「ほっ」と。キャンペーン
<   2012年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧
人それぞれのアルコールと回復
さて、と。
今、座っていたおしりについた芝をはらって、芝生から立った気分。

ここのところずーっと、アルコール障害とその回復について考えてきたけれど、突き詰めるほどに、いただいたコメントに気づかされ、教えられてきました。
で、はっきりわかったのはね、あっけないほどあっさりとした事実。

この病気になる経緯も、治るきっかけも、回復の仕方も、まったくもって人それぞれ、と。

何か人生に解決出来ない問題があって、つらくてアルコール常習になる人もいれば、
ただただお酒が好きで、楽しく飲むうちにどんどんはまっていった人もいる。

で、脳や肝臓はじめ、身体がボロボロになるまでこの病気に気づかない人もいれば、
酔った挙句の事故や事件や周囲への迷惑で、病気が発覚する人もいる。
あるいはひどくなる前に自分で早期発見する人もいる。

回復への歩みも、苦しみながら真面目にやめたいともがく人もいれば、
最初からやめたくないけどしぶしぶ止めなくちゃっていう人もいるし、
ずっと病気を認めないままの人もいる。

お酒をやめてからだって、
新鮮な毎日と健康に感謝しながら、楽しい不飲酒生活を送り続ける人もいれば、
やっぱり飲みたい、こんな時に飲めたらいいのに、お酒がだいすきなのに、と、生活に物足りなさを感じながら一生を過ごす人もいる。
いずれ飲んじゃうかも、とおびえてる人もいれば、開き直ってる人もいる。
二度と飲まないと確信してる人もいる。

そして、再び飲んで、もとのもくあみに戻ってしまう人もいれば、
多少の失敗ですんで、そのまま回復に向かう人もいるし、
二度と飲まずに意思をまっとうする人もいる。

なぜ飲まないか、の理由づけも人それぞれで違う。
回復のための各種団体、医療、自助グループ、それぞれが各々の考え方を持っていて、それを私たちそれぞれが選んでるし。

だから、そこに突っ込んでも仕方ないかも。
と、この一年半以上、突っ込み続けたからこそ思いました。

だけどね。
まぎれもなく、自分は今、これっぽっちも我慢の生活じゃない。
喜んで、飲まない選択をしたことに、幸せを感じて生きている。
そこにカギがあると思うんだけど......

今はね、いったん、座ってたところから立ち上がることにする。
新たなる強敵に立ち向かうための、レベル上げの時期にきたんですな。
地道な作業だけど、さくさくコツコツ楽しくやりますわ、レベル上げをね!
しばらくは、ナイスな不飲生活そのものの充実にフォーカス絞ります(^-^)/

お読みいただいてありがとうございます。
それで、その〜、なんなんですが、
やっぱりコメントお返ししたい!そのかわり、コメント欄が以前のように私の長返事で読みづらくならないよう、短くするようくれぐれも心掛けますので。

あと二日で12月。
寒さに身をひきしめつつ、残り少ない秋または初秋を楽しく過ごされますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-11-29 14:05
生きたい!という本能
前々回の記事で、いろいろとコメントをいただいて、それからもずっと考えていました。
まずは、私が言及した記事について、アルコール依存症患者ひとりひとりの個人レベルの問題と、社会問題をわけて考えなければいけないというコメ ントをいただいたことで、それが問題を複雑化しているのだなあとわかってきました。ありがとうございます。

じゃあ、まずは社会問題レベルから考えてみようと思い。
それで、一つみえたことがあります。
確かにアルコール障害、依存症は病気だけれど、ちょっと癌とか膠原病とか脳卒中とかの他の病気とは世間での受け止められ方があまりにも違う。
なぜでしょうか?

たぶん・・・
後者(癌とか)では、まずほとんどの患者さんが共通して、「なおしたい」「この病気で死にたくない」と願い、そのために苦しい治療に耐えたり、生 活習慣を変えたり、努力するものだと思います。患者本人もまわりも、同じ目的に向かって、一生懸命闘うわけです。
ところが、アル症では、そうともいえない。なぜなら、周りを見渡すと、「酒は友、やめられない」「飲めないで生きるより、好きなだけ飲み たい、それのせいでどうなってもかまわない」などという投げやりな人が簡単にみつかります。「体に悪いことはわかってる けど、今飲みたいのだから、それで 多少命が縮んでもかまわないや。どうせこんな人生」などというのが常套句。しかも、それがれっきとした「病気の症状のひとつ、依存症状」なのです。この最重要キーポイントが、 家族や世間にとって理解されづらい。世間では アルコールを悪者ではなく、お酒は人生や人間関係の潤滑油といってはばからない社会なのですから、アルコールではなく、おのずから、患者本人のやる気のない態度(立派な症状なのですが・・・)に怒り が向くわけです。
これがこの病気の色眼鏡の原因になっており、他の病気と社会的な受け止められ方が決定的に違う点の一つということもあると思います。
結局、本人が悪い、飲むのが悪い、とそこに原因が帰着してしまうから、また悪循環になってしまう。

そんな現状の中、お酒が簡単に 手に入るこの世の中で、回復できた人はみな、最終的には自分自身、といいます。
では、
自分自身の何が回復のカギなのでしょうか。
治そうと本気になることでしょうか?

いいえ、上に書いたごとく、自分の意思で治そうと本気で思って治せるものなら、苦労はありません。それができない病気なのです。

では?

私は結局のところは、人に限らず、動物でも植物でもすべての生物にもともとそなわっている本能、
「死にたくない」
「生き延びたい」
という本能を復活させることがカギだとうすう す感じ始めています。
底付きとよくいいますが、この本能が目をさますきっかけが底つきというものであり、人によりそれは程度も内容も違うと思うのです。本能がどのくら いだめになってるかが人によって違いますもの。
「こんなことしてたら、死ぬ」これは誰でもわかってる。
だけど、そこで、「それだけはいやだ!!!」心底、根底から、そう思うか思わないか。アルコールや薬物の深い霧・闇の中で、どうしたらそう思うようになれるの か。自分の生き物としての本能の叫びが復活してくれるのか。

これからは、「生きたいという本能の復活」について、考える日々になりそうです。

こちらではついに雪化粧です。
雪の中、暖かな家の中にいれる、そして窓からまぶしい銀世界をながめられる。
これだけでも幸せを感じる、今年の初冬です。
どなたにとっても、よい11月のしめくくりになりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
現在、先日の記事の後半でお伝えしたような理由で、コメントは書いていただいたままとしておりますが、いただいた一つ一つのコメントを大事に読ませていただいております。

追記:
ののなさんのところで書いてらっしゃいましたが、不飲酒が当たり前になってからの、第2段階、現実の自分や周りの山積する問題との向き合い方は、また別なフェイズですね。
[PR]
by finnerake | 2012-11-26 06:44
苦手なもの・キライなもの(毒注意)
キライなもの!(以下、今日はめずらしく解毒のための書き込みなので、毒吐き失礼いたします!)

裏表のある人。知ってか知らずか、周りの人たち同士の大切なかかわりを、ひとつひとつ切り離そうする人。最悪!!
(逆に、その人がいることで、自分の周りに素敵な人間関係を広げてくれる人は、宝のような友人です。)

教えてもらいっぱなし、困った時だけよりかかってくる、都合のよすぎる自分勝手で恩知らずな人。

常に物事を画策してくる悪い意味での策士。

思いやりのない人。常に自分が一番の人。

周りのせいばかりにして、向上心のかけらもない、努力を放棄した人。
(注・ 絶望してる人とは意味が違います)

他人をだます人。

はあ~~~

こういう人間だけにはなりたくないものです。
人それぞれだと思うけど、みなさんはどんなタイプが苦手なのかなあ。

以前はこれらのものに係わってしまうたび、お酒に逃げていました。
でも、自分ばかり逃げていたから、次の日もとの場所に戻ると、同じものがそこにある。だから延々、エンドレスループでした。
でも、今は!
逃げないことを覚えました。かわりに、これらのものに出会うたび、
1.まず、解決できる対象か、それとも解決不能・自分ではコントロール不能な対象かを見極めます。
2.そして、前者であれば自分のことも柔軟に改めつつ問題に対処します。
3.後者であれば、間違いなく、まずはっきりと一線をひき、距離をはかり、相手に応じてちょうどいい安全な距離のところで待機します。心の距離をとり、冷めた視線を心がけます。

これを心がけ、へたながらも繰り返すことで、ずいぶん人生が楽で希望に満ち溢れたものになってきました。コントロールできないものが、この世の中にはどんなに多いことか!そんなのあたりまえだったのですね。
上記のスキルは日が浅く、まだまだへたですが、これは一生、上達し続けるものだと思っています。

以上、毒吐き失礼いたしました。
読んで下さった方、ごめんなさいね~~~><
まだまだこんなです。お詫びに今回はお一人お一人お礼を申し上げたいです。


さて、今日も胸はって、背すじ伸ばしていってみよう!
さわやかな初冬の一週間が訪れますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
[PR]
by finnerake | 2012-11-19 23:18
考えさせられる記事
考えさせられる記事がありましたので、貼っておきます(記事、のところをクリックするととびます)。最後まで読みましたが、続編が待ち遠しいです。

さて、またスカッといきましょう!
働いてても、休んでいても、いつも全力感、爽快感があるのが、新しい不飲主義の生活がいいな!やめられないな!と感じることの一つです。私はずっと、ここ(飲まない人生)にいることに決めました。
飲まないことから何かが始まる。
よい一週間になりますよう。

お読みいただいてありがとうございます。(^-^)
そして、いつもいろいろと気持ちや考え方を分かち合えるコメント、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
現在、先日の記事の後半でお伝えしたような理由で、コメントは書いていただいたままとしておりますが、いただいた一つ一つのコメントを大事に読ませていただいております。
[PR]
by finnerake | 2012-11-18 01:46
ものも考えよう
木々の落ち葉もどんどん落ちて、冬まっしぐらなこのごろですが、相変わらず不飲生活で気持ちよく過ごしております。特に、ノンアルビールを一切やめてから、頭痛がうそのようになくなりました!

さて。以下はA子さん(仮名)から最近聞いた話です。

A子さんは、あるときから自分の生活が大方お酒にとらわれていると感じ始め、何度も失敗の末、ついに憑き物が落ちたかのように、飲まない生活を謳歌できるようになりました。ポイントは「飲んじゃダメ!」の飲酒禁止の姿勢ではなく、「飲まないでいれば、新しいすばらしい人生がはじまるよ、リセットできるよ」という天使のささやきでした。以降、健康状態も劇的に改善し、毎日シラフで人生を大切に感じれるようになりました。
んが!
A子さんには最愛の夫がおり、でもその夫は酒豪の国出身で、体育会系で、ともかく大酒のみ。それでも、最近は、週末だけの飲酒になって、A子さんの不飲酒にも最初驚いていたものの、いまや協力的です。
しかし、協力的とはいっても、彼自身の飲酒は別の話。冷蔵庫には冷えたビールを常備し、好みの酒を箱買いしています。それを見るのが実はゆううつなA子さんです。彼女自身はそれをみて飲みたいとは露ほども思わないのですが、彼の健康が心配なのです。
先日も、週末に豪快に、届いたばかりの焼酎をロックで飲みまくる夫を残して、A子さんは一人、寝室へと引き上げ、まったりしておりましたところ、ドゴゴッ、がっしゃーん!という大きな物音が聞こえ、その後も誰かがあちこちにぶつかる音が聞こえ、さらに掃除機の音が。しかし、掃除機の音に混じって、なにやらよろけている様子の音が聞こえてきます。異常を察して、A子さんが台所へ行くと、なんと床にガラスが飛び散って、その中をよろけながら夫が掃除機をかけているのですが、酔ってよろけているので、うまくかけられていない様子。しかも、ガラスの破片は、なんとA子さんが長いことお気に入りにして大切にしていたパイレックスの容器の破片でした。
怒りをおさえつつ、危ないので、片づけを手伝ったA子さん。あちこちに飛び散った大きな破片をひろい、掃除機をかけ、さらに床を丁寧に拭きました。よっぽどどなりたくなりましたが、ふと以前の自分を想像し、「これは彼じゃない、アルコールがさせているのだ」と言い聞かせ、言葉をのみこみました。
さらに、彼が足の裏を怪我してないか、チェック。そして、静かに寝室に引き上げました。

次の日も、いつまでたっても彼が夕べのことを謝罪しないので、さすがに「むきゃー!(怒)」とむかつき、話題を蒸し返そうとしたところ、はじめてごめんなさいと謝られたA子さん。様子をみていると、いつになく、いそいそと働き、気を使っている様子のご主人は、夕飯の時間になっても、ビールを開けようとはしませんでした。
「やっとわかってくれたのかも。このまま、俺も飲まないことにする、って言ってくれないかな?」と期待に胸をふくらませたA子さんでしたが、食後、週末のいつもどおり、グラスに氷をたっぷりいれて、焼酎をそそぐ夫の姿に、ため息をつくことに。
「ああ、私は北風と太陽のお日様のように、彼に不飲生活をただせないものかしら」と思うものの、自分の無力さにがっかり。「自分はイネイブラーか?」とも思いましたが、その考えを即打ち消しました。なぜなら、飲んで酔いたい人は、イネイブラーがいようがいまいが結局は飲むし、逆に、A子さん自身はイネイブラーがそばにいても飲まないからです。
「それよりも」とA子さんは私に言いました。「きっと神様は、私が飲酒時代におちいっていた罠に再びはまらないように、私の不飲生活が完全に確立するまで、そばに反面教師をおいてくれてるんだ、って思うことにしたの。」
さらに、「もちろん彼のこれからも心配よ。でも、きっと、私が一日も早く、自分の不飲酒を、どんなことがあってもぶれないものにできたら、今度は神様が彼に順番をまわしてくれると思うの。だって、お酒にのまれている順番を考えたら、私の方が先だったものねえ?」

あくまでも、私の話ではありませんが、発想の転換再びというか、ちょっとしたヒントになりましたので、ここに記しておきますね。

ねこも犬も、お酒を一滴ものまなくても、幸せそうにすごす、冬。
11月も半ば、今年を気持ちよくしめくくるため、今日も一日、ノンアルコールで人生の山谷を楽しめますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
現在、先日の記事の後半でお伝えしたような理由で、コメントは書いていただいたままとしておりますが、いただいた一つ一つのコメントを大事に読ませていただいております。
[PR]
by finnerake | 2012-11-13 06:40
「飲まない」ことへのスタンス
断酒、という言葉を知ったのは、大人になってからでした。
どこにでもころがっている言葉ではありませんものね。
このタイトルのごとく、今日からわたしは不飲主義!って決めたころは、どうしても断酒という言葉がいやでした。でも、あれから、変わりました。
「断酒」、「禁酒」、「卒酒」、「不飲酒」、「今日一日を」、「スリップ」、・・・言葉もいろいろあるし、それはそのまま、飲まないことへのそれぞれのあり方を表しているのかもしれません。そればかりではなく、断酒会、AA、各種自助会、ネットでのつながり。・・・いろいろな組織があり、いろいろなやり方があり、それぞれの信念がある。時には、お互いに、「あんなやり方はだめだ」「本当の苦しさをわかってない人が何言ってんだ」などなど、否定的な気持ちも生まれてくることも聞き及びます。

そんな時、昨日再当選したオバマ大統領の演説に、こんな一説がありました。

「私たちはみな各々の意見を持っています。ひとりひとりにとって、それぞれ心底信じているものがあります。そして、つらい時期を進んでいく時、国として大きな決め事をする時、どうしても感情がかきたてられ、対立をまきおこすこととなります。
今夜ののちもそれは変わりませんが、変わるべきでもありません。私たちのそういう論争というのは、自由の証なのです! しかし、こうしたすべての違いにもかかわらず、私たちのほとんどは、アメリカの未来に確かな希望を感じ分かち合っているのです!」(個人ブログ上、私の拙訳で失礼いたします、念のため演説の原文のリンクを張っておきます)

そうだ、そうなんだ、って思いました。
自分のこれからの生き方が大事だから、真剣に考えてるから、逃げずに向き合ってるから、いろいろなスタンスがあって、意見があって、批判もいきかう。だけど、目指してるものはみんな同じ!依存から抜け出すこと、これ以上アルコールで他人にも自分にも迷惑をかけないこと、今まで失ってきたけど、これからは失わないこと、自分が人生でかかわっていくまわりの人々と一緒に、明るい幸せな未来を目指すこと。そういう希望を分かち合ってると思います。真剣だからぶつかったって、考え方が違ったって、スタンスが違ったっていいじゃない。
みんな、目指すものはおなじですから。

お読みいただいてありがとうございました。
寒くなりましたねえ!うちはこたつを出しました。(えっ、海外でコタツ?と思ったあなた!そうです、たぶんあまりいないと思います。笑)
心は温かな11月となりますよう。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
現在、先日の記事の後半でお伝えしたような理由で、コメントは書いていただいたままとしておりますが、いただいた一つ一つのコメントを大事に読ませていただいております。
[PR]
by finnerake | 2012-11-09 00:39
もうすでに一歩踏み出してる
こうしてこの記事を読んでくださってる時点で、断酒/禁酒村のブログをのぞいてる時点で、暗闇から陽だまりへと一歩を踏み出してるんだと思います。
あるいはAAや断酒会、自助グループに参加した時点で、すでに一歩を踏み出していると思います。
命を脅かす強い毒性をもつ薬物でありながら、お酒という隠れみのに隠れて堂々と出回るアルコール。世間が作り上げ、私たちに刷り込まれた、お酒のさまざまなイメージは、隠れみのであり本性を見せないための外面。

いい人だと思ってた人の本当の姿が違ってた時、まず距離をおき、これからを考えるように、まず迷惑なものから離れて、客観的に眺めてみますよね。

もしもどうしても離れられない時は、根本が解決してないのでしょう。風邪をひいたら病院に行くように、医療の助けを受けることもできます。けれど、それだけでは解決できないこともあるかと思います。例えば一つの依存が治ってもまた他の依存になる場合。どうしてもまたアルコールに逆戻りしてしまう場合。そんな時の根っこにある諸悪の根元みたいなものは、きっと自分にしかわからない。いえ、自分でもわかってないかも。でも、自分にしか見つけられないものだと思います。
それを見つけることができるかもしれない。
こうして一歩踏み出したことで、そんな希望にあふれる場所が私たちにはあるのだと思います。
d0224773_19512293.jpg


お読みくださってありがとうございました。
今日から冬時間がはじまりました。心が少しでも温もる今年の冬でありますように。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村
現在、先日の記事の後半でお伝えしたような理由で、コメントは書いていただいたままとしておりますが、いただいた一つ一つのコメントを大事に読ませていただいております。
[PR]
by finnerake | 2012-11-04 19:59


飲めない、ではなく、飲まない という選択をしました。 Copyright © 2013 今日からわたしは不飲主義, All rights reserved.
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
清々しい生き方に乾杯!
at 2013-11-06 05:39
3週間
at 2013-11-01 23:40
現在 難題に取り組み中
at 2013-10-24 07:15
夕べの夜景
at 2013-10-10 07:19
気持ちを明るくおおらかに保つ..
at 2013-09-25 06:40
以前の記事
メモ帳
検索
人気ジャンル
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧