健やかな日々をおくられますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-16 01:41
下見に行ってきます
明日からの週末、引越し先の土地に下見などいろいろな所用で行ってきます。
もう現地で働きだしているだんな君と上手に協力して、
なんとか住む家が見つかりますように。

今回、留守にするにあたって、
親しい友人に、思い切って協力を求めることもできました。
絶対に昔のわたしなら無理でしたので、相手に熱い感謝をしつつ、
自分のことも「よく出来たね」と密かにほめてやろうと思います。
最初は助けを求めることに気が回らず、そのことでどうするかもめて、
困りまくっていましたが、思い切って助けを求めて、本当によかったです。
(まだこれからのことですが)

一人、あるいは家族だけではどうしようもないことでも、
外に助けを探すこともまた、新しい発想の転換かもしれませんね。
将来、きっといつか必ず、
助けてくれた人のために何か出来るような状況があれば、うれしいです。
そういう機会が、いつかきっと来ますように。

これまで住んでいた場所より、かなり物価が高めなので、
心して節約もしようと思います。
たぶん週末一杯、ネットできないと思いますが、ここを訪ねてくださる方の、
素敵な週末をお祈りしてます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-11 02:55
変化のかげに
4月の新年度テレビ番組の新編成が出揃いましたね。
私には、お気に入りのキャスターさんが複数いて、
例えばニュース9の大越さん、井上さん、そしてお天気の井田さんという、
知性と暖かさが備わった素敵な面々。(とくに井田さん^-^)
あと、週末のスポーツ番組のキャスターの山岸まいさんがお気に入り。
彼女のすらっとのびた足、素敵な笑顔、スタイリッシュな服装などを見ていると、
こんな素敵なお嬢さんが身内にいたら素敵だろうなあ、とか、
もし私に娘がいたら、将来こんな風な女性に育ってほしいなあ、なんて。
(にゃんこsには無理ですので 笑)
そんな思いをいだきながら、嬉しげに画面をみている私です。
こちらではNHKと古い民放番組をほんのすこししか見れませんので、
本当はもっと素敵な人々が画面を華やかにしているのかもしれませんね。
民放も全部、見たいなあ~~(夢)

でもですね。これは大きな変化なのです。
以前にも書いたかもわかりませんが、ともかく私はずっと、
テレビをみながら文句の多い人間でした。
出演者が気に食わない、ストーリーが気に食わない、
取り上げ方がふざけてる、エトセトラエトセトラ。
それがですね。このごろ、プラスの思いで画面を眺めることの方が、
マイナスの思いで眺めることよりずっと多くなりました。

これって、きっと、本気で人と助け助けられ=助け合い が
出来る人間になりたい、そのために人を信じることのできる人間になりたい、
っていう新しい気持ちが生まれつつあるのと関係あるかも。
たぶん、アルコールと縁が切れたことによって、
自分の精神状態が良い方向に、安定してきたことと
大きな関係があるのだと思うのです。

以前はアルコールの毎日の摂取で、精神状態がとても不安定でした。
いらいらしやすく、悲しく、暗いほうに物事を考えやすく、
うまくいかないことがあると、相手を否定して呑んでいましたから。
でも、不飲生活の中から、次第に気分が落ち着く日々を経験し、
気持ちの安定を感じる毎日を送るうちに、
まったく考え方が逆転してきました。
キライなものを掘り起こして不満を感じることよりも、好きなもの、ときめくものを見つけて
嬉しい気持ち、張り合いを感じることの方が多くなった。
相手の欠点を見て、嫌いになるのではなく、人にも余裕のない時、調子の悪い時が
自分同様あるのだということに、気持ちが行くようになった。
そんな、一つ一つの積み重ねが、いつの間にか大きな変化になりつつあります。
これはきっと、自分だけの変化じゃない。
一緒に不飲酒道を歩いてる方々なら、思い当たる変化なんじゃないかと、
ひそかに思っています。
d0224773_233282.jpg

お読みいただいてありがとうございました。
日本の竜巻のニュース、びっくりしました。
どうぞ明日もご安全にお過ごしください。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-08 02:24
SOSの共通回路
今日はどちらかというと、新たに思わされたことのメモ書きです。

自分は助けを求めるのがものすごく苦手。
それは、自分が信じていた人を信用できなくなる出来事が
いくつかあってから。そしてその時、
自分自身もまた、人に信用されてないということを同時に知ったから。

考えてみれば、
自分は、だれかからSOSをもらったら、真っ向から真剣に、
まごころこめてそれに対応できる人間だと信じていたけど、
ずっと以前に「ボランティア」のことで、気にかかっていたように、
結局、自分自身が誰のことを心底信じることもできず、
助けを人に求められないような人間なのに、
人のSOSを受けとれるわけがないってこと。
きっと、SOSを送る回路と、受け取る回路は一緒だから。

人のSOSを受け取って助けているかのようにみえて、
それが実は自分が忌み嫌っている「上っ面」だったら、いやです。
上っ面は、いずれ露呈するし。
相手を信じてこその、本当の人間関係だと思うし。

もともと人はみんな同等で、助け助けられして生きていくもの。
一人きりで生きれる人なんていない。
人を助けたかったら、人に助けを求められる自分になれ、ってこと。
よりかかるのではなく、必要なことを、必要な時だけ。
そのためには、
人を心から信じることのできる、強さがほしい。
だって、
助けをこばまれても、また自分の足で立ち上がれるような、
そんな強さがあれば、
また、何度でも信じようと思えるから。
相手の弱さも含めて、受け入れられるようになるから。
d0224773_6134491.jpg

人も自分も信じられないと思い始めたころに咲いていたこの花。
あれから長かったなあ・・・。何が悪かったのかはもう過去においたままにしよう。
今の明るさがうれしいです。emoticon-0157-sun.gif

今日はメモ書きでしたが、お読みくださってありがとうございました。
5月はじめての週末、またフレッシュな気持ちで楽しめますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-05 06:16
相談できなかった理由(わけ)
旅先1ヶ月分の荷物をほどくのもそこそこに、
家中をそうじしまくりつつ、楽しく片付けの本を参考にしています。
午前中から午後9時くらいまで、
人が家を見に担当の人とやってくる可能性がありますけれど、
とりあえず家を散らかすことなく、いわば自分のペースで忙しく寝起きしています。
食事はすべて冷蔵庫・冷凍庫の処理メニューですが・・・。

さて。
なんとなーく、今年も日本はGW連休だなあ、去年の5月は
自分もドライドランク状態がでたり、飲酒欲求がけっこうあったりして
まだまだ危なっかしかったなあ、なんて思い出して。
それで、私の長い飲酒歴の中で、「このままじゃまずい」と気付いたのは
結構初期だったにもかかわらず、誰にも相談することなく長い年月がたって、
やっと去年2月の不飲記念日を迎えたのだったなあ、と。

なぜ、ずーっと誰にも相談できなかったのかな?と思う反面、
相談できなくて当然だったかなあ、とも思うのです。
わけを書き出してみますね。

・もともと、人に助けを求めるのが苦手な損な性格。

・何を、誰を信頼していいのかわからない。
(今はこうして相談できる人がいることがありがたい。顔は見えなくっても)

・病院にかかっても、依存症あるいはその予備軍として片付けられて、
お決まりの医師のセリフ、お決まりの処方で片付けられるのも屈辱だと思った。
(こういう風に思っていた時点で、すでに屈折してますが)

・治療されることになったとしても、根本がなくならない限り、意味を感じられない。

・私が相談したいのは、お酒をやめられないことじゃなくって、お酒を飲みたくなる
原因そのものだ。

・人に相談って言ったって、相談したいなあと思える人がいない。

・法律違反の麻薬中毒じゃあるまいし、法で認められてるアルコールによる
病状なのに、飲んだ本人ばかりが責められそうな気がする変な世間の風潮。

お酒は成人個人の責任において飲みましょう、というのに、責任がとれなくなったら、
はい、アルコールの罠にはまったあなたが悪いんです、って言うけれど。
ニコチンとか、アルコールとか依存性のあるものに、責任をもって云々っていうのは、
ちょっとお門違いなのでは?
・・・って、やめた今だから言えるような気がして。
それにしても、もうすこし、
「タバコは発ガン性があるニコチン・タールを含んでいます」みたいな表示同様、
「お酒は強い依存性・毒性があるアルコールを含有しています」という表示を
考えてもらいたいです。前にも書いたけれど、自殺ゲートキーパーの前に、
そういう方面を充実させた方がいいのではないかしら、なんて思います。

今回の長丁場の仕事で、結構な大人数の大学生(主に日本の)と
やりとりする機会があったのですが、
春の宴会シーズンと言うこともあり、毎日深酒、睡眠不足の人が多かった。
そして、死にたいと考えたことがあるという若者も多数いることに、
本当に本当におどろきました。
でも、私もあの年頃の時は・・・確かに似たような感じだったかも。
あまり、誰かに相談できないって言うのも、同じなのかなあ、と思います。
どうか、飲酒の歴史は繰り返されないでほしいです。

お読みくださってありがとうございました。
すてきな5月の幕開けを満喫できますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-05-03 12:30


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧